ゲーリーインターナショナル 総合学園ヒューマンアカデミーフィッシングカレッジ プロショップオオツカ

NBCソルトウォーター

わかさぎチャプター野尻湖 第4戦ダイワCUP

2018年03月10日() 長野 野尻湖

対象魚:ワカサギ

NBCわかさぎチャプター野尻湖、今シーズン最終戦となる3月10日(日)第4戦ダイワCUPを野尻湖の屋形船では老舗で人気の高いほとり荘様を会場として全国のワカサギフリーク20名の強豪選手が集い終始和気藹々、時には真剣モードの熱気ムンムンとした中で開催させて頂きました。

今シーズンより全試合4戦を設けさせて頂きその冠スポンサーとしてここ数年野尻湖では人気の高いダイワ様よりご協賛を頂きました。
最近の状況では食いの良い日と食い渋い状況が日毎に変わることから食いの良い事を踏まえて優勝ラインは200匹前後と予想。
そして連日釣れている水深は野尻湖ならではの水深30m以深、他の釣り場ではあまりお目にかかれない深場の水深をどう攻略するかがキーとなりました。

当日は天候にも恵まれ午前8時には参加選手20名を乗せた船はほとり荘1号線船長小出さんの運航のもと出航し、弁天島南沖のポイントへ向かい、魚探にわかさぎが映る水深を確認し32mへアンカーを投錨し、船を固定した後スタート直後から恒例の早掛け勝負もあり会場は盛り上がりました。


釣れる魚はやや小ぶりのオスのわかさぎが多く、慎重に魚のアタリを取りながらも深場の釣りを楽しみながら試合を続行して行きました。

前半戦ではスタート直後から魚探に映る魚影はいるものの裏腹にアタリが遠い感じでしたが選手たちは一匹づつ丁寧に魚を取りこんでいく姿が見られました。
ここ数日の傾向として風向き等の変動(特に南風)により食いが悪い状況で試合当日も残念ながら朝から南風で案の定かなり難しいテクニカルな釣り方が功を制しているような感じでした。

船長の小出さんに状況を確認すると、「今年の傾向としては釣り方をちょっと工夫すると(仕掛、シンカーの重さ、エサの色等)食いが激的に変わることが多く、最近は釣れる魚はオスの魚が多く型も小ぶりとなり、魚影は確認できても南風だと湖流が発生し濁りが出るせいか食いが悪く南風以外だと食いが立つ感じがする。
今後の予想としては水深はこのまま変わらずに終盤を向かえる可能性はあるが三寒四温を繰り返しながらも食いは良くなることに期待したい」と語った。

試合の展開としては前半戦では周りがパッとしない中、船尾左舷にいた杉田選手は着々と数を伸ばしていき前半戦終了の段階で60匹をマーク、席替え後の後半戦では船尾右舷に席を置いた武者選手が野尻湖では昔から王道のホスボンの長竿を使用し、しっかりとパターンを掴み自分の真下に魚を留めてまさに入れ食い状態での多点掛けを展開していく姿が印象的でした。

結果からすると前半数を伸ばしていた杉田選手は前半戦の貯金を生かし武者選手と隣席ながらも接戦を繰り広げ、武者選手が177匹、杉田選手が179匹と数では杉田選手が有利であったが武者選手の魚があまりにも大きく24g差のウェイトにて武者選手が最終戦ダイワCUPの優勝の座を飾りました。
そして今シーズンの最終戦ということもあり、どの選手も最後まで気を抜かず最後まで戦い抜きました!
そして気になる年間争いは実力者であり今回準優勝となった杉田選手が念願であった通算2度目の年間優勝の座を獲得しました。

・天気 曇
・水質 やや濁り
・風 南〜東(風速約2m)
・水温 3.1℃(9時頃)
・エリア 弁天島南 水深約32m
・参加者数 20名(定員)
・総匹数 2,230匹
・総重量 5,843g
・1匹あたりの平均重量 2.6g

今回、冠スポンサーとしてご協賛を頂きましたダイワ様より数多くの素晴しいご協賛を頂き誠に有難うございました。
表彰式では上位入賞者の表彰はもちろんですが、沢山の副賞もあり、個人的にご協賛を頂きました方々による当チャプター恒例のじゃんけん大会で会場も多いに盛り上がりました!
そして会場をご提供下さりお世話になりましたほとり荘様からもフリーパス券やご協賛を頂き大変楽しく開催をさせて頂き有難うございました。

こうして野尻湖を愛し、野尻湖のわかさぎ釣りに情熱を燃やす選手達の今シーズンの屋形船トレイルも激熱のなか無事、終了したのであった。
来シーズンも引き続き冬の風物詩であるワカサギ釣りをより一層工夫を凝らし選手の皆様がより楽しめるよう運営に努めていく次第です。
おしまい。。。

上位の釣り方

優勝  武者雅広選手 177匹/468.5g

【使用タックル】
電動リール ホスボン競技穂先 PE0.25号 タングステン5g ハヤブサ瞬速仕掛け

【ヒットパターン】
小さく誘った後に出る僅かなアタリを逃さない。食いが立った時は多点を狙う。

【コメント】
前半、後半とも角席になる引きの強さ。
前半もソコソコ釣ってたつもりが20〜30匹の差をつけられていた事を知り、後半のマクリ意欲に火が着きました。
タックルの特徴を生かした多点釣りがハマりなんとか逆転する事が出来ました。
マイスタイルを貫いての勝利に大変嬉しく思います。
冠スポンサーのダイワ様、快適な釣りをさせていただいたほとり荘様、熱い情熱で刺激を与えてくれる参加選手の皆様、いつも裏で盛り上げて楽しい試合を演出してくださる安武様、本当にありがとうございました。
そして快く釣りに行かせてくれる家族に感謝します。
来シーズンもわかさぎチャプター野尻湖を盛り上げて行きましょう!

 

準優勝 杉田康裕選手 179匹/444.5g

【使用タックル・仕掛等】
リール:シマノ レイクマスターCT-T
穂先:扁平グラス32cm、シマノ穂先延長アダプター
ライン:VARIVASトラウトエリア マスターリミテッド PE0.3号
仕掛:がまかつ製ほとり荘極小0.5号4本針、ほとり荘ワカサギ袖ヒネリ1号4本針
シンカー:6、7.5、8g
エサ:紅サシ、白サシ

【ヒットパターン】
前日からの南風で若干の濁りが入り、活性は低めな状況。
前半は喰いが浅く餌にじゃれつくような魚を、なんとか掛けて凌ぎました。
後半は喰いも良くなったため、着底直後のアタリを見逃さずにとり、餌交換をギリギリまで遅らせる事で手数を増やし、数を伸ばしました。

【コメント】
年間優勝をかけ、暫定首位の久保田選手と4ポイント差で迎えた、ホームほとり荘での最終戦。
クジ運にも恵まれ、なんとか準優勝した結果、自身2度目のA.O.Y.を獲得する事が出来ました。
今シーズンは苦手なパターンを克服するため、若干釣りのスタイルを変え、試行錯誤していましたが、優勝こそ出来なかったものの、安定した成績を残す事が出来ました。
ダイワ様、他協賛者様、運営スタッフ並びに参加選手の皆様、そしていつも大変お世話になっているほとり荘の皆様に感謝致します。

 

第3位 関和彦選手 138匹/347.5g

【使用タックル】
穂先 ダイワ クリスティアワカサギHG TYPE C 34.5S+穂先延長キット+可変アダプター(A)
電動 ダイワ クリスティアワカサギCRPTIIα+アルミスプール+外部電源ボックス
ライン バリバス スーパートラウトエリア マスターリミテッド スーパープレミアムPE 0.175号
オモリ タングステン7g
仕掛け ダイワ クリスティア快適ワカサギ仕掛けSS速攻 0.5号

【ヒットパターン】
こまめに誘うより仕掛けが落ちた時にすぐに出るアタリが多かったので、誘って来なかったたら仕掛けを1mくらい上げて落とすリアクションバイトで結構数を稼げました。
それと良い道具に助けられたことが勝因だったと思います。

【コメント】
ホームのほとり荘さんで今回このような成績をとれて感慨深いものがあります。
スタッフの皆様、スポンサー様、会場をお借りしたほとり荘様、野尻湖わかさぎ黒鰻会のみなさま、今回参加された選手のみなさま、大変お世話になりました。
来シーズンは年間チャンプ目指してがんばりたいと思います。
ありがとうございました。

 

第4位 塩釜孝章選手 133匹/346.5g

【使用タックル・仕掛等】
動リール:ダイワクリスティアCRPTIIプラス&外部電源
穂先:c-style typeII、D-コブラ
ライン:VARIVASわかさぎ専用PE0.2号
シンカー:タングステン7g
仕掛け:ダイワクリスティア快適ワカサギ仕掛けSS速攻キープ
VARIVAS極細二段誘い紅

【ヒットパターン】
食いが渋い状況であったため入賞は僅差になると考え集中した。
誘いとしては少し前まで良かった細かい誘いよりも当日はゆっくり大きく誘ったほうが良く、極力ワンパターンにならないように時にラインを大きく緩めたり等、変化を入れるよう心掛けた。
前半は非常に苦戦したが後半に少しリズムが出てきて1匹ずつ拾えるようになった。

【コメント】
今シーズンから参戦させて頂いていますが第4戦でお立ち台に上がれて非常に嬉しく思います。
来シーズンはもっと上位に食い込めるよう頑張ります。
DAIWA様、その他協賛者様、運営スタッフ並びに選手の皆様、ありがとうございました。

 

第5位 小林紘也選手 128匹/338.0g

【使用タックル・仕掛等】
電動リール・自作穂先・PE0.3号・スピンネーカーオリジナルZ・タングステン7g

【ヒットパターン】
フォール&ステイで多点狙い。

【コメント】
今シーズンも楽しく釣りをさせて頂きありがとうござます。
来年もよろしくお願いします。

成績表

順位氏名総重量ポイント備考
1位 武者雅広 46917720Pts.645.5
2位 杉田康裕 44517919Pts.623.5
3位 関和彦 34813818Pts.485.5
4位 塩釜孝章 34713317Pts.479.5
5位 小林紘也 33812816Pts.466.0
6位 塚野俊宏 32413315Pts.456.5
7位 沢田智 32112014Pts.441.0
8位 駒村隆志 29610813Pts.403.5
9位 中山恵介 29510612Pts.401.0
10位 滝澤秀憲 29010311Pts.393.0
11位 徳竹和也 2731065Pts.378.5
12位 関之台一寿 2711045Pts.375.0
13位 徳武正俊 2681075Pts.375.0
14位 吉倉直樹 2731015Pts.373.5
15位 安藤隆弘 2671005Pts.366.5
16位 久保田稔 244965Pts.340.0
17位 原誠一 205745Pts.278.5
18位 桜井伸治 197775Pts.273.5
19位 上野勝博 198735Pts.270.5
20位 上野慎一 180675Pts.247.0

年間ポイントンキング

順位 名  前 ポイント
1 杉田康裕 72pts
2 関和彦 64pts
3 久保田稔 62pts
4 武者雅広 60pts
5 小林紘也 55pts
6 関之台一寿 51pts
7 沢田智 49pts
8 安藤隆弘 45pts
9 塩釜孝章 41pts
10 滝澤秀憲 37pts
11 塚野俊宏 36pts
12 徳武正俊 35pts
13 吉倉直樹 34pts
14 桜井伸治 29pts
15 渡邊峻介 23pts
16 堀内保 22pts
17 中山恵介 22pts
18 徳竹和也 20pts
19 上野慎一 20pts
20 原誠一 20pts
21 駒村隆志 18pts
22 上野勝博 5pts

 

固定リンク

TOP