Internet Explorerでの正確な表示は保証できません。ご了承ください。NBCNEWS推奨ブラウザ: Firefox Chrome Safari

ゲーリーインターナショナル 総合学園ヒューマンアカデミーフィッシングカレッジ 釣りと観光のガイド プロショップオオツカ OSP

NBCチャプター岡山第3戦キサカマーキュリーCUP 06月12日() 岡山県 高梁川

NBCチャプター岡山第3戦キサカマーキュリーCUP概要写真 2016-06-12岡山県高梁川

2016年チャプター岡山第3戦、キサカ・マーキュリーCUPが、6月12日、岡山県・高梁川で開催された。

週の前半にまとまった雨が降って、濁りが入ってお陰で、プラでは好調の選手もいたようだが、予想より早く濁りがとれてしまい、当日は厳しいコンディションでの試合となってしまった。

そんな第3戦を制したのは、岡山からTOP50に参戦して活躍を続けている小林知寛プロ。シャロー撃ちで唯一リミットメイクに成功し、5キロに迫る好ウエイトで、ぶっちぎりでの優勝となった。準優勝にはベテランの三浦純一選手。下流の水門を得意のジグヘットワッキーで攻め、2キロオーバーを持ち込んだ。3位には昨年の第4戦の優勝者である林克典選手。前日より濁りや流れが弱く変化した事に気付き、ライトリグで2本をウエインした。4位には今年からチャプター岡山に参戦の渡邊一輝選手。プラから掴んでいたアフター狙いで、グットサイズをゲット。参加3戦目にして嬉しい初入賞となった。5位には前回優勝の井筒正俊選手。厳しい状況下、得意のカバーの釣りで貴重な1本を絞り出し、前回お立ちでの年間タイトル奪還宣言の実現に向けて、第3戦終了時点の年間暫定1位につけた。

今回協賛頂きました株式会社キサカ様の方からは、今年も山口様がお越し下さいました。ステーサーのニューモデルを展示頂き、多くの選手が足を止めていました。試合中には筆者も山口様のご厚意で乗せて頂き、競技中の選手の撮影に出船。とても安定感のあるボートで、岡山のフィールドにはピッッタリだと思いました。また沢山の豪華商品のご提供、プレゼンターとして、今大会を盛り上げて頂きました。この場をお借りしてお礼申し上げます。


成績表

氏名重量
1 小林知寛 4,917 3 30
2 三浦純一 2,370 1 29
3 林克典 2,128 2 28
4 渡邊一輝 1,956 1 27
5 井筒正俊 1,937 1 26
6 津国大輔 1,716 1 25
7 原田宏志 1,495 1 24
8 近藤哲平 1,253 2 23
9 宇野堅二 800 1 22
10 宝子丸憲康 363 1 21
11 梶尾典正 240 1 20
12 後田誠一 193 1 19
13 有木隆記 0 0 5
14 千葉潤一 0 0 5
15 玉木直也 0 0 5
16 平松成夫 0 0 5
17 大森啓晶 0 0 5
18 那須仁司 0 0 5
19 西平和人 0 0 5
20 杉元雄一 0 0 5
21 佐々木英樹 0 0 5
22 百々洋人 0 0 5
23 塩見友広 0 0 5
24 益田剛 0 0 5
25 細川修平 0 0 5
26 青山和広 0 0 5
27 松本泰明 0 0 5
28 小谷睦 0 0 5
29 小郷順弘 0 0 5
30 岩崎徹 0 0 5
31 田渕文久 0 0 5
32 戸田康平 0 0 5
33 助迫啓吾 0 0 5
34 守屋明斉 0 0 5
35 横山貴之 0 0 5
36 武下和宏 0 0 5
37 中田淳志 0 0 5
38 竹中竜一 0 0 5
39 鈴木健二 0 0 5
40 藤本俊明 0 0 5
41 横宮裕一 0 0 5
42 土肥建志 0 0 5
43 三島毅士 0 0 5
44 川畑尚久 0 0 5
45 馬場一学 0 0 5
46 坂原博登 0 0 5

上位の釣り方

NBCチャプター岡山第3戦キサカマーキュリーCUP上位のフィッシングパターン写真 2016-06-12岡山県高梁川

優勝 小林知寛プロ



ポイント: 上流域
ロッド: スーパーエクスプロージョン、スーパーデイトネーター
リール: メタニウムXG
ライン: バスザイルPE6.5、バスザイルR16
ルアー: キッカーフロッグ、キャスティングジグ3/8+キッカーバグ 
タクティックス: タイミングを合わせてシャローを撃つ。朝一は浮きが悪かったので、カバーをジグで撃って行き、バスが見え出したので、フロッグで岸を丁寧に撃って行った。

コメント: TOP50も頑張ります。


準優勝 三浦純一選手



ポイント: 下流域
ロッド: ロードランナーHV610LS
リール: シマノ
ライン: フロロ4ポンド
ルアー: ラッテリー
リグ/ウエイト: ジグヘッドワッキー 1.8g
タクティックス: 先週の旭川戦(高梁川)で良かった下流の水門をジグヘッドワッキーをホールさせてずる引く。

コメント: 応援してくれてる友達に感謝します。


3位 林克典選手



ポイント: 上流域
ロッド: 63L
リール: ベイトリール
ライン: 7ポンド
ルアー: エコカットテール
リグ/ウエイト: 1.3g
タクティックス: 前日より濁り・水量等弱くなっていたので、ショアラインはあまりないと思い、流心からやや外れた程よいスポットを選択して、スロープ上流のエリアに入り、早い段階で1本目が釣れて、同様の条件のJRに入りバラシ。また1本目のエリアに入り直してすぐ釣れて、それ以降は何も無しです。

コメント: 快く送り出してくれる家族に感謝しています。


4位 渡邊一輝選手



ポイント: 上流域
ロッド: ファクトHST
リール: メタニウム
ライン: EC 16ポンド
ルアー: エッグボール
リグ/ウエイト: フットボールジグ3/8
タクティックス: プラでアフターがフットボールで釣れたので、当日も、フットボールでゆっくりした動きで釣っていきました。

コメント: 今年からトーナメントに参加していますが、皆さん優しくして頂きありがとうございます。これからもよろしくお願いします。


5位 井筒正俊選手



ポイント: 中流域
ロッド: 71XH
リール: ジリオン
ライン: 20ポンド
ルアー: ダットカット4インチ
リグ/ウエイト: テキサス5g
タクティックス: プラでは見えるアフターの魚をサイトで狙う予定だったが消えてしまっていた。カバーで1本釣れて、その後も撃っていったがそのまま終了。

コメント: スタッフの皆さん、雨の中お疲れ様でした。

TOP