Internet Explorerでの正確な表示は保証できません。ご了承ください。NBCNEWS推奨ブラウザ: Firefox Chrome Safari

ゲーリーインターナショナル 総合学園ヒューマンアカデミーフィッシングカレッジ 釣りと観光のガイド プロショップオオツカ OSP

JBII東条湖 第2戦 東条湖ビッグバイトCUP
07月30日() 兵庫県 東条湖

ストーリー

JBII東条湖第2戦東条湖ビッグバイトCUP概要写真 2017-07-30兵庫県東条湖

JBII東条湖第2戦「東条湖ビッグバイトCUP」
前週のチャプター兵庫第4戦が近年稀にみる高いウェイイン率での
結果を受けてこの第2戦も大いにハイウェイト・高ウェイイン率が期待された。しかし、前日プラクティスでは前週に比べ2m近く水位が下がり前週は何処でも簡単にキャッチされていたキーパーサイズが釣れないコンディションだった。そして迎えた当日 早朝の準備の最中にこれまでにないゲリラ豪雨と雷が30分近く続き スタート前には一気に東条湖の水位が上がり始める程だった。スタートした選手はそれぞれの戦略で各エリアと向かった。前日までまったくの吐水が無かった この時期の定番エリア中流域「導水路」も爆発的な吐水が放出されていた。バックウォーターからの流入も多く 時間経過ととも水位が上がって行った。この水位上昇と流入水によるカレントが展開に変化を見せた。そして、このカレントの変化を的確に捉え導水路の吐水が落ち着き始めた頃にエリア変更で中流域の導水路からの吐水で起こった大きなカレントが当たる岩盤エリアで岩盤への丁寧なアプローチのDSとフットボールジグのリアクションの併用で怒涛の30分ラッシュを引き出しトップウェイトを叩き出した マスターズプロ 三谷聡プロがプロ初優勝を飾った。2位以下も導水路付近と浮き物につくバスを攻略し入賞を決めた。 
最後に今季より新しくJBIIプロアマ東条湖の
冠スポンサーを頂いております「東条湖ビッグバイト」様に感謝の意を表します。

 

TOP