Internet Explorerでの正確な表示は保証できません。ご了承ください。NBCNEWS推奨ブラウザ: Firefox Chrome Safari

ゲーリーインターナショナル 総合学園ヒューマンアカデミーフィッシングカレッジ 釣りと観光のガイド プロショップオオツカ OSP

JB桧原湖 第2戦 ベイトブレスCUP
07月16日() 福島県 桧原湖

ストーリー

JB桧原湖第2戦ベイトブレスCUP概要写真 2017-07-16福島県桧原湖

2017JB桧原湖シリーズ第2戦ベイトブレスカップ
7月16日JB桧原湖シリーズ第2戦ベイトブレスカップが開催された。
ここ最近の桧原湖は非常に良い状態が続いており、釣ること自体は非常にイージーであった。リミットメイクをするのもさほど難しい事はなかった。ただ普通に釣っていると、3本で2キロぐらいというのがアベレージで、このウエイトでは勝てないというのは誰でも推測できていた。キッカーとなる800g以上のバスをいかに混ぜることができるかがキーとなると誰もが思っていた。一部の選手は比較的大型が多いラージマウスに的を絞って大会に挑んでいた。
当日は梅雨期の開催ということもあり、この日は梅雨らしく昼頃から雨の予報が出ていた。朝のうちは曇りで穏やかな天候の中でのスタートとなり、11時ぐらいから雨が降り始め、風も強まった。
前日開催されたJBII桧原湖シリーズ第一戦マルチブックカップの結果からすると、リミットメイクは容易であると予測できた。おそらく2キロ台前半が団子状態になると思われた。実際の結果を観てみると、やはり予想通りの結果となった。ただ、気圧低下や雨による影響で、予想以上にラージマウスのウエインが多く、おそらく10本ほどのラージマウスがウエインされた。優勝の牛尾、3位の泉はラージのミックスバックでウエイン。2位にはミックスバックを得意とする金木が入った。
2戦を終えて2戦ともにお立ち台に上がったベテラン泉和摩が年間首位に立った。

TOP