Internet Explorerでの正確な表示は保証できません。ご了承ください。NBCNEWS推奨ブラウザ: Firefox Chrome Safari

ゲーリーインターナショナル 総合学園ヒューマンアカデミーフィッシングカレッジ 釣りと観光のガイド プロショップオオツカ OSP

NBCチャプター岡山第1戦メガバスCUP
04月09日() 岡山県 高梁川

NBCチャプター岡山第1戦メガバスCUP概要写真 2017-04-09岡山県高梁川

2017年チャプター岡山第1戦、メガバスCUPが4月9日、岡山県・高梁川で開催された。

毎年厳しい釣果の続く第1戦。今年も例年通りの厳しい開幕戦となったが、3キロオーバーが持ち込まれるなど春らしいバスの姿が見られた。

そんな第1戦を制したのは、地元OP大会では上位常連中の常連でもある平松成夫選手。プラで良かったエリアをノーシンカーとスイムベイトで攻め、3キロオーバーのスーパーキッカーをウエイン。参戦3年目で嬉しい初優勝を2位に2キロ近い差をつけ、ぶっちぎりで手にした。準優勝には、昨年も初戦に3位入賞を果たしている松本泰明選手。この時期ではあまり聞かない最上流でのクランキングで2キロオーバーを持ち込んだ。3位には奇跡のチャターの生みの親でもある戸田康平選手。下流域をノーシンカーで攻めて2本ゲット。約6年ぶりとなる入賞となった。4位には昨年JB旭川年間1位、チャプター旭川、岡山で年間2位と、岡山を代表するアングラーに成長した守屋明斉選手。プラで厳しいと感じ、下流域の2〜3mラインをライトリグで攻略。今年も好スタートを切った。5位には今までに数々の伝説を築き、昨年のチャプター岡山年間チャンピオンでもある井筒正俊選手。下流域をライトリグで攻めて貴重な1本をウエイン。連覇に向けて最も難関とされる開幕戦を先ずはクリアした。

今大会開催にあたりご協賛頂きましたメガバス株式会社様には多くの商品をご提供頂、今大会を盛り上げて頂きました。この場をお借りしてお礼申し上げます。

成績表

氏名重量
1 平松成夫 3,906 2 30
2 松本泰明 2,030 1 29
3 戸田康平 1,844 2 28
4 守屋明斉 1,266 1 27
5 井筒正俊 1,062 1 26
6 横山貴之 714 1 25
7 藤本俊明 698 1 24
8 日谷浩一 638 1 23
9 細川修平 0 0 5
10 土肥建志 0 0 5
11 鈴木健二 0 0 5
12 有木隆記 0 0 5
13 塩見友広 0 0 5
14 千葉潤一 0 0 5
15 宝子丸憲康 0 0 5
16 益田剛 0 0 5
17 林克典 0 0 5
18 大森啓晶 0 0 5
19 竹中竜一 0 0 5
20 佐々木英樹 0 0 5
21 三宅弘 0 0 5
22 岩崎徹 0 0 5
23 百々洋人 0 0 5
24 池本清 0 0 5
25 西平和人 0 0 5
26 那須仁司 0 0 5
27 小寺秀昌 0 0 5
28 小郷順弘 0 0 5
29 武下和宏 0 0 5
30 田渕文久 0 0 5
31 中田淳志 0 0 5
32 矢野義満 0 0 5
33 原田宏志 0 0 5
34 杉元雄一 0 0 5
35 岩佐洋志 0 0 5
36 岩崎理 0 0 5
37 川畑尚久 0 0 5
38 馬場一学 0 0 5
39 渡邊一輝 0 0 5
40 寺本一生 0 0 5
41 坂原博登 0 0 5

上位の釣り方

NBCチャプター岡山第1戦メガバスCUP上位のフィッシングパターン写真 2017-04-09岡山県高梁川

優勝 平松成夫選手



ロッド: DeeZ FDNS-60UL DeeZ FDNC-610MH
リール: バンキッシュ メタニウムMG
ライン: バニッシュ4ポンド、14ポンド
ルアー: OSPドライブクローラー5.5 ビビットクルーズ150
リグ/ウエイト: ノーシンカー
タクティクス: プラで良かったところを回る。ロックエリアの中層をメインに考えて、ノーシンカーとスイムベイトを選択した。

コメント: いつも釣りに行かせてくれる家族に感謝します。


準優勝 松本泰明選手



ロッド: MACCA / HIDEUP
リール: カルカッタ200
ライン: デットオアアライブ
ルアー: HU-300 リフレクトゴールド 
タクティクス: 前プラの時からクランクで上流で釣れていたので、朝一番から上流に行きました。最上流のロックエリアで、HUクランクをロックにぶつけて浮かせる釣りで45センチぐらいのバスを掛けるもフックアウトしてしまったのですが、そのままHUクランクを投げ続け立て続けにバイトがありキャッチ出来ました。

コメント: いつもサポートして頂いているTRIBE様、HIDEUP様、バックウォーター様、仲良くして貰ってるTRAIBEメンバー、優しい先輩達に感謝です。


3位 戸田康平選手



ロッド: 63L 
リール: ルビアス2506
ライン: 東レ エクスレッド4ポンド
ルアー: OSPドライブクローラー4.5
リグ/ウエイト: ノーシンカー
タクティクス: プリスポーンの上がってくる所を巻物で廻ってみたが反応がなく、旧霞橋玉島側上の張り出しでノーシンカーで雨のタイミングで2本釣り、その後何か所か廻ったが釣れなかった。

コメント: いつもお世話になっているイマカツ様、宮一様、チームの皆さん、家族に感謝します。


4位 守屋明斉選手



ロッド: デュミナススーパーコンペディション 510UL-AS
リール: ヴァンキッシュ2500S
ライン: エクスレッド4ポンド
ルアー: ストレートワーム
リグ/ウエイト: エグジグワッキーヘッド1/16
タクティクス: 前日プラで全域を見たところ、スポーニング前でナーバスになっている印象を受けたので、「1段下」をライトリグという戦略で挑みました。タックルはこの時期鉄板のスーパーコンペディション 510UL×エグジグワッキーヘッド。下流域の2〜3mラインで釣りました。


コメント: スポンサードして下さるジャクソン様、釣具の宮一様、仲良くして下さる皆さん、釣りに行かせてくれる嫁さんに感謝します。ありがとうございました。


5位 井筒正俊選手



ロッド: スピニング66L
リール: 2500
ライン: 5ポンド
ルアー: ストレート5インチ
リグ/ウエイト: ネコリグ
タクティクス: 下流の玉島側の水門前のブレイクに隣接しているゴロタ石にライトリグで。

コメント: 釣りに行かせてくれる家族に感謝します。

TOP