Internet Explorerでの正確な表示は保証できません。ご了承ください。NBCNEWS推奨ブラウザ: Firefox Chrome Safari

WFGワールドフィッシングガイド特集

北山睦の池原ガイド

8月下旬にWFGサイトより池原1DAYプランのご予約を戴きました!
お仕事の都合でなかなか事前の打ち合わせが出来ませんでしたが、催行日が台風21号の前日ということもあり、不安定な天候が予想されたため、最低限必要な雨対策だけお伝えし、当日を迎えました。
朝6:30に出船場所のホワイトリバー昇降所に集合し、まずはご挨拶。
今回のガイドゲストは関東からお越しのM様とT様の2名様。お二人とも池原初体験です。高水位で湖の面積が広いため、今回は60馬力のボートを使用することに。
事前に、池原の状況を軽く説明し、7:10に出船。
まずは台風のために急激な減水が続く池原の状況を掴むために白川筋の上流を目指します。
予想外に朝は晴れ上がっていたため、まずはライトリグで探っていただくと、すぐに1本目。


32〜33cmほどの元気なバスがT様に。まずは池原第1号。
すると負けじと、

M様に何と53cm!
池原らしいバスの引きを楽しんでおられました。
ということで、この日は数狙いよりは「池原らしいバス」という方向性に決定。
その後も、バンク撃ちで数を稼いで午前中は5本ほど。翌日以降にレンタルボートでご自身で出船されるという事で当該レンタルボート屋さんの近辺のスポットをいくつか案内してお昼になりました。
お昼はホワイトリバーに上がってクーラーの効いた部屋で40分ほど休憩し、午後の降雨に備えて少し早めの出船になりました。

 午後は何とかT様にも逆転ホームランを打ってもらうべく、午前とはあまり変わらない展開で臨んでみました。

するとすぐにT様に35cmほどの元気なバスが。
続けざまに、、、

T様に53cmが!同点ホームランです。
その後は少し強い釣りにシフトしてM様にフットボールジグで40cm弱のを追加。他にも何本か釣っていただいて終わってみれば10本ほど釣っていただいてサイズも50アップ2本と途中雨が降ったにも関わらず終始賑やかな船上となり8時間もあっという間に過ぎてしまいました!
お二人にはバスフィッシングの聖地池原を楽しんでいただけたかと思いますが、更なるサイズアップにまた遊びに来ていただきたいと思います。ありがとうございました!

私の池原ガイドでは、タックルをご自由にお使いいただくことも出来ます。また、ライフジャケットもレンタルしておりますので、手ぶらで来ていただくことも可能です。池原はこれから12月が面白いです。ぜひ、遊びにいらしてください。お待ちしております!

WFGガイド 北山 睦

固定リンク  2018年09月13日(木)  

静岡県西部地区の野池 須藤

  • ガイド日程:8月29日(水)午前中
  • 天気:晴れ
  • ガイドフィールド:静岡県西部地区の野池
  • ガイドスタイル:陸っぱり
  • ゲスト:北海道からお越しの木村大地様

8月19日(日)にプランについて、お問い合わせがありました。
ゲストの木村様は現在、大学生で夏休みを利用して
出身地の静岡県に帰省されているとの事です。
普段は大学のある北海道で、トラウトや海釣りをやられているそうです。
北海道に帰る前に、帰省したタイミングで出身地でバス釣りを
やってみたいとの事で、ガイド日程について
お問い合わせがありました。
8月29日(水)までの平日で、ガイドをお願いしたいとの事でした。
何度か、メールと電話でのやり取りをさせてもらい、
8月29日(水)の午前中にガイドを実施させていただく事になりました。
システム上のトラブルにより、予約がうまく入らない状況がありましたが、
トラブルは回避され、8月24日(金)にWFGの予約が正式に入りました。
システムトラブルでは、ゲストの木村様にはご迷惑を
お掛けしてしまい、大変申し訳ありませんでした。

ガイドの前日、8月28日(火)に電話にて、
ガイド当日のプランや持ち物等の最終確認をさせていただきました。

今回の木村様の要望は、バス釣りは今までに1〜2回程度しか
やった事がないので、バス釣りを楽しみたいとの事でした。
普段からトラウトや海釣りはやられているようなので、
キャストやリーリング等基本的な動作は出来るものと思い、
あまり心配はしていませんでした。

ガイド当日

静岡県西部地区の某所に午前5時に集合。
そこから車2台でフィールドまで向かいました。
今回はタックル一式レンタルしていただきましたので、
私のレンタルタックルにてスタートフィッシングです。
使用ルアーはゲーリーの2.5インチレッグワーム。
リグは1/16ozダウンショットリグです。



普段から釣りをやられているので、キャストの技術や
ロッドワークなど、全く問題はありません。
ロッドポジションやリーリングスピードなど、バス釣りに
適したかたちに修正してあげたら、直ぐにバイトがあり、
難なく1匹目をキャッチしていただけました。
その後もポイントを小移動しながらキャストを繰り返し、
順調に数を伸ばしていきます。

サイズは20cm前後と、あまり大きくはないものの、
キャスト、アクション、フッキングまでの動作がスムーズです。
日が高くなるにしたがって、極端にバイトが遠退いていきます。
当日は残暑が厳しい日だったため、バスにも、人間にも
厳しい環境でした。
熱中症対策で、一旦車に戻り水分補給を含め、小休止です。
休憩後もなかなかバイトが遠い時間帯が続きましたが、
何回かのバイトを取り、数匹追加して、タイムアップと
なってしまいました。
午前中5時間のガイド予定、10時までのコースでしたが、
アディショナルタイムを考慮し、11時近くまでのガイドと
なりました。
結局、20バイト近くあり、14匹キャッチしていただけました。
ビッグフィッシュに恵まれなかった事が少し残念でした。

ガイド終了

ゲストの木村様の実家が近くという事もあり、現地で解散とし
無事ガイド終了となりました。

感想

久しぶりのWFGガイドでしたが、システム上のトラブル以外は
スムーズに進行出来たと思います。
今後も出来る限りゲスト様のご意見を聞きながら、
思い出深い1日を提供出来るように心掛けていきたいと思います。

また後日、ガイド当日の写真をメールで送ったところ、
ご丁寧に下記のメールを返信していただけました。
満足出来るガイド内容だったようなので、
私も嬉しく思っています。

以外、いただいたメール内容です。

須藤さま

本当に楽しい釣りの時間を提供していただきありがとうございました!とても満足です!
次の機会は違う池で、もしくはサイズアップを狙いたいです!

写真ありがとうございました!
また機会がありましたら、よろしくお願いいたします!

木村

固定リンク  2018年09月05日(水)  

琵琶湖ガイド 植付友二

8月14日猛暑の真っ最中の琵琶湖に岸本さんとユウト君が来てくださいました。
岸本さんは若い頃にバス釣りを楽しんでおられたとの事で経験者でありながら
ブランクが長いとの事で、ユウト君はバス釣りをこれから楽しんでいきたいとの事でレクチャーしながらのガイドです。
しかし
今年の夏は全国的に災害レベルの猛暑、天気予報やニュースでも命の危険がある暑さと表現するほどの酷暑ですから、当然のことで琵琶湖の水温も高めです。
そして雨も少ないのでアオコも発生していますので、バスの環境としては最悪です。
そんなタフな中でのガイドスタートですから不安でいっぱい(;^_^A
しかし、先日まで絶好調だったのがジャスターフィッシュ3.5スパークワインのダウンショットで、シンカーはreinsタングステンダウンショットシンカー2.7g、これで連日40アップ50アップを釣りまくっていました。
そういった状況を親切丁寧に説明させて頂いて(自画自賛ですが(;^_^A))のスタート

ポイントに着いての岸本さんの2投目にバイトが出ます!
私の説明不足で申し訳ありません・・・藻化けしました( ノД`)シクシク…
琵琶湖の夏はウィード(水草)が多いので潜られて化けちゃうんです。
ですからフッキングを決めたら早めに水面近くに上げるのがキモなんです。
貴重なバイトですが気を取り直してリスタート
アクションなどをレクチャーしながら僕に


一応40アップですね!

しかし・・・バイトが遠目ですねぇ
なかなかお二人のルアーを食ってくれないなぁ〜って思い始めたタイミングで
岸本さんにビッグバイト!


54cm!

これでお父さんの威厳はバッチリ!(笑)
そりゃ昔取ったナントカですよね?
で、バイトが遠いけど食ったらデカイ感じかなぁ〜
なんて話をしているとユウト君にビッグバイトです!
お父さんの1発目の失敗を見てるからシッカリとリールを巻いてくれます!
でも・・・ボートべりで・・・
まさかの口切れバラシ( ノД`)シクシク…
1発目のジャンプでサイズを確認しましたが
ほぼ50アップ!
でも、アオコ状態の中のファイトは難しいんです。
ボートべりで突然姿が見えるので
飛んだらバレやすいんですね。
気を取り直して頑張ります!って健気な男の子です。
(後からお父さんより実へ結構凹んでたって笑)

そして今日の魚はデカイのばっかり?
僕にも来ました!


55cmです。
これはガイド業界では「ヤラカシ」と呼びます。
ガイドがお客さんよりデカイの釣っちゃダメ!
でも、コレで気合が入るお客様もおられますから
岸本さんもそのタイプみたいですよ!


ナイスフィッシュです!
もう余裕で落ち着いて釣ってもらえます。

そして僕も


52cmです。
アクションやウィードのソフトタッチを細かくレクチャーしていると
喰っちゃうんでぇ〜許してくださいね!

そして早めのランチタイムを終えて
小っちゃくてもユウト君に釣って貰って
落ち着いてからビッグを狙う作戦を考えましたが
なんせこの夏の高水温の琵琶湖は簡単ではなくて
岸本さんにカワイイのが


ホントにカワイイサイズ
そしてチョット風向きが変わったので
もしかしたら・・・あそこで釣れるかな?
って思っての大移動してのテキサスリグ展開で
ポイント到着して狙いどころの説明とか
アクションの説明をしていると僕に
 

56cmのお手本フィッシュ
こんな感じで釣ってくださいね!(;^_^A
でも簡単ではないので30分だけのつもりが
比較的早く岸本さんにバイトが出て


ナイスフィッシュ!
測ってませんが40cmあるか無いか?
ぐらいですが釣れれば楽しいです!
そして今日午前中の体調不良もあって
笑顔も少な目だったユウト君にも


51cm\(^o^)/
50アップおめでとうございます!
頑張り続けていると神様が微笑んでくれますね!
そしてユウト君劇場の開演です!


40後半フィッシュ!

ユウト君に連発気味に


同じく40後半フィッシュです!
ユウト君「50無いと測らん!」って言わんばかりに
ノーメジャーですからぁ〜(笑)
とにかく次の魚への欲が強いみたいですね!

そしてテキサスリグはお二人に任せて
チョット課題になっているルアーを横に向かってキャストしたら


56cmです(;^_^A
そんなつもりはなかったんですぅ〜
釣った僕もびっくりでしたからぁ〜

まぁそんな事は置いといて
お二人はショートバイトが続くなかも
頑張って続けて頂いて


50cmジャスト!
岸本さん本日2本目の50アップです!
やっぱりお父さんの威厳は大切ですね!(笑)

その後も頑張って頂きましたが
ショートバイトに変わってしまって
ユウト君のワームもお尻かじり虫状態で
半分だけ無かったりのままで終了でした。

釣果は船中12本50アップ7本
お二人ともに50アップを釣って貰えました!
最初にも言いましたが今年の夏は異常気象で
琵琶湖の水温も例年の7月からすれば上がり過ぎ
そんな厳しい状況の中では好釣果でした。

岸本さん、ユウト君
厳しくてバイトが止まった時間もありましたが
最後まで頑張って頂きありがとうございました!
岸本さん、50アップ2本は父親の威厳を保てて?(笑)良かったです!
ユウト君、50アップもう1本釣りたかったね!でもロングレンジのフッキングもバッチリでしたから次も頑張りましょうね!

今回の好釣果はお二人が僕のガイドを最後まで信じて頑張って頂けた結果だと思います。
本当にありがとうございました!

固定リンク  2018年08月24日(金)  

2018年7月7日桧原湖ガイド By 石井

7月7日に桧原湖ガイドを行いました。
桧原湖には何度か来たことがあるゲスト様でしたがあまりいい思い出がないご様子。
朝タックルを準備しながら今まで桧原湖でどんな釣りをしてきたのかを聞き、その時期のオススメの釣り方などを説明しました。

準備が終わり出船したのですが、風が強くて風裏へ移動。先ずは表層をi字系とスピナーベイトでチェックしていくと。
ラージマウスとスモールマウスのダブルヒット。

その後、風裏の表層を攻めるもコバッチばかり。

午後から風が弱まると読み、早目のランチタイム。

ランチが終わり11時に釣りを再開すると読みがアタリ風が弱まり、バスのアタリも増えました。

他の人がランチに向かうため、入りたいポイントに入ることができ貸しきり状態に。

午前中とは釣り方を変えて、少し水深を落として探ると。

ハンプやフラットエリアでバスをキャッチしていきましたが、天候がかなり回復してきて太陽が見えそうになったタイミングで虫をやりに移動。

しかし数バイトがあったのみで終了。

この事から虫を待ってるバスがいるが表層に出きらないと判断。

別の場所で虫に出きらないバスをライトキャロで狙うことにしたら見事にハマリました。

たまにコバッチも混ざりますが、油断してるとこのサイズ。本日の最大魚です。

ゲスト様初の40UP。

ダブルヒットも重なり数とサイズを伸ばすことに成功しました。

ヒットルアーはゲーリーのイモ30にラバーを刺したゲスト様自作のスローシンキング虫ワーム。山中様なので山中虫そこから変えて「山チュッチュッ」に命名。

見辛いですが口の奥にあるのが山チュッチュッ。釣れるバス全部がこんな感じで口の奥に。

一時は一人だけ入れ食いとなり、帰りの車内を心配しましたがライトキャロのリーダーを短くしたら同じ様に釣れ続いたので安心しました。

天気も釣果も回復傾向で良い1日でした。
1日ガイドありがとうございました。

固定リンク  2018年07月16日(月)  

[関連ページ]代表理事からのメッセージ

最近のエントリー

カテゴリ

年月アーカイブ

TOP