ゲーリーインターナショナル 総合学園ヒューマンアカデミーフィッシングカレッジ 釣りと観光のガイド プロショップオオツカ

NBCソルトウォーター

わかさぎチャプター野尻湖 第2戦つり具おおつかCUP

2015年03月01日() 長野県 野尻湖

対象魚:ワカサギ

2015年度わかさぎチャプター野尻湖、その最終戦となる第2戦「つり具のおおつか長野店CUP」が3月1日(日)、スピンネーカー様を会場としていつも通り和気藹々としたムードで終始楽しく開催されました。
開催日の数日前から産卵絡みの魚の活性が良いようで、釣果も上向き傾向となり、釣れる大会となる事が予想され参加選手の期待に胸を躍らせていたが、当日の湖の状況として時折、猛烈な南からの突風が吹きつける状況であった。

7時より船内にてミーティングを行い、ブレイク絡みだと釣果にバラつきが生じてしまうことから船頭である堀田様から配慮をして頂きフラットエリアを選択して頂き大崎(音大)沖の水深26mへアンカーを投錨し、試合がスタートとなった。
スタート直後から早いテンポで魚が釣れ続き、前半戦では着々と数を伸ばして行くが強風、湖流の影響を受けライントラブルも多発する様子が見受けられた。

試合直前から最近の様子を船頭の堀田さんに伺ったところ「釣れるエリアは略、決まっていて数が多く出る日とそうでない日があるが状況さえ良ければ400匹を超える日もある。前日良かった場所が翌日行くとダメというケースもみられる。今年に限っては昨年と比べると水深が浅い。シーズン終盤に向けて釣果も更に向上する事に期待したい」と語った。

前半戦では開始から好調のように釣れていたが、9時以降から徐々にアタリが止まった感じに見られるなか魚の状況に併せて誘い込みコマ目に餌替えをしていた船首右舷にいた石岡選手は着々と数を伸ばしていた。
後半戦に期待し、エリアは同じくして抽選により席替えを行い、30分間場所を休ませ後半戦が再スタートとなり仕掛けを投入した直後から全体に魚が釣れ出した。その時の状態を船頭の堀田さんに伺うと「魚探をみるとスタート直後からいきなり魚が船底に入ってきた」と語った。

試合終了1時間前に様子を探っていくと前半戦から好調であった石岡選手に昨年の年間チャンピオンとなった杉田選手が200匹近くの同数、追い付け追い越せのデットヒートを繰返していたが惜しくも石岡選手が終了間際のライントラブルが発生し、結果として杉田選手が逆転の214匹 石岡選手が208匹となった。
最終的に分析してみると両者の釣っている魚は共に1.8g(平均)であり、絶妙な匹数勝負といった結果であった。

表彰式では冠スポンサー様であるつり具のおおつか長野店様より素晴しく素敵なご協賛を頂き代理人として関之台選手よりご挨拶、プレゼンター、インタビュアーを務めて頂きレディース賞、ブービー賞、ビッグフィッシュ賞、今回の上位5名が発表されました。

その他、お世話になったスピンネーカー様からもご協賛を頂き今年から設けた船頭の堀田さんより「普段聞けないわかさぎなんでもQ&A」も開催して頂き、会場も非常に盛上がりました。
最終戦ということで年間賞も発表され今シーズンの野尻湖ウィンターシリーズA.O.Yは石岡選手の頭上に輝きました。

今期のわかさぎチャプター野尻湖は2戦のみという試合ではありましたが参戦して頂きました選手の方々、お疲れ様でした!
新規参加者も増え、人気のある野尻湖のわかさぎ釣りを再確認されるシーズンであったと実感しました。
来シーズンもまた、開催に向け参加者を増やして野尻湖のわかさぎ釣りを盛り上げていきたいと思いますのでドーゾ宜しくお願い致します。

おしまい。

成績表

順位氏名総重量ポイント備考
11位 杉田康裕 3932142020Pts.606.5
22位 石岡正成 3752081919Pts.583
33位 徳武正俊 3541821818Pts.536
44位 武者雅広 3391761717Pts.514.5
55位 安斎友樹 3331631616Pts.495.5
66位 小林紘也 3051631515Pts.468
77位 木村浩規 2881461414Pts.433.5
88位 久保田克之 2901421313Pts.431.5
99位 片山芳隆 2711461212Pts.416.5
1010位 中山和貴 2681301111Pts.397.5
1111位 関和彦 23312355Pts.355.5
1212位 関之台一寿 22912455Pts.352.5
1313位 塚田将博 22012055Pts.339.5
1414位 福島義則 22711055Pts.336.5
1515位 小宮山一樹 22011555Pts.335
1616位 荒川博行 19410555Pts.299
1717位 徳竹和也 1648855Pts.252
1818位 小澤孝一郎 1618955Pts.250
1919位 勝島聡 1426755Pts.209
2020位 木村留美子 1377055Pts.207

写真の閲覧方法


年間ポイントランキング

総合順位 名  前 1ポイント 2ポイント ポイント合計
1 石岡正成 20 19 39
2 武者雅広 17 17 34
3 杉田康裕 13 20 33
4 小林紘也 15 15 30
5 安斎友樹 12 16 28
6 塚田将博 19 5 24
7 徳武正俊 5 18 23
7 片山芳隆 11 12 23
9 鈴木仁 18 --- 18
9 久保田克之 5 13 18
11 丸山敏樹 16 --- 16
12 古町堅一郎 14 --- 14
12 木村浩規 --- 14 14
14 中山和貴 --- 11 11
15 福島義則 5 5 10
15 荒川博行 5 5 10
15 関之台一寿 5 5 10
15 小宮山一樹 5 5 10
19 安武敬明 5 --- 5
19 太田雅文 5 --- 5
19 勝島聡 --- 5 5
19 徳竹和也 --- 5 5
19 小澤孝一郎 --- 5 5
19 関和彦 --- 5 5
19 木村留美子 --- 5 5

ソルトチャプター大阪 第4戦フィナCUP

2015年02月15日() 和歌山県 串本周辺

対象魚:アオリイカ

ソルトチャプター大阪第4戦フィナカップが2月15日(日)に和歌山・串本で開催されました。
今大会は意外に釣れているとの情報が寄せられて釣果に期待が持てると予想された。
しかし、大会の前の週に状況は大きく変化した、黒潮の離岸&強い冬型気圧配置になり海水温が急激に下がった。
出雲崎の渡船店でも急激な水温の低下で底潮が冷たく、魚が全く釣れなくなったと言うことである。
不安な状況におちこみながら、幸いなことに大会当日の天気予報で風は少し強いがまずまずの天気で釣り人のフィールドコンディションは良さそうであった。
大会当日、スタートが近付くにつれてエンジンが温まってきた参加選手達はリアルターゲットを受け取り、まだ薄暗い串本海中公園を後にした。
運営サイドも田原から串本周辺を見て回ったがトウゴロウイワシは沢山いるが肝心のアオリイカの姿が・・・・・・、で徐々に暖かくなってきたタイミングで帰着時間になりました。
厳しい釣果の予想通り、帰着が始まってもゼロ申告が相次ぎ、最初にウエインした荒木正員選手の400gでお立ち台か?とも思われたのだが、その予想は良い方にはずれた。
徐々に帰着するエキスパートの選手達は500g、600g、700gと徐々にウエイトが上がっていきます。
紅一点、粂井明美選手が820gのグッドサイズを持ち込み初優勝かと思われたが、最後にウエインした仙波勝也選手が2匹で1,195gを検量し、今シーズン2度目の優勝を飾り、参加選手から拍手喝采の祝福を受けました。
串本海中公園での表彰式、抽選会と多いに盛り上がり無事終了となりました。
最後に今大会をスポンサードいただきましたハヤブサ様に心から御礼申し上げます。

次回は最終戦3月15日(日)第5戦ガンクラフトカップを開催致します。
モンスターが出没する時期になり大いに記録更新の期待が持てる大会ですので
多数の皆様のご参加をお待ちしています。

  • 開催日 2015年2月15日(日)
  • 開催場所 和歌山・串本周辺
  • 気象データ(串本)
  • 天気   晴れ
  • 気温   最高12.4℃ 最低7.3℃
  • 風     西北西の風 強い(5.2〜9.1m/s)
  • 波     1.5〜2.5m
  • 水温   15〜16℃前後

上位のフィッシングパターン

優勝  仙波勝也選手 1,195g(2匹)

  • エリア   田原地磯&串本大島・白野地磯
  • 使用エギ  ヨーズリ・イージーQ キャストラトル3.5号(カラー:オレンジブラウン)
  • 釣り方   プラで確認していた田原地磯ではアオリの活性が低いと判断し、ドローフォー(オレンジカラー)を使用しショートジャークの連続で活性を上げた後、イージーQ キャストに換えてスラックジャークでラインの止まる微妙なバイトでフッキングした。もう一匹は大きく移動し、串本大島・白野地磯で追加した。

2位  粂井明美選手 820g(1匹)

  • エリア    田原波止
  • 使用エギ  ガンクラフト・餌木邪3.5号(カラー:ピンクイワシ)
  • 釣り方    砂浜よりのウィードがあるエリアにキャストしてジャーク後のコツンという微妙なバイトをフッキンングした。

3位  山本晴義選手 735g(1匹)

  • エリア    出雲・白崎地磯
  • 使用エギ  ヨーズリ・イージーQ キャスト3.5号(カラー:ブルー夜光マーブルピンク)
  • 釣り方    潮岬バクダンから巻崎と回り、最後に白崎先端手前に入り、風の止んだ一瞬に岸よりへ遠投、底を這わせるようにジャークし、抱かせることができた。

4位  木森直樹選手 680g(2匹)

  • エリア    有田地磯
  • 使用エギ   ダイワ・エメラルダスラトル3.5号(カラー:アジカラー)
  • 釣り方    太地の灯明崎から次々にポイントをランガンして紀伊有田の地磯に、強い横風ながら帰着前に2匹ゲットすることができた。

5位   中野寛成選手 510g(2匹)

  • エリア     串本大島・樫野阿野木港地磯
  • 使用エギ    ヨーズリ・イージーQ キャスト3.5号(カラー:夜光マーブルオレンジ) ヨーズリ・イージーQ キャストラトル3.5号(カラー:リアルニシキエビ)
  • 釣り方     12時過ぎにそれまで攻めていた深いエリアから潮が込んできたタイミングで超シャローに狙いを変更し、風に流されるラインを修正しながらただ巻きでバイトそれができるのがこのエギの特徴と思われる。

成績表

順位氏名総重量ポイント備考
11位 仙波勝也 1,19523030Pts.
22位 粂井明美 82012929Pts.
33位 山本晴義 73512828Pts.
44位 木森直樹 68022727Pts.
55位 中野寛成 51022626Pts.
66位 沖田智宏 50522525Pts.
77位 松岡弘和 47522424Pts.
88位 荒木正員 40012323Pts.
99位 上本克武 33512222Pts.

写真の閲覧方法


わかさぎチャプター野尻湖 第1戦アウトドアステーション・バンバンCUP

2015年01月25日() 長野 野尻湖

対象魚:ワカサギ

2015年度わかさぎチャプター野尻湖その開幕戦となる第1戦「アウトドアステーション・バンバンCUP」が1月25日(日)、対象魚を冬の風物詩として非常に人気の高い野尻湖のわかさぎをターゲットとして、アウトドアステーション・バンバン様より今回のスポンサー様としてご協賛を頂き、参加者18名の強豪出場選手により冬期ワカサギ釣り船では非常に人気の高いほとり荘様を会場として和気藹々とした雰囲気のなか、競い合いました

当日の状況としては年始あたりがマックスであったターンオーバーも落ち着いたものの気温の変動の激しさや数日前から始まった減水により非常に食い渋りの状況で全く数が延びないという事前の釣果ではあったが、わかさぎヘンタイ強豪選手の手に掛かれば当日の全体的な釣果は先ず先ずといった感じとなり非常に面白い展開となった。

当日の天候は一日を通して晴れ、午前中は南の風、約1m、午後位いから北に変わる。水温は2℃、今回お世話になったのは、ほとり荘1号船の小出様で、選手達を乗せた船は数日前からこの日の為に探しておいてくれたという、ポイントで国際村のシャッター沖24mにアンカーを投錨した後、スタートの合図となった。

選手達は一斉に思い思いの仕掛けを投入するが事前情報通り、アタリが遠い感じでスロースタートであったが、早掛け勝負で1匹目の魚は東日本チャンピオンシップで優勝した福島選手、5匹目は当チャプター人気者のクボカツ選手、10匹目は荒川選手とどの選手も着々と数を伸ばしていった。

午前中はポツポツと魚が上がって来る釣れる状況ではあるがやはり単発でアタリが遠く感じられ、どの選手もアタリを出すのに試行錯誤させて誘いっているように見受けられた。船頭である小出さんのお話によると「魚が非常にスローで、3日ほど前から急な減水で食いが渋い。ボトムに魚全体の密度が薄くばらけた状態でアタリが遠い感じ。誘い込んだ後、喰わせる間を置いた方が数を伸ばす条件で、誘い続けてしまうと逆効果」と語った。

前半戦では真ん中にいた選手にアタリが集中しているなか、船首左舷にいた石岡選手、武者選手両者が数を伸ばしていた。その後、席替えを行い11:30より後、半戦を再スタート。

前半戦、不調と思われていた塚田選手、鈴木選手が確実に数を伸ばし、捲っていく一方、石岡選手は席は変われど、見事なまで誘い方で確実に数を伸ばしていった。

結果からすると石岡選手はダントツの139匹、287.5g、トータル426.5g匹後半戦から一気に追い込みを見せた塚田選手は大型のわかさぎを混ぜ込み96匹、219gで準優勝、鈴木選手も午後から巻き返しを図り100匹、207.5gで3位に入賞する結果となった。今回の勝因は明らかに的確に魚の数を伸ばす作戦がキーとなり第1戦アウトドアステーション・バンバンCUPは圧倒的な勝利で石岡正成選手が優勝となりました。

表彰式では上位入賞者の他にも会場提供して頂きましたほとり荘様、選手として参加して頂きました鈴木仁様より賞品をご協賛頂き、ブービー賞、ビッグフィッシュ賞、じゃんけん大会など会場を大いに盛り上げて頂きました。この場をお借りしてお礼を申上げます。

こうして野尻湖を愛し、野尻湖でのわかさぎ釣りに情熱を掛けた熱いヘンタイ選手達のトレイルは今期も懲りずにまたもやスタートしたのであった。

成績表

順位氏名総重量ポイント備考
11位 石岡正成 2881392020Pts.426.5
22位 塚田将博 219961919Pts.315
33位 鈴木仁 2081001818Pts.307.5
44位 武者雅広 200961717Pts.296
55位 丸山敏樹 193941616Pts.286.5
66位 小林紘也 1791011515Pts.280
77位 古町堅一郎 178851414Pts.263
88位 杉田康裕 168841313Pts.252
99位 安斎友樹 164861212Pts.249.5
1010位 片山芳隆 165801111Pts.244.5
1111位 小宮山一樹 1517955Pts.230
1212位 関之台一寿 1428155Pts.222.5
1313位 福島義則 1457355Pts.217.5
1414位 久保田克之 1356955Pts.204
1515位 荒川博行 1235555Pts.178
1616位 太田雅文 1145955Pts.172.5
1717位 徳武正俊 1004855Pts.147.5
1818位 安武敬明 542155Pts.74.5

写真の閲覧方法


スケジュール

参加方法など

最近のトーナメント

カテゴリ別

年月別

魚種別

TOP