ゲーリーインターナショナル 総合学園ヒューマンアカデミーフィッシングカレッジ プロショップオオツカ

NBCソルトウォーター

わかさぎチャプター野尻湖 第2戦アウトドアステーション・バンバンCUP

2008年01月27日() 長野県 野尻湖

対象魚:ワカサギ

1月27日長野県野尻湖にてNBCソルトチャプター「第2戦アウトドアステーション・バンバンCUP」が開催されました。
開催日までの天候は連日雪が降り野尻湖周辺のここ数日の積雪量は非常に多く当日も朝から雪が降って冷え込みもきつく受付時刻の野尻湖の気温-6℃でした。風は南風〜北風、風速約3m、水温2.5℃、スピンネーカー様に会場をお借りして参加者20名にて今回もまた非常に和気藹々と対象魚であるワカサギを釣り競いました。

野尻湖では昨年より自家産卵によるワカサギの増殖事業を成し得、どのポイントでも非常に多くの数のワカサギが魚探の画像に映し出される状況です。
受付をスピンネーカー様の店内にて済ませ船内にてミーティング開始。
冠スポンサーであるアウトドアステーション・バンバン様を代表して野尻湖のワカサギ釣りではお馴染みの高田店店長である森様からご挨拶を頂きました。選手の皆様も大張切りです!当日までにプラクティス?(笑)
を積んだ選手も多かったようです。順位決定のキーは釣れたワカサギの重量で競い合うので大きめのワカサギを如何に手返し良く釣って行くかが勝因の鍵となります。
近況ではターンオーバーの為、水質の濁りから食い渋りだったのが3日程前からようやく落着き天気次第で誘い方により底近くにじっとしている産卵前のサイズの良いワカサギは日によって魚がサイズが逆転してしまうという状況下の中、如何に数そしてサイズを選びながら狙って行くという非常に奥深しい釣り方のようでした。

選手を乗せた船は島南ポイントの水深24mに投錨しいよいよ競技開始!午前9時を過ぎた頃から食いが活発となり選手の皆さんはワカサギを非常に盛上がりながら釣果の方も接戦状態となり首位争いにどの選手がもつれ込むか解らない状態となって来ました。
最後の追い込みに入る選手がコンスタントに魚を上げて行きどの選手達も気が抜けない状況です!

午後2時の時報と共に競技終了となり一路スピンネーカーさんの桟橋へと帰着し係留後船内にて検量をし表彰式となり結果発表です!今回の冠スポンサーであるアウトドアステーション・バンバンさまからは賞品も思いも寄らぬ程の豪華賞品を多数ご協賛して頂き特別に上位3名までカップもご協賛頂きしかも特別に6位まで協賛品を頂きました。

そして映えあるソルトチャプター野尻湖第2戦の上位陣6名。今回は優勝候補と注目株であった選手であった桝谷・片山選手であったが実は意外にも黙々と静かに魚を釣り上げ続けていた黒沢選手が優勝となった

表彰式が終わり今回のソルトチャプターの会場として大変お世話になったスピンネーカーの石田社長様よりご挨拶を頂きました。
石田社長様からは漁業組合としてのスタンスとしてお話しをして頂きました。
最後に冠スポンサーである森様からもご挨拶を頂き無事、盛大にて今回のトーナメントを終了する事ができました。
この場をお借りして心よりお礼申し上げると共に今回の開催の為に1週間も連日ポイントを探し込んでくれたスピンネーカーのワカサギ船船長、堀田様に厚く感謝致します。

成績表

順位氏名総重量ポイント備考
1位 黒沢孝 570316---
2位 桝谷英輝 562294---
3位 片山芳隆 488238---
4位 安斉友樹 480244---
5位 山田謙二 442233---
6位 服部正嗣 434196---
7位 福島義則 428202---
8位 木村浩規 424231---
9位 関之台一寿 418230---
10位 伊藤幸雄 416205---
11位 鈴木仁 408203---
12位 武者雅広 400194---
13位 塚田将博 398177---
14位 小林哲也 392229---
15位 小池光利 388221---
16位 森雅志 338176---
17位 原田義行 282143---
18位 和久井啓之 266147---
19位 島田武 234110---
20位 井出久美雄 218118---
20位 井出久美雄 218118---

固定リンク

TOP