NBCソルトウォーター

ソルトチャプター山形 第1戦レインCUP

2014年06月15日() 山形県 庄内エリア

対象魚:

成績表

順位氏名総重量ポイント備考
11位 松田晃希 5213999---
22位 石山鉄也 3632999---
33位 遠藤康平 2093999---
44位 鈴木亮太 1211999---
55位 杉浦裕治 501999---
66位 桜田剛至 0---999---
66位 尾形慶紀 0---999---
66位 鈴木国博 0---999---
66位 菅野智也 0---999---
66位 桜田剛至 0---999---

ソルトチャプター大阪 特別戦

2014年06月15日() 和歌山県 串本周辺

対象魚:アオリイカ

概況

悪天候のため延期になっていた第7回チャンピオン決定戦を6月15日に開催。
2014年シリーズ上位17選手が参加、串本・出雲崎の沖磯へ渡礁しての戦いに早朝3時30分に受付開始。(すでに選手はスタンバイができており、ソルトチャプターの参加選手には関心いたします、シリーズ戦でも遅れてくる選手はほとんどおりません)
ミーティング開始!まずは天気の心配なし、(天気予報でも梅雨の晴れ間の快適な一日が保証されていました。)
ただし、この時期開催は初めてなので他魚の部を準備し、用意万端!
恒例の渡礁順番くじに一喜一憂の参加選手!(この時が一番盛り上がります、また、盛り上げてくれる選手がいることが運営サイドの希望でもあります)一番を引いたのは橋井峯雄選手(拍手喝采!)、ランキング順に引いたのだがくじ運の強い弱いは間違いなくありますね、(弱い人が大好きですが・・・・・)
それで決定しました!2014年第7回チャンピオン決定戦の渡礁順が・・・・。

渡礁順

順番 氏   名 磯 名
1 橋井 峯雄選手 丸島
2 仙波 勝也選手 アジ島
3 福元 明仁選手 ハンペイ
4 松田 佑樹選手 コレバイ
5 上元 英樹選手 コレバイ
6 松原 清介選手 地の赤島
7 沖田 智宏選手 ハヤマ
8 植山 浩宣選手 ゴヘイ
9 舟田 智哉選手 ナガツロ
10 平野 和弘選手 オオジマ
11 荒木 正員選手 オオジマ
12 弓削 和夫選手 ゼンサク
13 樋口 幹明選手 メンドリ
14 浮本 貴徳選手 シオフキウラ
15 山内 広二選手 シオフキオク
16 木森 直樹選手 チョナ
17 中野 寛成選手 チョナ.

小川渡船のご厚意で真っ先にまだ夜の明けきれぬ出雲港を出船しました。
出雲港を出た船は東磯へ向かいます、左に向けて舵をきり、浅海方向に、しばらくすると見えてきたのが畳ふたつ程のまるい磯、タックルを置くとほぼ身動きができない大きさの丸島、修行僧になった如くつらい磯、それが参加選手に最高の人気磯の所以です。橋井峯雄選手が修行決定。いってらっしゃい!
テトラはいややとだだをこねた仙波勝也選手は渋々アジ島(テトラにくっつく磯)に降りた。
その隣の磯・ハンペイにもっさん(福元明仁選手)が、のちのち仙波選手に「釣れたで!どうや」とか大きな声で話しかけられて困ったとか。
次に東磯の本命・コレバイ(アオリイカに最も実績がある)に松田佑樹選手、上元英樹選手 二人が渡礁。
続いて、灘の赤島(最も大きな磯で広範囲に探ることができる)に優勝候補の一人・松原清介選手がただ一人降りる。(その背中にはやったるでのオーラが・・・・・)
さらに、出雲崎のハヤマに沖田智宏選手、ゴヘイに植山浩宣選手がそれぞれ渡礁。
その後出雲崎を回り込み沖磯へ、実績のある黒島の地方、ナガツロに舟田智哉選手、次に白崎を回り、今回も本命場所・オオジマに平野和弘選手と荒木正員選手の2名が渡礁。

対岸西側にあるゼンサクに優勝候補の弓削和夫選手が(足場が良くて「ここなら昼寝ができるわ!」と闘志を隠すようにフェイントをいれる)一人で渡礁。
その横のメンドリに樋口幹明選手が一人で渡礁。
次の岬を回り、これも過去に3キロオーバーの実績があるシオフキ裏に浮本貴徳選手、シオフキオクに山内広二選手がそれぞれ渡礁。
次にラストの磯、ここも今回は本命磯のチョナに木森直樹選手と中野寛成選手の優勝候補二人が渡礁(木森選手はこの瞬間にもなにかパフォーマンスをと思いを巡らせているようで背中で語っておりました)

全員が渡礁完了して約7時間の決定戦が開始されました。

運営サイドも次の見回りまで少し時間があるので様子を見がてらコレバイ、ハンペイ、アジ島が見える地磯でロッドをだす、コレバイの松田、上元選手は優雅に時間を過ごしています、と言うことは釣れていないようです、数投目の超シャローにキャストした餌木を追い掛けてくるアオリが見えたので、チョイ投げひとシャクリのフォールでかわいいサイズをゲットすることができた。
この時期のチャンピオン戦開催がはじめてなのだが、200〜300グラムは釣れそうと聞いていたのを実証することができた。これで多くの選手が検量できれば天気にも恵まれ、海も比較的穏やかで最高のトーナメント日和となりました。

さて、午前8時過ぎに弁当の配達兼磯がわりタイムで出船。
東磯から確認していくとやはりまずまず釣れている、橋井選手が1匹、仙波選手が1匹、松田選手が2匹、灘の赤島では松原選手が港向きのシャローで1匹との釣果(大きな磯をあっちへ行ったり、こっちへ行ったり、出雲崎の港に近いので必ず見えるのですが、同じ場所にいることはまずありません)
全体的には磯を変える選手も例年より少ない。
それでも変わりたかった福元選手は黒島の奥、上元選手は八丈、仙波選手は白崎西へと磯を変わる。
続いて、沖磯へ行くと、ナガツロで舟田選手は6匹を釣っていると言うではないですか!
しかも、500〜600gも含まれるとのこと。ここまでは暫定1位です。
続いてオオジマにいくと、荒木選手が2匹、平野選手が1匹釣っている、さすがに本命場所に優勝候補が渡ると釣りますね!
次は弓削選手、サバとガシラをゲットして他魚の部にエントリーで優勝狙い。
横の樋口選手もサバ(弓削選手の影響を受けているんでしょうか?)。
シオフキの浮本、山内両選手は釣果なくウノクソに磯変わり。
最終磯チョナの木森、中野選手はこのまま頑張ると言う。
出雲では昨日からゴマサバが回遊してきたそうで、沖磯全体で凄い数の群れがあるようだ。
ということは他魚で楽しむことができるので、最終12時まで寝る選手もすくなそうで検量が楽しみだ。

2回目の磯変わりタイムは10時過ぎ、ここで動いたのが橋井峯雄選手、丸島の修行から解放されて舟田選手のナガツロ磯そばにあるナナシに、どうも本日はこの周辺がウイナーズポイントになりそうな?
仙波勝也選手も対岸の磯(名前が分かりません・・・)になんとなくなく釣れそうな雰囲気が漂っていますが・・・・。
しかし、舟田選手がナガツロから磯を変わるというではありませんか、吉とでるか凶とでるか微妙なところ、後ろ髪を引かれながらも磯を変えることでリフレッシュする狙いもあったと思われます。
チョナの木森選手、船が着いたタイミングでぴちぴちゴマサバを処理しております、「磯を変わる」と聞くと変わりたいと言う、早く支度をと促し、中野選手ともども白崎の東側に渡礁。
この時点で、舟田選手、荒木選手、松田選手、松原選手の上位争いとなっていますが後2時間で大きく動くこともあり予断を許さぬ状況と言ったところでしょうか?

夏は海風によって意外と涼しいのが南紀、大阪より南にあるため暑いといった感じを受けるのか意外と知られていませんが、8月も夜は車で寝ていると寒くなって飛び起きることがたびたびあります。当日も最高気温は25℃なのですが意外と涼しくて快適な日和となりまったりとした時間が過ぎていきました。

いよいよ12時になり小川丸で全員が帰港。
運命の検量タイムが始まりました、最初は本命のアオリイカの検量から開始され、橋井峯雄選手6匹をとりだしました、磯替わりしたナナシで4匹を立て続けにゲットしてその重量は1,390g(今の時期としてはこれが限界と言ったところであろうか・・・?)暫定1位。

続いて仙波勝也選手、アジ島と白崎西で2匹485g、続いて福元明仁選手黒島の奥で1匹
205g、続いてコレバイの磯オンリーでやり通した松田佑樹選手は3匹の760gで暫定2位、次にゴヘイの磯で一日をやり通した植山浩宣選手は2匹405g。

いよいよ後半、シマノの磯バッグから取り出された舟田智哉選手のアオリイカは9匹、全てがナガツロ磯でキャッチしたもので重量は2,250g、歓声とともにガッツポーズが飛び出した!暫定1位が入れ替わりました。
続いて平野和弘選手、オオジマで一日やり通し、1匹180g。
荒木正員選手もオオジマで一日頑張りました3匹1,075gに満足気。
次に弓削和夫選手は他魚の部を意識しすぎて一日ゼンサク磯で本命は1匹220gで終了。
浮本貴徳選手は根性で2匹395g。
延期で心配された釣果もさすがに強豪選手が揃えば釣ってくれました、17名の参加選手で12名が検量(70.5%)の結果となりました。
他魚の部もゴマサバがにぎやかにしてくれましたのでバラエティーな魚が釣りあげられていました(成績表をご覧ください)

第7回チャンピオン決定戦を表彰式、抽選会と多いに盛り上がり無事終了することができました。
これもご協賛いただいたメーカー各社様、選手の皆様、小川渡船様のご協力のお陰と心から深く感謝し御礼申し上げます。
今後も変わらぬご支援、ご協力を賜わりますようお願い申し上げます。

開催日 2014年6月15日(日)
開催場所 和歌山・串本出雲崎

・天気   晴れ時々曇り
・気温   最高25.0℃ 最低20.0℃
・風    西の風 弱い(1.3〜4.1m/s)
・波     1.5m
・水温   21.4℃

上位のフィッシングパターン

優勝   舟田智哉選手 2,290g(9匹)

・磯名   ナガツロ&ハシゴ島
・使用エギ カンジ・プロスペック3.5号(カラー:スギピンク)
・釣り方   釣れた時間は朝に集中!岸側のシャローが良かった、スリットを中心に
水面までシャクリ上げ、サイトで釣ったのが5匹。
スリットから誘い、シモリでステイさせて釣ったのが4匹(こちらの方がグッドサイズ)

2位    橋井峯雄選手 1,390g(6匹)

・磯名    丸島&ナナシ
・使用エギ  カンジ・プロスペック3.5号(カラー:オレンジ/ゴールド)
・釣り方    丸島で2匹、ナナシで4匹
10時過ぎに丸島からナナシに変わりバタバタと釣れた。
          岸向きシャローにベイトがたまっておりそれにアオリがついていた。

3位    荒木正員選手 1,075g(3匹)

・磯名     オオジマ
・使用エギ  カンジ・プロスペック3.5号(カラー:薩摩オレンジ/薩摩グリーン)
・釣り方    朝7時までに2匹、ラスト1匹は終了直前にアオリが群れで回遊してきた
          同じ磯の平野さんがキャストしたエギでスイッチが入り、後からキャストした
          私のエギに突進してきた。

4位    松田祐樹選手 760g(3匹)

・磯名     コレバイ
・使用エギ   ヨーズリ・イージーQキャスト(ラトル)3.5号(カラー:ブルー夜光/マーブルピンク)
・釣り方    潮の動きにドリフトさせるように中層をスイミングさせて釣った。

5位    松原清介選手 700g(3匹)

・磯名   灘の赤島(シャローが良かった)
・使用エギ   カンジ・プロスペック3.5号(カラー:なるとグリーン)
・釣り方    磯を4週ほど回り、足で釣った3匹。一日同じ磯で粘ったのが勝因です。
          シャローで追ってくるのが見えたのをサイトでゲット。

第7回チャンピオン決定戦成績(他魚の部)

順位 氏   名 魚種 重量(g) 匹数
1 木森 直樹 ゴマサバ5 2,770 5
2 樋口 幹明 ゴマサバ3、カワハギ1 2,060 4
3 弓削 和夫 ゴマサバ2、ガシラ2 1,815 4
4 橋井 峯雄 コッパグレ 1,435 多数
5 中野 寛成 カワハギ4、グレ1 1,130 5
6 沖田 智宏 オジサン1、ベラ1 630 2
7 荒木 正員 エソ2 355 2
8 仙波 勝也 ガシラ1 295 1
(敬省略)

成績表

順位氏名総重量ポイント備考
11位 舟田智哉 2,2509999---
22位 橋井峯雄 1,3906999---
33位 荒木正員 1,0753999---
44位 松田佑樹 7603999---
55位 松原清介 7003999---
66位 上元英樹 6252999---
77位 仙波勝也 4852999---
88位 植山浩宣 4052999---
99位 浮本貴徳 3952999---
1010位 弓削和夫 2201999---
1111位 福元明仁 2051999---
1212位 平野和弘 1801999---
1313位 中野寛成 0---999---
1414位 沖田智宏 0---999---
1515位 木森直樹 0---999---
1616位 山内広二 0---999---
1717位 樋口幹明 0---999---
1717位 樋口幹明 0---999---

写真の閲覧方法


ソルトチャプター宮城 第1戦エコギアCUP

2014年06月01日() 宮城県 奥松島

対象魚:フラットフィッシュ

NBCソルトチャプター宮城 第1戦 エコギアCUPが、宮城県東松島市の奥松島で開催されました。
天候は連日の猛暑の中、総勢27名の選手の皆さんが参加されました。
水温低下の影響で接岸が心配されていましたが、さすがフラット好きの選手、きっちりと釣ってくるのは流石です。

魚がまだ深いようでとにかく遠投していた選手が上位入賞となったようです。
27名の参加者のうち10名がノーフィッシュ。3本のリミットメイクは5人という意外と厳しい大会となりました。

今回、大会の会場利用を快諾していただいた漁協の皆様ありがとうございました。
最後に冠スポンサーのエコギア様にはお礼申し上げます。
参加者の皆さん暑い中お疲れ様でした。

次回のソルトチャプター宮城は、桃ノ浦でのナイトメバル大会の予定です。
詳細が確定次第ホームページに情報をアップさせていただきます。
楽しみにしていてくださいね。

成績表

順位氏名総重量ポイント備考
11位 中村勝 2,25033030Pts.
22位 戸澤直彦 2,10432929Pts.
33位 坂本広宣 1,70222828Pts.
44位 相澤純 1,60022727Pts.
55位 鈴木亮太 1,47032626Pts.
66位 今野智之 1,44032525Pts.
77位 佐々木俊 1,43232424Pts.
88位 尾形英一 1,15322323Pts.
99位 千葉正博 83022222Pts.
1010位 橋本久弥 63012121Pts.
1111位 佐藤雄一 61212020Pts.
1212位 今野勝和 57311919Pts.
1313位 佐藤竜一 53011818Pts.
1414位 鈴木英明 49311717Pts.
1515位 高橋浩司 43311616Pts.
1616位 佐々木克志 40411515Pts.
1717位 尾形慶紀 29311414Pts.
1818位 杉浦裕治 0---55Pts.
1919位 鈴木正美 0---55Pts.
2020位 渡辺勇馬 0---55Pts.
2121位 梶田力也 0---55Pts.
2222位 仙石浩司 0---55Pts.
2323位 佐々木康行 0---55Pts.
2424位 本木雄吉 0---55Pts.
2525位 小松悟 0---55Pts.
2626位 森本正善 0---55Pts.
2727位 日野和則 0---55Pts.

写真の閲覧方法


スケジュール

参加方法など

最近のトーナメント

カテゴリ別

年月別

魚種別

TOP

3G回線スマホ用サイト