Internet Explorerでの正確な表示は保証できません。ご了承ください。NBCNEWS推奨ブラウザ: Firefox Chrome Safari

ゲーリーインターナショナル 総合学園ヒューマンアカデミーフィッシングカレッジ 釣りと観光のガイド プロショップオオツカ

NBCソルトウォーター

わかさぎチャプター野尻湖 第2戦がまかつCUP

2014年01月26日() 長野県 野尻湖

対象魚:ワカサギ

2014年1月26日(日)野尻湖のわかさぎ乗合船では老舗の坂本屋様にてNBCわかさぎチャプター野尻湖 第2戦がまかつCUPが開催されました。

試合前日夜半からこの時期としては非常に珍しい降雨となり、試合中にはやがて北風の強風にも見舞われ、雨から吹雪に天候が一変し、湖の 表水温も約3℃と、減水も約1mという条件のなか、今回もまた船内も賑やかに和気藹々と開催させて頂きました。

その一方、解禁当初からの魚の群れが入ってきても居つかず、アタリが来ても単発でポツポツと釣れて長続きしない状況が続いており終始、気を抜かず餌の交換をマメに魚を集め、穂先に出るアタリに集中力を維持させ真剣に試合に臨む姿が特に印象的な展開となった。

船内でのミーティングが終了した後、目指したエリアは湖でも最大のフラット、 菅川の舟瀬寄り、水深29mが今回のポイントとなった。 アンカーを投錨し船が固定された段階でいよいよスタートとなった。

選手達は、仕掛けを落し誘いを掛けるが反応は鈍い。 日によってだが、朝一にアタリが集中しバタバタと釣れる状況であると 陽が昇ってからパタッと釣れなくなる一方、この日は魚の群れが入ってきても居つかず、 アタリが来ても単発でポツポツと釣れて長続きしない状況が続いており終始、 気を抜かず餌の交換をマメに魚を集め、穂先に出るアタリに集中力を維持させ 真剣に試合に臨む姿が特に印象的な展開となった。

今回お世話になった坂本屋様の船頭である池田さんのお話によると やはり、前回の1戦目と同じく、「釣れる場所とそうでない場所が日毎に変わり エリアを選定するのが難しい」と語った。

前半戦では右舷後角に釣り座を置く片山選手、左舷前方に釣り座を置く杉田選手、小林選手が 数を多く伸ばしているように見えた。次第に北の風が強まり強烈な湖流も手伝い大きく船がなびく。 その為、仕掛けをおまつりさせる選手が多発みられたが、稀にある貴重なアタリを 逃す原因となる為、トラブルを回避させることも重要なキーとなった。

定番11時のくじ引きによる席替えでは空席もある為、左舷側に選手が集中することとなった。 ポイントは変わらず30分の休憩後、一斉に選手の仕掛けが湖底へと落され後半戦が再スタートとなった。 仕掛けを変え、こまめに餌を変え魚を集め誘い込む一方、ライントラブルに時間を費やす選手が目立った。

結果から言うと後半戦も前方左角席に釣座を置いた片山選手は数を伸ばし85匹、327gと圧勝! 続いて前半戦に数を伸ばしていた前戦の優勝者、杉田選手が準優勝となった。 3月9日(日)に迎える最終戦では暫定トップポイントはこの2名が僅か、1ポイント差となった。

今回、ご無理を言って当チャプターにご協賛およびご協力を頂きました坂本屋様、 メインスポンサーとしてご協賛を頂きました(株)がまかつ様、他、各社様に厚くお礼を申上げます。 最終戦では参加者を大募集中です!我こそは!と思う野尻湖わかさぎ釣り師のお申し込みをお待ちしております。

おしまい。

 

成績表

順位氏名総重量ポイント重量+匹数
11位 片山芳隆 327852020Pts.412
22位 杉田康裕 310751919Pts.385
33位 徳武正俊 274741818Pts.348
44位 武者雅広 265661717Pts.331
55位 小林紘也 262681616Pts.330
66位 荒川博行 250631515Pts.313
77位 石岡正成 245621414Pts.306.5
88位 安斎友樹 231551313Pts.285.5
99位 立川新 226591212Pts.284.5
1010位 太田雅文 183461111Pts.229
1111位 久保田克之 1604355Pts.202.5
1212位 関之台一寿 1363355Pts.169
1313位 安武敬明 1102955Pts.138.5

写真の閲覧方法


近日開催

  • 2017-10-15 ソルトチャプター宮城第4戦
  • 2017-11-19 ソルトチャプター宮城第5戦

参加方法など

最近のトーナメント

会場別

  • 2016年度 第1戦

年月別

TOP