Internet Explorerでの正確な表示は保証できません。ご了承ください。NBCNEWS推奨ブラウザ: Firefox Chrome Safari

ゲーリーインターナショナル 総合学園ヒューマンアカデミーフィッシングカレッジ 釣りと観光のガイド プロショップオオツカ

NBCソルトウォーター

ソルトチャプター大阪 第3戦サンラインCUP

2010年01月17日() 和歌山県 串本周辺

対象魚:アオリイカ

概況

大会一週間前から超弩級の寒波襲来で本州最南端の串本でさえ最高気温が一桁台と超冷え込んだ。
それでなくとも年末からの正月寒波でプラに入ったほとんどの選手が「釣れません」と声を合わせた。
急激な水温低下で魚の活性も大幅に低下となり、激シブのフィールドコンディション!
果たして検量することができるのか!運営サイドは第2戦に続き多いに悩みました。
当日も深夜1時過ぎに大阪を出発し、道中の外気温はマイナス2℃、串本に到着しても2℃ではありませんか。
南紀をホームグランドにする地元選手のブログを見てもここ一ヶ月は釣れたというよりリベンジの文字が目立つ・・・・。
大会当日のミーティングで前日プラの釣果を聞いても一人の選手が1匹釣ったのみの寂しい状況、それでも最強エギンガー揃いの参加選手はめげてはいません!顔に「釣るぞ!」と書いてありました。
発表されたリアルターゲット「缶コーヒー」を購入してまだ夜の明けきらぬ6時過ぎ串本海中公園をスタート。

そういった状況の中、隅田選手は串本大島の超一級地磯のひとつ須江崎のポイントでテクニックを駆使、活性の高い個体にターゲットを絞り980g、340gの2匹をゲット、初優勝を飾った。
隅田選手は前回優勝の二郷選手と同じ新宮市在住の地元スペシャリスト集団の一人で今後の活躍が期待される。
また、今回ウエインした10人の選手は前回と全く違う顔ぶれで、それだけ過酷なフィールドコンディションであったことが証明されたと言える。
今大会は水温の低下とベイトフィッシュ(キビナゴ、トウゴロウイワシ)がキーポイントとなったトーナメントだったと言えますし、今後も重要なファクターであると考えられます。
尚、串本海中公園では只今、金色のヒラメを水族館で展示中です!テレビや新聞で報道されました。
このヒラメは、2010年1月5日に和歌山県串本町田原の定置網(水深40m)にかかったもので、全長は約60cm、重さは約2kg、ヒラメは、すむ場所によって色を変化させることができ、体色は普通灰色から茶色をしていますが、このヒラメは生まれつき黒い色素が少なく、このような色になったものと考えられます。
天然のヒラメでは超珍しく、しかもこの大きさまで成長するのは極めてまれとのこと。漁師さんたちは、「縁起がいい!」と幸運を祈願、みなさんもこの金色ヒラメに金運アップを祈願してみては!
(私は大会終了後、金のヒラメ様にシッカリと祈願してきましたよ!)
最後に今大会をスポンサードいただきましたサンライン様に心から御礼申し上げます。
尚、次回は2月14日(日)第4戦FINAカップを開催致しますので多数の皆様のご参加をお待ちしています。

●開催場所 和歌山・串本周辺 
●開催日 2009年12月13日(日)
●気象データ(串本)
 ・天気  晴れ
  ・気温  最高11.5℃ 最低2.1℃
  ・風   北西〜西北西   3.5m
  ・水温  串本西側 16.5℃ 串本東側 15.5℃

上位のフィッシングパターン

優勝   隅田利明選手 1,320g(2匹)
・エリア   須江崎地磯
・使用エギ 餌木邪4.0号(カラー:ピンクハーフオリーブ) 
・釣り方   ボトムをとらず3回ジャーク後のフォールで&沖から誘い足下ででてきたのをサイトで
       この時期はアピールを重視し、4.0号をメインに使用

2位    清岡総司選手 780g(1匹)
・エリア    太地・森浦湾地磯
・使用エギ  エギ王Q3.5号(ネオトラッドカラーのレッド)
・釣り方    高く跳ね上げるジャークでアピール

3位    木森直樹選手 650g(2匹)
・エリア    串本大橋周辺
・使用エギ  餌木邪3.5号(カラー:伊佐木)
・釣り方   水深15〜20mを餌木にシンカーを巻きボトムノックでバイト

4位    肥後紘将選手 1,210g(3匹)
・エリア     玉の浦湾地磯
・使用エギ   サグ・忍3.5寸(カラー:スギオレンジ/金テープ)
・釣り方    2段シャクリ後のフォールにバイト

5位     松岡弘和選手 530g(1匹)
・エリア     太地・森浦湾
・使用エギ   ダートマックス3.5号(カラー:グリーン/シルバー)
・釣り方     連続ジャークで表層まで跳ね上げテンションをかけてフォール

写真

成績表

順位氏名総重量ポイント備考
11位 隅田利明 1,32023030Pts.
22位 清岡総司 78012929Pts.
33位 木森直樹 65022828Pts.
44位 肥後紘将 64012727Pts.
55位 松岡弘和 53012626Pts.
66位 浮本貴徳 43012525Pts.
77位 渡辺敦史 32012424Pts.
88位 中平有哉 31012323Pts.
99位 前川和仁 27012222Pts.
1010位 松原清介 23012121Pts.

近日開催

  • 2017-10-15 ソルトチャプター宮城第4戦
  • 2017-11-19 ソルトチャプター宮城第5戦

参加方法など

最近のトーナメント

会場別

  • 2016年度 第1戦

年月別

TOP