Internet Explorerでの正確な表示は保証できません。ご了承ください。NBCNEWS推奨ブラウザ: Firefox Chrome Safari

ゲーリーインターナショナル 総合学園ヒューマンアカデミーフィッシングカレッジ 釣りと観光のガイド プロショップオオツカ OSP

NBCチャプター琵琶湖第1戦イマカツCUP 04月10日() 滋賀県 琵琶湖

NBCチャプター琵琶湖第1戦イマカツCUP概要写真 2016-04-10滋賀県琵琶湖

春の穏やかな天候に恵まれNBCチャプター琵琶湖第1戦「イマカツCUP」が開催されました。大会直前の大潮絡みで、一気に多くの個体がスポーニングエリアに「差して」きた感もあり、そのあたりの季節の変化も踏まえ、どのような結果が出るのか注目された。

上位パターンを見ても、エリアも水深も釣り方もまちまちで、広く様々な状態の魚を狙える状況にあるようで、それぞれ春のマイゲームを押し通す展開に。

優勝の浅野選手は琵琶湖クオリティーな60UPの4キロオーバーを含む6キロ後半のウェイトを持ち込み、ブッチギリの重さでの勝利となりました。

毎年、開幕戦の冠を持って頂いてます「螢ぅ泪ツ様」からは多くの協賛をして頂き有難うございました。

また、今回も大会会場に出張で出店頂いた「たこや喜 げんばLEGEND」様も、大人気の美味しい「たこ焼き」を用意頂き有難うございました。

次戦VAGABOND CUPはゴールデンウィーク明けの5/15の予定。またどんな大会結果になるのか今から楽しみです。

成績表

氏名重量
1 浅野弘充 6,740 3 50
2 ミゲルサントス 5,420 3 49
3 岩田健司 4,720 3 48
4 中山和也 4,220 3 47
5 酒井信斉 4,150 3 46
6 山本隆広 3,780 3 45
7 中矢将之 3,610 3 44
8 熊川匡士 3,580 3 43
9 西城雅昭 3,540 3 42
10 松中涼 3,180 3 41
11 中西紀章 3,140 3 40
12 寺田裕貴 3,080 2 39
13 林鋭治 3,020 3 38
14 牧浦伸行 3,000 3 37
15 辻大吾 3,000 3 36
16 内山智貴 2,750 3 35
17 中村大介 2,510 2 34
18 廣江俊臣 2,470 3 33
19 山田顕義 2,460 3 32
20 粟津裕貴 2,430 3 31
21 市川哲也 2,370 2 30
22 奥嘉弘 2,240 3 29
23 武田哲也 2,220 3 28
24 木村慶彦 2,140 1 27
25 岩前貢正 2,050 3 26
26 加藤学 1,990 2 25
27 村橋宗英 1,920 2 24
28 日置隆宏 1,840 3 23
29 久木淳弘 1,830 3 22
30 宮脇良浩 1,820 2 21
31 村田直紀 1,770 3 20
32 清水崇 1,740 3 19
33 山中達矢 1,660 2 18
34 軸屋達也 1,650 1 17
35 大林春樹 1,640 2 16
36 太田雅也 1,620 2 15
37 上田恭弘 1,610 1 14
38 亀割賢二 1,590 1 13
39 森安信男 1,570 3 12
40 當舎信昭 1,510 3 11
41 田仲正明 1,410 2 5
42 横山直人 1,370 1 5
43 西谷明 1,340 1 5
44 菅俊貴 1,280 3 5
45 山下裕史 1,210 3 5
46 木下基信 930 1 5
47 辻村光宗 870 2 5
48 廣渡孝幸 820 2 5
49 浜田昌光 780 1 5
50 八澤正成 750 1 5
51 新田龍平 730 1 5
52 久保雅広 470 1 5
53 塩田晃 450 1 5
54 瀧川良則 390 1 5
55 井上心路 370 1 5
56 鵜飼良 0 0 5
57 北田学 0 0 5
58 村上明生 0 0 5
59 森龍也 0 0 5
60 長谷川巨樹 0 0 5
61 南正之 0 0 5
62 赤井健二 0 0 5
63 井上幸治 0 0 5
64 駒田都一 0 0 5
65 奥西伸介 -200 0 5

上位の釣り方

NBCチャプター琵琶湖第1戦イマカツCUP上位のフィッシングパターン写真 2016-04-10滋賀県琵琶湖

【優勝】浅野弘充選手 6740g(3本)
浜大津プリンスホテル沖 エコカットテール4inの1.3gDS。
赤野井シャローにて、エバーグリーン スイミングトゥルーパーとHIDE UP スタッガー5in組み合わせのスコーンリグを巻いて。
(使用タックル)ダイワTDバトラー+シマノ コンプレックス2500HGS、ダイワ ブラックレーベル+シマノ コンクエスト200DC

【2位】ミゲルサントス選手 5420g(3本)
浚渫エリアとアクティバで、ダイワ ハイドロハンド8inを2.2gのネコリグで使用。浮かせずしっかり沈めるように動かす。 (使用タックル)ベイトフィネスで7lbライン使用

【3位】岩田健司選手 4720g(3本)
東岸シャローにてHIDE UP HU-70(カラー;ガングレープSPクローダット)をリップラップ、マンメイド、柵等にタイトに攻めて当て込んで、ヒラを打たせてリアクションバイトで喰わせる。
(使用タックル)ロッド MACCA HUMC-71G (グラス)プロトタイプ、 リール ABU Revo POWERCRANK 5 Y×T FUSION TUNE、 ライン ノガレス デッドオアアライブ フロロ14lb、 ルアー HIDEUP HU-70 カラー ガングレープ、SPクローダット ノガレス ゼロフリクショントリプルフック

【4位】中山和也選手 4220g(3本)
西岸マリックス前から、大会会場のビワコマリン前のシャローにて、スナイプ バキューム2.5inのショートリーダーDSを使用してのサイトオンリー。
(使用タックル)エバーグリーン フォースグランディス+シマノ メタニウムMG+10lbライン

【5位】酒井信斉選手 4150g(3本)
東岸葉山川沖で、エバーグリーン ボウワーム6in、1/16ozネイルシンカー使用のネコリグにて浚渫のショルダー攻め。
東岸赤野井2mレンジにて、PDチョッパー1/2oz+ドライブシャッドのスコーンリグを使用。
(使用タックル)エバーグリーン スカイマスターLV、サンライン目探インビジブル5lb、
EGボウワーム6in、レインシンカー1/16oz
エバーグリーン スタリオンOTM、サンラインFCスナイパー14lb、PDチョッパー1/2oz+ドライブシャッド。

TOP