Internet Explorerでの正確な表示は保証できません。ご了承ください。NBCNEWS推奨ブラウザ: Firefox Chrome Safari

ゲーリーインターナショナル 総合学園ヒューマンアカデミーフィッシングカレッジ 釣りと観光のガイド プロショップオオツカ OSP

NBCチャプター北浦第2戦東レバウオ・ブリッツエンCUP
06月18日() 茨城県 北浦

NBCチャプター北浦第2戦東レバウオ・ブリッツエンCUP概要写真 2017-06-18茨城県北浦

2017年度第2戦東レ・バウオ・BLITZENCupが6月18日に北浦の潮来マリーナを会場としてショア部門52名、ボート部門50名の参加で開催されました。
関東も梅雨入りする中で暑い日が続いていました大会当日は曇り空の中朝から冷たいが是が吹くコンデションとなった。時間が経過する毎に荒れる予報の中での開催となった。
ショア部門では28名の選手がバスを持ち込みその中での上位9名がキロオバーのバスを持ち込むハイウエイと名戦いになり、1,470gのビッグバスを持ち込んだ後藤穂高選手が優勝しました。
ボート部門では時間を追うごとに荒れてくる状況の中で、大変釣り辛い状況の中でも北浦を釣り込んでる選手が集まっているだけあり、36名の選手がバスを持ち込み、12名の選手がリミットメイクしました。
その中で田島昌和選手と藤村智広選手が3080gをそれぞれ持ち込みましたが、同ウエイトながらフライト順で田島昌和選手が優勝しました。2014年に年間を獲得している田島昌和選手ですが今回が初優勝となりました。
今回冠スポンサーの東レ・バウオ・BLITZEN様には素晴らしい協賛品を多数ご提供いただきました事、また協賛いただきました各協賛スポンサー様にこの場をお借りしてお礼申し上げます。

ボート部門成績表

氏名重量
1 田島昌和 3,080 3 30
2 藤村智広 3,080 3 29
3 井上泰徳 2,910 3 28
4 倉本剛 2,870 3 27
5 大高哲也 2,690 2 26
6 日置典重 2,660 3 25
7 江尻悠真 2,630 3 24
8 清水隆男 2,510 3 23
9 高橋拓也 2,510 3 22
10 望月昌宏 2,390 3 21
11 望月梓司 2,370 3 20
12 小林治 2,300 2 19
13 細田和広 2,190 2 18
14 梶山信之 2,120 3 17
15 浦塚剛志 2,000 3 16
16 小原誠 1,750 2 15
17 内田隆洋 1,120 1 14
18 猿橋朋浩 1,090 1 13
19 森正人 1,040 2 12
20 渡辺孝一 1,030 2 11
21 栗田翼 910 2 5
22 田中俊一 860 1 5
23 五味眞廣 850 1 5
24 小嶋孝明 830 1 5
25 小宮英明 750 1 5
26 内山裕 720 1 5
27 中根勉 690 1 5
28 小池孝 650 1 5
29 津久浦慶仁 650 1 5
30 岡田政行 620 1 5
31 鹿住大輔 590 1 5
32 青木敬一 510 1 5
33 古谷将伺 510 1 5
34 小古間努 490 1 5
35 田守慎 350 1 5
36 忽那隆祥 340 1 5
37 相馬雄基 0 0 5
38 柳岡昭寿 0 0 5
39 中林典昭 0 0 5
40 一瀬哲也 0 0 5
41 坂本和真 0 0 5
42 ワキアレキサンダー 0 0 5
43 村田茂穂 0 0 5
44 田所正行 0 0 5
45 澤田順行 0 0 5
46 岩井省悟 0 0 5
47 君嶋一慶 0 0 5
48 柏木昇 0 0 5
49 小西純 0 0 5
50 馬場拓也 -200 0 5

ショア部門成績表

氏名重量
1 後藤穂高 1,470 1 30
2 照沼祐二 1,300 1 29
3 木下清 1,180 1 28
4 檜山翔平 1,140 1 27
5 木下武 1,130 1 26
6 新井俊也 1,100 1 25
7 石川一光 1,040 1 24
8 大倉友彦 1,020 1 23
9 宮内淳 1,000 1 22
10 名雪聖矢 980 1 21
11 伊藤健二 780 1 20
12 川崎強 760 1 19
13 渡辺永治 750 1 18
14 上原充恵 730 1 17
15 上原昭彦 720 1 16
16 門家照泰 670 1 15
17 泉亮汰 650 1 14
18 堀内俊男 630 1 13
19 根本卓真 620 1 12
20 天下井優太 610 1 11
21 小島幹大 560 1 5
22 石崎雅之 550 1 5
23 五来元彦 300 1 5
24 土屋和彦 290 1 5
25 高橋敏行 280 1 5
26 六優人 270 1 5
27 柿澤幸雄 230 1 5
28 三村聡史 210 1 5
29 柿澤明美 0 0 5
29 土屋共之 0 0 5
29 平山貴玄 0 0 5
29 岸辺広志 0 0 5
29 鈴木陽一 0 0 5
29 飛田龍太郎 0 0 5
29 牧野忠 0 0 5
29 佐藤征文 0 0 5
29 安藤孝浩 0 0 5
29 菅井陽介 0 0 5
29 遠藤洋志 0 0 5
29 長澤政規 0 0 5
29 越川和幸 0 0 5
29 根本慎介 0 0 5
29 浪川正吉 0 0 5
29 青木隆之 0 0 5
29 豊田照夫 0 0 5
29 石田英二 0 0 5
47 浅野祐太 0 0 5
47 宮島駿介 0 0 5
47 兼田隆 0 0 5

上位の釣り方

NBCチャプター北浦第2戦東レバウオ・ブリッツエンCUP上位のフィッシングパターン写真 2017-06-18茨城県北浦

◆優 勝:田島昌和 選手
エリア :宇崎第2ドックの壁、山田ワンド北側の矢板周辺
リ グ :宇崎ドック:スイミーバレット5.5in 2.5gネコリグ、山田ワンド:4in高比重スティックベイト 1.8gフリーリグ
タックル:ネコリグ:フェンウィックGW68CMLP+J・フロロ10lb・15アルデバランKTF、フリーリグ:フェンウィックACES66CMLP+J・フロロ12lb・15アルデバラン
コメント:2014年に年間を取りましたが、実は今回が初優勝です。日頃からフェンウィックやFoxfire、サイトマスター等の良いツールをティムコからサポートして頂き優勝する事が出来ました。また、駐艇をしている潮来マリーナとマリーナの仲間達にも良くして頂き感謝です!最後に2戦続けて悪天候の中での開催でしたが事故や怪我も無く、普段と勝手が違う状況にもかかわらずスムーズな進行をして頂ける北浦チャプターのスタッフの皆様、ありがとうございます。

◆2 位:藤村智広 選手


エリア :宇崎の石積み、山田のアシ
リ グ :フロッグ(ラットンラッツ、白)、フォールスティック(グリパン)
タックル:LTT 630MH PE35p
コメント:次回も頑張ります!

◆3 位:井上泰徳 選手


エリア :釣れたエリア:北浦本湖(本湖東岸沖のハードボトム、会場前桟橋、中流域ドック、奈良毛、八幡ワンド
リ グ :メインはGスティックとバックスライド。フォローで2.7gダウンショットのルイ、沖のハードボトムはシャッドのスローリトリーブ
タックル:.轡礇奪 + ロッドtailwalk FULLRANGE C67L + ライン:FCスナイパーBMS AZAYAKA 7lb + ルアー:ハイカットDR + フック:ICHIKAWA_FISHING カマキリライトワイヤー #10 2.7gダウンショット + ロッド:tailwalk FULLRANGE S63UL + リール:OKUMA INSPIRA 2500S + ライン:FCスナイパーBMS AZAYAKA 4lb + ルアー:ベイトブレス ルイ + フック:ICHIKAWA_FISHING TG-1 #4
ノーシンカースティックベイト + ロッドtailwalk FULLRANGE C64M + ライン:FCスナイパーBMS AZAYAKA 12lb + ルアー:ベイトブレス Gスティック + フック:ICHIKAWA_FISHING プロトPK2 4/0 ぅ痢璽轡鵐ーバックスライド + ロッドtailwalk FULLRANGE C64M + ライン:FCスナイパーBMS AZAYAKA 14lb + ルアー:バックスライドワーム + フック:ICHIKAWA_FISHING プロト PK 5/0 ゥ痢璽轡鵐ーバックスライド + ロッド:tailwalk FULLRANGE C75XXH + ライン:ステューター60lb+ショックリーダー35lb + ルアー:バックスライド + フック:ICHIKAWA_FISHING プロト PK 5/0
コメント:前回優勝だったので、今回もしっかり釣るべく練習を重ね、パターンはかなり見えていたはずでしたが、当日は予想外の大荒れ予報。途中中止もあり得る状況だったので、手堅くスコアメイクした後、ビッグ狙いに本湖をランガン。9時前には3本揃って居たのですが、前日ビッグが連発していた場所は風がババ当たりで釣りにならず、途中エレキにも不具合が出て途中途中で漂流w。かなり苦戦しつつもラッキーフィッシュも入り、6本釣れて入れ替えし、結果的には運にも恵まれギリギリ3位フィニッシュ。次回も年間暫定1位を守れる様に頑張ります!

◆4 位:倉本剛 選手


エリア :石津エリア 石積堤防1.5m
リ グ :バンタム パブロシャッド59SPMR チャートホワイト
タックル:ロッド:キラーヒート ストラーダレッドKS-S63L-MLST + リール:シマノ ツインパワー2000S + ライン:サンライン シューターFCスナイパー4ポンド
コメント:第1戦に続き第2戦でも4位入賞出来て嬉しいです。シャッドマイスターを目指して練習してます。シャッドで優勝出来るよう頑張ります。大荒れのなか運営スタッフの皆さん、参加選手の皆さんお疲れ様でした。次回も宜しくお願いします。

◆5 位:大高哲也 選手


エリア :常陸利根川の風が当たる脚、北浦本湖
リ グ :フロッグBFカバージク BATTLE HOG 2.6
タックル:GLADIATOR Anti GA-611HC. Blaster GA-65. PBF. Power Bait Finesse
コメント:日々色々とサポートを頂いているRAIDJAPAN様に感謝申しあげます。また、運営スタッフの皆様お疲れ様でした。年間1位の井上プロに追いつくぞ〜w

TOP