Internet Explorerでの正確な表示は保証できません。ご了承ください。NBCNEWS推奨ブラウザ: Firefox Chrome Safari

ゲーリーインターナショナル 総合学園ヒューマンアカデミーフィッシングカレッジ 釣りと観光のガイド プロショップオオツカ OSP

NBCチャプター和歌山第1戦ベイトブレスCUP
04月23日() 和歌山県 七川ダム

『あふれるほどのチョー満水。』

桜の名所として有名な七川ダム。
トーナメントウィークまでに、まとまった雨が降り、あれよあれよという間に「超」がつく程の満水状態。
この時期は景観重視の観点からいつもより少〜し水を多めに貯めることがあるのですが…。
にしても、ちょっと貯め過ぎ…。
フィールド環境は相当厳しい状況でしたが、トーナメント当日は朝一番の冷え込みが強かったものの、日中はTシャツで過ごせるほどの快晴となりました。
そんな中、チャプター和歌山シリーズが開幕いたしました。

冠スポンンサー『ベイトブレス』様から西の営業マン松本様に今年もお越しいただき、ご挨拶では『ウェイン率100%』の注文が出され、フル満水の水位以上に高〜くハードルが設定されました。(笑)

普段ならエレキのみでもどうにか全体を見て回れるほどのフィールド規模なのですが、水位上昇でエリアは大幅に拡大。
今回ばかりは、川筋の選択を間違えると、ほぼ取り返しがつかず、機動力が乏しいエレキ戦ならではの戦略が必要となりました。
このフル満水と季節の進行をどう攻略するかで釣果に差が出た試合結果でした。

そんな中ででも釣ってくる人は釣ってくる。
試合前には「○試合連続ノーフィシュ中。ウェインのしかた忘れた…。」と自虐コメントを漏らしていた元TOP50の北山睦プロがエリア戦略とバスのコンディションを見極め、3,399gのトップウェイトを持ち込み優勝しました。

最後になりましたが、たくさんの賞品の提供、わざわざ会場までお越しいただき出展ブースまで開設いただくなど、大会を盛り上げていただきましたこと『ベイトブレス』様に感謝申し上げます。

成績表

氏名重量
1 北山睦 3,399 3 30
2 澤村潤 3,027 3 29
3 田中正典 2,868 3 28
4 玉井啓斗 2,457 3 27
5 和田義和 2,356 3 26
6 石井伸幸 2,189 3 25
7 谷口祐一 2,011 3 24
8 宮尾貴敏 2,005 3 23
9 奥出一夫 1,881 3 22
10 徳原靖剛 1,627 3 21
11 寺坂正明 1,619 3 20
12 森口高幸 1,615 3 19
13 石戸明人 1,590 3 18
14 松田直樹 1,525 3 17
15 奥野暢久 1,458 3 16
16 別所茂 1,450 3 15
17 竹本浩和 1,408 3 14
18 平山晃生 1,165 2 13
19 竹田達矢 1,098 2 12
20 井谷匡孝 1,082 2 11
21 杉田陽彦 856 2 5
22 沖之島達也 708 1 5
23 宮崎康治 626 1 5
24 山形いつむ 594 2 5
25 寺坂和義 462 1 5
26 谷口真一 283 1 5
27 那須大士朗 0 0 5
28 楠本昇 0 0 5
29 伊上常男 0 0 5

上位の釣り方

優勝  北山睦プロ 3,399g


エリア  平井川 上流域
   リグ   パワークローラー DS
        レインボーシャッド I字引き
        サイコロラバー
   釣り方  最大魚はサイト

準優勝  澤村潤プロ 3,027g


エリア  添野川 上流域
   リグ   エコスワンプミニ(スカッパノン、DS)
   釣り方  サイト

3位  田中正典選手 2,868g


エリア  添野川 上流域
リグ  エコスワンプミニ(スカッパノン、DS)
   釣り方 最大魚はサイト

4位  玉井啓斗選手  2,457g


   エリア  ダムサイト方面、黒谷
   リグ   ドライブシャッド(ノーシンカー)
   釣り方  最大魚は黒谷。目視できる水深を超スロー引きでひたすら巻く。

5位  和田義和選手  2,356g


   エリア  平井川 上流域
   リグ   エコスワンプミニ(スカッパノンDS)
   釣り方  サイト、半サイト

写真

TOP