Internet Explorerでの正確な表示は保証できません。ご了承ください。NBCNEWS推奨ブラウザ: Firefox Chrome Safari

ゲーリーインターナショナル 総合学園ヒューマンアカデミーフィッシングカレッジ 釣りと観光のガイド プロショップオオツカ

NBCソルトウォーター

ソルトチャプター江戸前 第2戦

2010年11月28日() 神奈川県 三浦九十九

対象魚:カワハギ

11月28日 早朝より、会場となる三浦半島丸十丸さんにソルトチャプター江戸前メンバーが集まったが、予報通りの強い南風が早朝より吹いていた

港の沖はすでに荒れ模様

参加者、船長と協議する

丸十丸さんは港からすぐ沖がポイント

やれないことはない、出てみて危険と判断したらすぐに帰港するということで、今大会を開催することに決定

釣座抽選を行い出船

案の定物凄い時化の中数分でポイント到着

この状況での繊細なカワハギ釣りは、釣座で釣果に差が出そうな展開

そんな中スタートフィッシング

時折ミヨシよりも高い波が押し寄せ船は大きく揺れます。誰もがこんな状況でのカワハギ釣りは初めてでしょう

まさかこんな荒れ模様でカワハギ釣りが成立するか?と、思いきや

普通にカワハギをヒットさせる選手達!

ミヨシに比べ釣りやすい舮の宮本選手はバシバシ釣っている

ミヨシ組も負けじと、船が軽く2メーターは上下する中ヒットさせる

次第に風がさらに強まり最大風速25メーターオーバー!

釣り上げたカワハギが宙を舞うくらいの凄い状況

こんな状況でどう釣ってるかというと、大半の選手が、船の上下にあわせうまくたるませたり、オモリが波で跳ねあがるのをスプールをサミングさせたりして、防いで僅かに感じれるアタリを取っていく感じ。

小さなアタリは分かりにくいが、しっかりアタリは感じれたので、カワハギの活性は高め

海の状況は最悪を越える最悪だが、それでも、皆カワハギ釣りを成立させていく年々腕を上げるメンバー達
一時穏やかになる時間もあり、といっても普通なら激荒れだか、その頃には舮の宮本選手、佐藤選手は順調に釣っている

船長も荒れ模様の中、素晴らしい操船技術で船をポイントに入れ直してくれ、いい所に入ると入れ食いモードになる場面も

海上は激荒れでもカワハギの活性は高めで、釣りにくい状況でも皆普段と変わらないくらいに釣果を上げていった

最初は高い波に苦戦し、下がる波で自然にたるませ、上がる波で勝手に針かがりするような何をやってるか分からない状態だったが、だんだん慣れてくると過酷な状況でもしっかり食わせられるように皆なっていたような感じでした。

荒れ模様は終日続き、中にはリタイアしてしまう選手もいたが、少し早上がりの1時45分まで釣り続け、ツ抜けする選手多数、さらには30枚越えする選手もと、普通ではあり得ない状況の中、しっかりメンバーは大会を成立させてしまった。

遭難することなく、全員無事帰還(笑)

途中船酔いでリタイアしたメンバーを除けば全員リミットメイク達成と、あの状況が嘘のようなしっかりとした結果が出た

まぁ、各メンバー、今回のような状況でのカワハギ釣りはある意味今後二度と経験できるものではない貴重な体験となったことでしょう

これも、船長の見事な操船技術のお陰でしょう。

1日休むことなく素晴らしい操船で、釣りを成立させて頂いた船長に感謝です。

さて、結果発表です。

まずは、数釣りのトップは、

なんと嘘のような32枚も釣り上げた、右大舮、宮本選手!

数釣り二番手も左大舮の佐藤選手の31枚

素晴らしすぎます

そして、本日の大物賞は、右8番の、橋本悟選手の24.4センチ

そして、5匹の総重量で争う今大会の順位は、


5位、左3番の小出選手 898グラム

4位、右大舮、数釣りトップの宮本選手 1020グラム

3位、左大舮、数釣り二番手の佐藤選手 1096グラム

2位、右8番、橋本悟選手 大物賞にも入った大物入りで、1124グラム

そして

優勝は、右2番と、かなり釣り辛いミヨシ寄りの釣座で、しっかりしかも良型ばかりを連発させてた、1132グラムの、新井選手!

新井選手は今年のダイワカワハギオープン決勝ファイナリストと凄腕選手がこの激荒れの第2戦を制した。

毎度お楽しみ、スポンサー様からの抽選会

協賛:グローブライド様、ジャッカル様、HMKL様、釣具キャスティング様、RealBVoice・比米様、森農園様、丸十丸様

今回も豪華景品ありがとうございました!

今期は、毎回数も釣れ今年の状況の良さが伺える。

まだカワハギやったこてない、やってみたいって方は今期はカワハギ釣りを味わうチャンスかも!

次回12月19日も会場は同じく三浦丸十丸さんで開催 (すでに定員になり参加募集は締め切っております)

このまま今期はカワハギ絶好調の状況が続くことを祈って、気になる年間カワハギオブザイヤー争いは2戦を終了した段階では、トップは、新井選手、続いて、坂井選手、宮本選手と並んでおります

次回は最高のカワハギ日和の中開催したいですね。

※今回、激荒れ模様のためスナップ写真は少なめとなっております。。


抽選でグローブライド様提供、ゴアテックスウエアーGET!

 

成績表

順位氏名総重量ポイント備考
11位 新井勝仁 1,132242020Pts.
22位 橋本悟 1,12491919Pts.
33位 佐藤保成 1,096311818Pts.
44位 宮本英彦 1,020321717Pts.
55位 小出慎 898181616Pts.
66位 堀江重勝 874191515Pts.
77位 森英樹 860181414Pts.
88位 坂井健二 854281313Pts.
99位 石川善彦 806131212Pts.
1010位 福山哲也 802181111Pts.
1111位 工藤隆久 798141010Pts.
1212位 福井達也 7781599Pts.
1313位 杉田秀和 7702488Pts.
1414位 本間衛 758577Pts.
1515位 吉岡進 7321866Pts.
1616位 岡村洋介 726955Pts.
1717位 山田慶 6421644Pts.
1818位 比米昌裕 538433Pts.
1919位 橋本裕二 0---999---
2020位 小堀大輔 0---999---

近日開催

  • 2017-10-15 ソルトチャプター宮城第4戦
  • 2017-11-19 ソルトチャプター宮城第5戦

参加方法など

最近のトーナメント

会場別

  • 2016年度 第1戦

年月別

TOP