Internet Explorerでの正確な表示は保証できません。ご了承ください。NBCNEWS推奨ブラウザ: Firefox Chrome Safari

ゲーリーインターナショナル 総合学園ヒューマンアカデミーフィッシングカレッジ 釣りと観光のガイド プロショップオオツカ OSP

NBC陸釣りクラブ和歌山第4戦道楽箱CUP 07月17日() 和歌山県 紀の川

NBC陸釣りクラブ和歌山第4戦道楽箱CUP概要写真 2016-07-17和歌山県紀の川

7月17日(日)は、NBC陸釣りクラブ和歌山の第4戦
道楽箱CUPが開催されました。
スタート前に少し雨がパラついて天気も心配されましたが、皆さんの日頃の行いもあって、すぐに止み1日中曇りでローライトの中
釣りのしやすい大会となりました。
キーパーぎりぎりサイズから40アップまで、数も釣れて面白い
トーナメントとなりました。抽選会でも豪華賞品も協賛して頂いた事で大盛況で迎える事が出来ました。今回の冠スポンサー様である
「道楽箱」様ありがとうございました。暑い中、運営スタッフの皆様、
参加選手の皆様お疲れ様でした。
次回は最終戦。
8月28日(日)エハ゛ーク゛リーンCUPです。
紀ノ川シリーズ第5戦もよろしくお願いします。

成績表

氏名重量
1 森田申介 1,195 1 30
2 渡部恭孝 1,160 1 29
3 佐久間尚之 880 1 28
4 椋木俊博 850 1 27
5 鈴木章太郎 480 1 26
6 北本健太 425 1 25
7 今西勝大 425 1 24
8 大藪孝信 335 1 23
9 梶谷浩士 270 1 22
10 崎山小弥太 225 1 21
11 川上誠治 205 1 20
12 鳴海康文 0 0 5
13 佐藤昇吾 0 0 5
14 大友哲也 0 0 5
15 丸岡弘明 0 0 5
16 長谷川晃一 0 0 5
17 森本悠紀 0 0 5
18 宮井栄輔 0 0 5
19 藤井健 0 0 5
20 滝本太郎 0 0 5
21 芝田昂平 0 0 5
22 渡辺敦史 0 0 5
23 橋本諒平 0 0 5
24 川崎真弥 0 0 5
25 松尾康尚 0 0 5
26 佐藤秀幸 0 0 5
27 橋本誠 0 0 5
28 和田格 0 0 5
29 古瀬浩介 0 0 5
30 岡本三徳 0 0 5
31 西野裕紀 0 0 5
32 船富祐樹 0 0 5

上位の釣り方

NBC陸釣りクラブ和歌山第4戦道楽箱CUP上位のフィッシングパターン写真 2016-07-17和歌山県紀の川

優勝 森田 申介 選手


エリア北側の北田井ノ瀬橋から300m下流の沖にある馬の瀬でデカバスに狙いを絞りジャッカル社さんのヤミー4.5インチ(グリーンパンプキン)のワッキーリグをリフト&フォールで 44.5センチ
1,195g を手中に収め栄冠に輝きました。森田 選手は前回の優勝も2年前の道楽箱CUPと相性が良いようですね。森田 選手
優勝おめでとうございます。

準優勝 渡部 恭孝 選手


同じくエリア北側の下流インレット付近でプラで見つけていたポイントに朝一2投目でゲット!得意のマイラーミノーで食わなかった魚が沖に沈んでいった3m先にスモークのスモラバでフリーフォールで 43.5センチ 1,160gを仕留めた。渡部 選手も年間3連覇を狙っているだけに嬉しい1本となりました。

第3位 佐久間 尚之 選手


本流筋の上流にある水路の入り口にある岬のカバーでボイルが発生してクオン社のエグジグハイパーにオカエビ2.5(スモーク)を表層シェイクで39.5センチ 880gを食わせる事に成功。
時間ギリギリでしたが入れ替えに成功して堂々の3位につけた。

第4位 椋木 俊博 選手


エリアの北側で下流域の大き目のブッシュ横で、多くのバスが回遊しながら休んでいるのを先週のプラで確認していたので、なるべくプレッシャーを与えない様にして、ジャッカル社のフリックシェイク4.8(コーラ)インチワッキー1/16をノーアクションで自然にフォールさせる事で 41.5センチ 850gを釣り上げJB選手の意地を見せてくれました。

第5位 鈴木 章太郎


エリア中流域の本流で 20gのメタルジグで足元を丁寧にボトムバンピングで32センチ、480gのバスをリアクションで食わせて初参加ながらお立ち台に!

写真

TOP