[インデックス][JBトーナメント情報2002][JB戦]

.php3"> .gif" width="14" height="61" border="0">
.gif" width="14" height="149" border="0">

JB<?echo $namej ?>第<?echo $now?>戦<


.gif" width="62" height="14" alt="トーナメント概要" border="0">.gif" width="64" height="14" alt="初日結果" border="0">.gif" width="63" height="14" alt="2日目結果" border="0">.gif" width="64" height="14" alt="最終結果" border="0">.gif" width="63" height="14" alt="上位のフィッシングパターン" border="0">.gif" width="62" height="14" alt="写真" border="0">

サイトマスターの競演再び。
福島 健選手がビッグウエイトで2連勝!

琵琶湖マスターズ第2戦は、気温が30℃に迫る汗ばむ陽気の中で開催された。参加者は400名を越し、フィッシングプレッシャーとアスタースポーンで全体的にはスローなコンディションだったが、今シーズンの琵琶湖は釣る人は釣る、見える人には見えるという「タフ」とも「グッド」とも言えないコンディションが続いている。
4月5〜6日に開催されたこのシリーズの開幕戦では福島 健選手が21kg超のJB新記録で劇的な優勝したが、今大会またも主役を演じたのは福島 健選手だった。

今大会では月刊ルアーマガジンのスタッフが2人のサイトマスターを追ったが、実にその両選手がワン・ツー・フィニッシュ。その1人の福島選手は、アルミボートにプレス同船というハンデをものともせず、初日に9,595g、2日目に7,920gをキャッチ。西岸のシャローを広範囲に回り、3inリングワームのジグヘッドをメインにカメラの前で結果を出した。
そして福島選手と優勝を争ったもう1人は、ワールドの庄司 潤選手だった。今大会ではネストではなく、ウイードのインサイドにサスペンドぎみに付いているアフターのグッドサイズを狙い、初日に6,885g、2日目に7,690gを持ち込んだ。ルアマガでは庄司選手のサイトフィッシングのビデオを制作中で、今大会ではビデオクルーが同船。今回のビデオではサイトフィッシングの奥義をすべて見せてくれるそうだ。
今大会3位に付けたのは、近江大橋近くの浚渫および北山田のウイードエリアを攻めたワールドの加藤誠司選手。浚渫はヘビキャロ、ウイードエリアはテキサスで攻め、ともにフォーリングに反応してどちらもラインが走るようなアタリがあったという。トップでもグッドサイズをキャッチし、2日間で13,210gをマークした。
4位に入賞した花井 賢選手は雄琴沖の4mウイードエリアを3/8ozテキサスのジャンボグラブで攻略。デッドでスコアを崩しながらも13,735gを持ち込んだ。
5位に入賞した玉置輝夫選手は名鉄のリーズとウイード(インサイド)を6inカーリーテールのジグヘッドで攻めて11,010gをキャッチした。
今大会はスポーニング終盤のバスの動きを読んだ選手が上位でフィニッシュ。5位までが10kgをマークした。また、上位2名をマークしたルアマガ取材班の読みもまた素晴らしかった。


一つ前の画面へ戻ります。 インデックスページへ戻ります。