ゲーリーインターナショナル 総合学園ヒューマンアカデミーフィッシングカレッジ プロショップオオツカ

NBCソルトウォーター

わかさぎチャプター野尻湖 第1戦クリークCUP

2019年12月22日()

対象魚:ワカサギ

2019-2020ワカサギチャプター野尻湖、第1戦クリークCUPが12月22日(日)対象魚を冬の風物詩として非常に人気の高い野尻湖のわかさぎをターゲットとして、全国から20名のわかさぎ釣り名手が会場であるスピンネーカーへ集い、終始楽しく和気藹々、時には真剣モードで熱気あふれたムードの中で競い合いました。
12月に入り例年に無く降雪の少ない野尻湖は湖畔の周囲には積雪は全く無くとても年末の野尻湖の様相ではないように感じられました。

大会当日までの状況としては解禁から魚探に映る魚は多くみられる一方、小さめの当歳魚が混ざり釣れにくく日によって釣れる日とそうでない日が入り混じり非常に難しい傾向が続いていた。

選手を乗せたドーム船が8時より出航し、亀石沖約27mに投錨した後、一斉に競技がスタートしました。
スタート直後からコンスタントに釣れていたが時間が経過する毎に徐々にアタリが遠のき釣れるわかさぎは比較的小ぶりが多くみられた。

前半戦では、船尾側に釣り座を構えていた選手達は数を伸ばす一方、船首側はパッとする様子があまり伺われず前半が終了となり、釣り座の抽選により後半戦に突入となりました。

後半も船尾側に陣を小林選手、杉田選手は激しいデットヒートを繰り広げる中、船首側に席をおいていた桜井選手、小山選手はアタリを出すことに苦戦しながらも確実に数を伸ばし結果に繋げていく様子が見受けられました。
一方、前半戦、後半戦ともに胴の間に席を置いていた沢田選手は着実に数を伸ばし見張るほどの勢いで魚を増加していった。

今回の選手の作戦は小ぶりの魚を如何に数を伸ばす事を重要視した展開で攻略し、結果に結びつけた。
結果からすると船尾左舷角の優勝の小林選手は246匹/470.2g、隣で席を置いた準優勝の杉田選手は206匹/409.6gと自分たちの真下に常に魚を停滞させる絶妙な駆引きを繰り返した事が今回の勝因に繋がったようであり、非常に釣れる大会であった。

・天気 曇
・風 南(微風)
・水温 6.5℃(推定)
・エリア 養魚所沖 水深約27m
・参加者数 20名(定員)
・総匹数 2,936匹
・総重量 5,592.5g
・1匹あたりの平均重量 約1.9g

 

表彰式では上位入賞者の表彰は勿論、ブービー賞、ビッグフィッシュ賞の表彰、じゃんけん大会で会場が盛り上がりました。
今回、大変豪華なご協賛を頂きました釣工房クリーク様、他各位様、会場として場所を提供して頂きましたスピンネーカー様、有難うございました。
こうして野尻湖を愛し、冬季野尻湖でのワカサギトーナメントに情熱を掛けた熱血選手達のトレイルは今期も懲りずにまたもやスタートしたのであった。

おしまい…。

 

上位のフィッシングパターン

 

優勝 小林紘也選手 246匹/470.2g

【使用タックル】
電動リール・自作穂先・PE0.3号・スピンネーカーオリジナルZ・タングステン7g

【ヒットパターン】
フカセ気味に大きく誘ってロングステイ。状況に応じて多点狙い。

【コメント】
前後半共に角席と釣座に恵まれていいスタートを切ることができました。今シーズンも上位を目指してがんばります。
最後に、豪華協賛を頂いた冠スポンサーのクリーク様、スピンネーカー様、大会参加の皆様に感謝申し上げます。
次戦もよろしくお願いします。

 

準優勝 杉田康裕選手 206匹/409.6g

【使用タックル・仕掛等】
リール:ダイワクリスティア CRTアルファ
穂先:釣り工房クリーク手返しSP、バリバス延長アダプター
ライン:PE0.3号
仕掛:バリバス野尻湖紅1.5号5本針、ほとり荘金袖1号4本針他
シンカー:ダイワクリスティア TGDR-R 7g、8g
エサ:紅サシ、白サシ

【ヒットパターン】
終日ほぼフカセ。パターン、仕掛に決定打がなかったため、群れの入ったタイミングで多点を狙い、渋い時間帯は集中し単発のアタリを見逃さないようにしました。

コメント】
予想していたより渋めな状況でしたが、前半、後半共に角2の席だったため、重要な初戦で2位入賞出来ました。大差での2位は悔しいですが、敗因を分析し次戦に向けて精進します!
釣り工房クリーク様、スピンネーカー様、運営スタッフ並びに参加選手の皆様、楽しい試合をありがとうございました。

 

第3位 桜井伸治選手 203匹/408.0g

【使用タックル】
電動リール:ダイワ クリスティア CRPT2アルファ
穂先:ダイワ クリスティアHG type-c SS 34.5SSS
仕掛け:ダイワ ワカサギ速攻マルチ 0.5号、1.0号

【ヒットパターン】
底からあまり離さず、しっかり誘う

【コメント】
運営スタッフの皆さん、選手の皆さん、お疲れさまでした。
今年は全戦楽しむを目標に参戦しようと開催前から考えていましたが、初戦から1年分楽しませて頂いたような結果を残すことができました。
ただ、まだ上があるのでテッペン目指して次戦も楽しみます。
CREEKさんの穂先も頂いたので、色々なフィールドで使わせていただきます。

 


第4位 小山響選手 172匹/330.9g

【使用タックル】
リール・ダイワ クリスティアワカサギcrpt2アルファ
穂先・グラス偏平竿先調子40センチ
ライン・PE0.2号
仕掛け・ダイワ クリスティアワカサギ誘惑ロング7本針1号 誘惑段差6本針1号
シンカー10g 7g
エサ・アミノ酸αに漬けた白サシ

【ヒットパターン】
仕掛けが着底して、すぐのアタリを取るようにしていく。すぐ、にあたりのない時には少し大きめに誘いを入れて竿がオモリの反動で揺れている間のアタリを取っていく。

【コメント】
今シーズンから初めてチャプターに参加させていただきますので、少しでも結果が残せるように頑張ります。
当日は午前中に角席を引くことが出来て、席のおかげか前半は比較的良いペースで釣ることが出来た。後半は角隣の席でしたが、魚のパターンにうまく合わせる事が出来ず失速してしまったので、また練習したいと思います。
冠スポンサーのクリーク様、その他協賛者様、運営スタッフの方々、スピンネーカー様、参加された選手の方々、ありがとうございました。

 

第5位 沢田智選手 174匹/323.7g

【使用タックル】
ダイワ クリスティアCRTアルファ
穂先 クリスティア ワカサギ HG TYPE C S345

【仕掛け・ヒットパターン】
仕掛け ダイワ 快適ワカサギ仕掛けSS 速攻 下針付 マルチ 4+1本-1.0

【コメント】
前半、後半共に真ん中の席だった為、餌交換をまめにしてコツコツと釣っていきました。
いつもお世話になっているスピンネーカー様入賞できて良かったです。
冠スポンサーのクリーク様、沢山の協賛品ありがとうございました。


成績表

順位氏名総重量ポイント備考
1位 小林紘也 47024620Pts.716
2位 杉田康裕 41020619Pts.616
3位 桜井伸治 40820318Pts.611
4位 小山響 33117217Pts.503
5位 沢田智 32417416Pts.498
6位 関和彦 32516315Pts.488
7位 塩釜孝章 27916014Pts.439
8位 三好正邦 27513813Pts.413
9位 原誠一 25814712Pts.405
10位 滝沢望 25314611Pts.399
11位 武者雅広 2791195Pts.398
12位 金子知仙 2471485Pts.395
13位 田辺猛 2511445Pts.395
14位 滝澤秀憲 2431455Pts.388
15位 関之台一寿 2381335Pts.371
16位 徳武正俊 2531145Pts.367
17位 春日良介 211895Pts.300
18位 上野慎一 190995Pts.289
19位 渡邊峻介 1801015Pts.281
20位 塚野俊宏 169895Pts.258

固定リンク

TOP