Internet Explorerでの正確な表示は保証できません。ご了承ください。NBCNEWS推奨ブラウザ: Firefox Chrome Safari

ゲーリーインターナショナル 総合学園ヒューマンアカデミーフィッシングカレッジ 釣りと観光のガイド プロショップオオツカ OSP

JBII四国 第2戦 イマカツCUP
06月24日() 愛媛県 野村ダム

上位の釣り方

1位 江口俊介

エリア

肱川最上流から2本目の橋脚付近

釣り方

プラクティスでは、特に勝ちに繋がる要素は見えなかったが、プラ中に降った雨が夕方には上がった事から、「濁りからの回復・当日の晴天予報での水温上昇」を意識。試合当日の朝、水質が回復しつつある事を確認し、上流アタックを決行!
低水位の野村ダムにおいて、上流から2本目の橋脚が最もバスのストック量が多くサイズも良い事を、お互い陸っぱりロケの経験(特に金森)で知っていた為そこからスタート。
ここのバスは通常時、天才級の魚が多いが、濁りを逆手に取り騙す作戦。
前日の強烈な濁りと、低めの水温を意識し、魚が避難していると思われるインサイド側をシェードを意識し重点的に探る。
ボートはエレキの音により、バスをスクープさせない為にパワーポールで完全固定。
インサイドの程良い流れに対し、ドリフトで攻める事が有効と思い、急遽プロセンコージグヘッドワッキーをセレクト(スタート時にはセットしていなかった。)インサイドの緩めな流れを綺麗にドリフトする為、ワッキーヘッドのウェイトは0.4gをセレクト。
これをシェードをよりかなり上流側にキャストしシェードへと流し込む。
それがハマり、ナイスキーパーを含むラッシュで即リミットメイク。
このパターンが有効だと判明した為、2人で集中攻撃。ただペア戦である為、同リグながら5インチファットウィップをセレクトする事で互いのリグに波動の強弱を付ける。それが奏功し、当日の最大魚を釣って貰い9時までに3キロ超えのリミット達成。更にウェイトを積む為には、「ここしかない!」と判断し1日粘る覚悟を決める。
しかし、朝の時合だったのかここでバイトが途絶える。その後、時折ボイルが起こる事からベイトフィッシュライクなリグなど、様々なリグを試すがこちらは不発だったが、再び時合が訪れる事を信じジグヘッドワッキーをひたすら転がし続ける。すると、それまで橋脚を軸に起こっていたボイルが上流側で多発する事に気付く。思えば、バスのボイルの対象は鮎(時折、それを狙うハス)朝の段階では濁りを嫌いインサイドに溜まっていた鮎が水質の回復と水温の上昇で、上流にある瀬に苔をはみに移動した事を理解。ベイトは鮎だが、まだ完全にアフターから回復しきれていないバスの為、ボイルしていても捕食率は見た所低い。だからこそ、捕食しやすい流れてくるもの、つまりジグヘッドワッキーが効く事を確信し、上流側の瀬(濁りでボトムの地形は見えないが、金森はここの地形を完全に熟知。陸っぱりロケの経験値)にポジションをチェンジ。
そして、昼の時合に見事ハマり入れ替えを繰り返してタイムアップ。
試合中にパターンの理解時が深まっていく理想の試合展開でした。

タックルSet1

  • 5インチプロセンコー+エグジグワッキーヘッド0.4g
  • レイドジャパンプロト59UL
  • バンキッシュ2000s
  • 東レエクスレッド3.5lb

タックルSet2

  • ファットウィップ5インチ+エグジグワッキーヘッド0.4g
  • レイドジャパン グラディエーターアンチ ディフェンダー GA-63LS
  • バンキッシュC2500HGS
  • フロロカーボン4lb

メッセージ

2018年度のシーズン前半戦はTOP50・JB2四国共に各2試合ずつの計4試合を消化。全ての試合で表彰台をキープし、両シリーズ共に年間暫定首位。こうなったら両方年間狙うしかないですね!
後半戦は更にギアを上げて挑みます。


2位 宮本拓哉

エリア

・最下流取水塔ワンド
・稲生川中流域レイダウン

釣り方

・土バンクの岩にフットボールジグで撃つ
・レイダウンにノーシンカーのバックスライド

タックルSet1

  • フットボール1/2oz + ダッドカット4inch(スカートカット)
  • がまかつ LUXXE610MH
  • ダイワ
  • 14lb

タックルSet2

  • バックスライドクラーケン(Eコンフィデンス2) + ダブルエッジ#4/0
  • ロードランナーストラクチャー610MH
  • シマノ アルデバランMg7
  • 12lb

その他

サイトマスターキネティック + ラスターオレンジ (メガネのタカイ)

メッセージ

JB戦初お立ち台が準優勝と大変嬉しく思っております。
これは普段からいろいろなことを教えてくださる先輩方のおかげだと思っております。
野村ダムというフィールドは大変素晴らしいフィールドです。この場所で準備優勝できたことも嬉しいです。
梅原様をはじめとする地元明間地区の皆様、地元運営スタッフの皆様のおかげで素晴らしい大会が開催できていると思います。
本当にありがとうございました。

3位 大谷 貴志

エリア

中流域のフローティングカバー

釣り方

朝の上流のフィーディング狙いが不発だったので、日が高くなってからカバーのランガンに切り替えました。濃い目のカバーはネコリグのシェイクで、薄目のカバーはノーシンカーのフォールで狙いました。

タックルSet1

  • トルキーストレート3.8ネコリグ
  • ベイトフィネス
  • SS-AIR
  • シューターFCスナイパー 10lb

タックルSet2

  • ドライブスティック 3.5インチ ノーシンカー
  • ベイトフィネス
  • SS-AIR
  • シューターFCスナイパー 7lb

メッセージ

運営スタッフの皆さま、SACの皆さま、そして大会開催あたりご協力頂いております
地元明間地区の皆さまに心より感謝致します。

4位 大西弘也

エリア

中流スロープ側下流左カーブ手前のレイダウン  その少し下流のポケットのゴミ溜まり 

釣り方

ラバージグのカバー打ち

タックルSet1

  • キャスティングジグ1/2(菊元ブラック)キッカーバグ4.5インチ(ブラックブルーティップ)
  • ヘラクレス7
  • メタニウムmg7
  • シューター20lb

メッセージ

厳しかったですがパートナーの一本に救われた試合に、なりました このような大会が、できるのも役員スタッフの皆様 地元の方々の、お陰です ありがとうございました。

5位 牧野陽平

エリア

中流&下流域のカレントがあたる岩盤
最下流のブイ水深5〜6m

釣り方

岩盤エリアはフットボールのリフト&フォール、ズル引き
最下流ブイはリーダーレスダウンショットの中層ロングシェイク

タックルSet1

  • フットボールジグ3/8oz
  • スペラート65MH
  • ジリオンSV TW
  • 東レ・エクスレッド12lb

タックルSet2

  • ホッグ系ワーム2.5in/3.5gリーダーレスダウンショット
  • アサルト66ML
  • SS AIR
  • 東レ・エクスレッド8lb

メッセージ

今年初のお立ち台となりました。
内心、ホッとしていると共に大変嬉しく思っています。最終戦も頑張りたいと思います。
サポート頂いているガンクラフト様、東レ・モノフィラメント様、ありがとうございました。
そして、運営スタッフ&参加者の皆様一日お疲れ様でした。

TOP