ゲーリーインターナショナル 総合学園ヒューマンアカデミーフィッシングカレッジ プロショップオオツカ

NBCソルトウォーター

わかさぎチャプター野尻湖 第1戦スピンネーカーCUP

2011年12月11日() 長野県 野尻湖

対象魚:ワカサギ

野尻湖のバスフィッシングが禁漁期間中に対象魚をワカサギとして匹数+重量の結果で競いあうウィンターシリーズ『ソルトチャプター野尻湖』その第1戦が12月11日、会場を野尻湖のワカサギ船でも人気の高いスピンネーカー様を会場に参加選手18名にて12月としては冬の晴れ間の晴天となり清々しい気候のなか開幕された。

受付では一日の釣り座を決める為のくじ引きがあり船に乗り込むと釣り座に貼られている番号と照合し場所が決定となります。

今回お世話になったのはスピンネーカーの堀田船長、聞くところによるとワカサギ釣りが解禁となった11月当初は難易度が高く釣れる数がイマイチのようでしたが中旬頃から釣れる数も次第に伸びていく状況のようでしたが、魚探に映る映像のどこでも釣れるといった感じではなく日によって釣れる場所が明確となっているようで、ここ数日では更に上向きとなり多く釣れる日で350匹位までは釣れているようでした。

いよいよ出船となり向かった先は弁天島鳥居沖、水深26mにアンカーを投錨しスタートとなった、スタートから午前中は予報では朝から北風となっていたものの、実際は蓋をあけてみると南風、風速1〜2mの微風であった。水温は8.5℃で安定しているようだが仕掛けを落として入れ食いとはいかずアタリを出すのも工夫を凝らしなが明確なアタリは出ず、やっと口を使わせるという技術を要する感じであった、しかも途中でばれるミスも多発している難しい展開であったが、13.5僉18.5gというキッカーを宮腰選手が釣り上げ会場を沸かせた。

結果から言うと、安斎選手と服部選手のデットヒートを繰り返し匹数では2匹差ではあったが安斎選手が今期導入させたニュー穂先「モリーズスペシャル」を駆使し約20g差を離し開幕戦となった第1戦、スピンネーカーCUPを制した!

こうして、野尻湖を愛し野尻湖でのワカサギ釣りに情熱を掛けた熱い変態選手達のトレイルはスタートしたのであった。

おしまい。

成績表

順位氏名総重量ポイント重量+匹数
1位 安斉友樹 30716220Pts.468.5
2位 服部正嗣 28816019Pts.447.5
3位 山田謙二 28214718Pts.428.5
4位 小林紘也 27315517Pts.428
5位 武者雅広 27513816Pts.412.5
6位 関之台一寿 26212915Pts.390.5
7位 片山芳隆 25212814Pts.379.5
8位 宮越潤 25311913Pts.372
9位 鈴木仁 24612512Pts.371
10位 塚田将博 23613111Pts.367
11位 竹内俊夫 2321295Pts.360.5
12位 石岡正成 2291165Pts.345
13位 小池光利 2231175Pts.339.5
14位 久保田克之 2201145Pts.333.5
15位 木村浩規 187975Pts.283.5
16位 太田勝視 163835Pts.246
17位 市川朋克 147815Pts.228
18位 加藤正視 128795Pts.206.5

固定リンク

近日開催

  • 2018-12-16 ソルトチャプター大阪第2戦
  • 2018-12-23 わかさぎチャプター野尻湖第1戦
  • 2019-01-13 わかさぎチャプター野尻湖第2戦
  • 2019-01-27 ソルトチャプター大阪第3戦
  • 2019-02-17 ソルトチャプター大阪第4戦

最近のトーナメント

TOP