Internet Explorerでの正確な表示は保証できません。ご了承ください。NBCNEWS推奨ブラウザ: Firefox Chrome Safari

ゲーリーインターナショナル 総合学園ヒューマンアカデミーフィッシングカレッジ 釣りと観光のガイド プロショップオオツカ OSP

NBCチャプター奥河口湖第3戦ハンクルCUP
07月30日() 山梨県 河口湖

NBCチャプター奥河口湖第3戦ハンクルCUP概要写真 2017-07-30山梨県河口湖

梅雨明けした河口湖ですが、接近している台風の影響か?、大会前 数日間天気の悪かった河口湖。前日からの雨で、その辺も考慮し、ネイティブ、放流、それぞれの責め分けた選手が上位に、はいったように感じました。ウェインは50%と思ったより厳し目の中、第5位はフィーディングのタイミングを合わせた松井直樹選手、第4位は前試合で優勝のスモラバの名手、永野浩プロ、第3位は同じ週にあった河口湖B、チャプターヒューマン富士河口湖校と2連覇の常勝 藤田京弥プロ、準優勝に、奇抜なルアーの発想が面白く練習熱心な山口重人プロ、優勝は、第1戦 5位、第3戦2位で暫定年間TOPで、今回も優勝でぶっちぎの永松洋介プロ。今回は、冠HMKL様 新商品のHMKL プロップKINGを使った選手が優勝、準優勝のルアーでヤバイです! ぜひ、お使いください。
第3戦 冠の「HMK」様には、沢山すぎるHMKLルアーを協賛していただき、泉社長ありがとうございました。又、河口湖で大人気のジョーダンですが、限定 河口湖&西湖スペシャルカラーを提供していただいき、HMKLセミナーもしていただいたHMKLサポート選手の平原プロ、個人協賛をしていただいた、小林様(こばちゃん)、財津様、本間様、備品等を貸していただいてる、さかなや様、皆様のおかけで、大変盛り上った大会となり、ありがとうございました。この場を借りて、御礼を申し上げます。

次回第4戦は9/10(日) 西湖洋食屋「HANASHINOBU」CUPが開催されます。こちらも沢山の賞品を用意しただけると聞いていますので、ぜひ選手お誘いの上、お越しください。スタッフ一同、お待ちしております。 (報告&写真:お)

成績表

氏名重量
1 永松洋介 4,480 5 40
2 山口重人 3,460 2 39
3 藤田京弥 2,560 5 38
4 永野浩 2,060 1 37
5 松井直樹 1,380 1 36
6 出村政孝 1,260 2 35
7 平原慶太 1,220 1 34
8 高田武幸 1,100 1 33
9 天野雄太 1,080 1 32
10 呰喜彦 980 1 31
11 吉田真長 980 2 30
12 上野敏宏 920 2 29
13 酒井忠之 680 2 28
14 杉本晃一 660 1 27
15 國玉青空 640 1 26
16 石原淳一 560 1 25
17 森規 360 1 24
18 野村武史 0 0 5
19 豊嶋仁 0 0 5
20 村上潤 0 0 5
21 小島忠司 0 0 5
22 椎野禎一郎 0 0 5
23 高田良介 0 0 5
24 新田建 0 0 5
25 本田和士 0 0 5
26 小川忠利 0 0 5
27 井口淳夫 0 0 5
28 勝俣朝矢 0 0 5
29 阿部貴樹 0 0 5
30 大塚誠司 0 0 5
31 大内直美 0 0 5
32 後藤崇宏 0 0 5
33 牧野綱汰 0 0 5
34 岡本秀斗 0 0 5

上位の釣り方

NBCチャプター奥河口湖第3戦ハンクルCUP上位のフィッシングパターン写真 2017-07-30山梨県河口湖

優勝:永松 洋介プロ(河A6)5本 4,480g
【ポイント】 ハワイ前、周辺
【リグ】HMKLプロップKING65SPキャロ、スモラバ1/20oz
【釣り方】KBHで朝買ったプロップKINGをエイヤーっと投げたらゴツンと1700g、 愛しのアナタを3本、その後キロオーバーがゴツン!
【一言】沼津生まれ沼津育ちの永松洋介です。HMKL新作プロップKINGに助けられてなんとか勝ちました!河口湖はこれから良い季節になります、是非河口湖に遊びに来てください!チャプター奥河口湖はアットホームな大会なので初めての方も安心!皆様も参加されてはいかがでしょうか(^^)

準優勝:山口 重人プロ(河A61) 2本 3,460g (-500gペナ)
【ポイント】二ノ瀬
【リグ】HMKL プロップKING(新商品/河口もっと元気))のテキサスリグ(1.8g)    自作ラバージグ(3.5g)+ 豚ラビット(黒)
【釣り方】KINGのテキサスは3m位のベイトの層に合わせマキマキ。 ラバージグはブレイク(5〜6m位)
【一言】マイブームのプロップのテキサスで入賞できて本当にうれしいです。HMKL新商品の買物をお願いした大場会長、魚のケアでアドバイスくださった財津副会長、前田さん、スタッフ・選手の皆様、釣れてくれたバス君、ありがとうございます。プロップベイトのテキサスは釣れますよ。

第3位:藤田 京弥(M105)5本 2,560g
【ポイント】漕艇場、小海ジャンプ台
【リグ】GENKIポークノーシンカー、1.3gスモラバ
【釣り方】投げてちょこちょこする
【一言】サポートして頂いている5150products様いつもありがとうございます。4戦連続表彰台に向けて次もがんばります。

第4位:永野 浩(河A17)1本 2,0760g
【ポイント】小海、鵜の西、東7-8m
【リグ】3/32ozスモラバ
【釣り方】今回は強めのシェイク後のポーズで丸飲みでした。
【一言】スポンサー頂きますZファクトリー様、運営スタッフの皆様に感謝致します。

第5位:松井 直樹(NBC57432 )1本 1,380g
【ポイント】二ノ瀬から三ノ瀬にかけてのウィードアウトサイドの5m【リグ】ポークルアー(グリパン)のネコリグ、1/16oz
【釣り方】ウィードのアウトサイドに沿わせながら細かくシェイク。ウィード に引っかかったら軽く上方向にシェイクして外し、フォールさせる。
【タックル】6.3ftスピニングロッド、2000番スピニングリール、3LBライン
【一言】骨折明けの大会で入賞でき、出場して良かったです。運営スタッフの 皆様、いつも楽しい大会を開催していただき、ありがとうございます。

TOP