Internet Explorerでの正確な表示は保証できません。ご了承ください。NBCNEWS推奨ブラウザ: Firefox Chrome Safari

ゲーリーインターナショナル 総合学園ヒューマンアカデミーフィッシングカレッジ 釣りと観光のガイド プロショップオオツカ OSP

JB霞ヶ浦 第4戦 ルートフィッシングCUP
09月03日() 茨城県 霞ヶ浦

ストーリー

JB霞ヶ浦第4戦ルートフィッシングCUP概要写真 2017-09-03茨城県霞ヶ浦

2017JB霞ヶ浦シリーズ第4戦‘ルートフィッシング’カップ
JB霞ヶ浦シリーズ第4戦ルートフィッシングカップが9月3日に開催された。
前回の試合から2ヶ月経過し夏も終盤を迎えていた。秋の到来を感じさせる台風の接近により、前日は強風となり、前日に開催されたJBIIシリーズはエリアを限定しての開催となった。この日は朝のうちは台風の影響で風が強い予報であったが、朝から無風となった。日中も南寄りの風が吹いたが、それほど強くは吹かなかった。天候も台風一過の快晴となった。気温は朝のうちは寒いくらいで、最低気温で18度であった。日中は一気に気温は上昇し30度の真夏日となった。前日の結果と一気に天候が回復し気圧が上昇したことを考慮すると、釣果はかなり厳しくなると予想された。
全体的に釣果のあった場所を観ていると、ここの最近は雨が多かったこともあってかシャローでの釣果が多くなっていた。その他では流入河川での釣果も多く、まだ夏らしい場所にバスは多い感じであった。
今大会を制したのはベテラン星野和正。唯一の3キロ越えで優勝。2〜6位は約150gの間に5人が入る接戦となった。
年間優勝はJB霞ヶ浦シリーズ参戦1年目の早野剛史が獲得し、来年度のTOP50残留を一早く決めた。

TOP