Internet Explorerでの正確な表示は保証できません。ご了承ください。NBCNEWS推奨ブラウザ: Firefox Chrome Safari

ゲーリーインターナショナル 総合学園ヒューマンアカデミーフィッシングカレッジ 釣りと観光のガイド プロショップオオツカ OSP

NBC陸釣りクラブ和歌山第5戦エバーグリーンCUP 08月28日() 和歌山県 紀の川

NBC陸釣りクラブ和歌山第5戦エバーグリーンCUP概要写真 2016-08-28和歌山県紀の川

8月28日(日)は、NBC陸釣りクラブ和歌山 第5戦
エバーグリーンCUPが開催されました。年間成績も決まる最終戦とあって全員が気合い入ってました。スタート時は、ローライトで絶好の釣り日和でしたが、すぐに真夏日を思わせる快晴で暑い1日となりました。そんな中でもノンキー混じりで数も釣れてました。
早い時間帯には、食いが浅いのか40UPをバラしていた選手が6人ほど。それでもチャンピオンシップの出場権利の獲得の為、選手の皆さんが良いバスを釣って来ました。多数の協賛を含め
今回の冠スポンサーである「エバーグリーン」様ありがとうございました。運営スタッフの皆様を始め参加選手の皆様、今年1年ありがとうございました。皆様のお陰を持ちまして無事に終わる事が出来ました。残すは近畿ブロックチャンピオンシップです。出場される選手の皆様、会場の東条湖でお会いしましょう。

成績表

氏名重量
1 長谷川晃一 540 1 30
2 鳴海康文 465 1 29
3 森田申介 410 1 28
4 椋木俊博 330 1 27
5 森本悠紀 310 1 26
6 渡辺恭孝 295 1 25
7 丸岡弘明 235 1 24
8 中吉拓人 0 0 5
9 中吉幸敏 0 0 5
10 佐藤昇吾 0 0 5
11 宮井栄輔 0 0 5
12 川上誠治 0 0 5
13 滝本太郎 0 0 5
14 芝田昂平 0 0 5
15 大藪孝信 0 0 5
16 梶谷浩士 0 0 5
17 崎山小弥太 0 0 5
18 川崎真弥 0 0 5
19 松尾康尚 0 0 5
20 佐久間尚之 0 0 5
21 佐嶌浩之 0 0 5
22 佐嶌淳 0 0 5
23 今西勝大 0 0 5
24 東部浩忠 0 0 5
25 馬上雅志 0 0 5
26 福嶋寛之 0 0 5
27 古瀬浩介 0 0 5
28 花房靖 0 0 5

上位の釣り方

NBC陸釣りクラブ和歌山第5戦エバーグリーンCUP上位のフィッシングパターン写真 2016-08-28和歌山県紀の川

優勝 長谷川 晃一 選手


エリア北側の支流で下流の岸際と橋脚沖に繰り返しガンクラフト社のキラーズベイトミニIIのモロコカラーで沖のブラインドでファーストリトリーブで32.0センチ 540gをゲットして栄冠を手にしました。長谷川 選手 優勝おめでとうございます。

準優勝 鳴海 康文 選手


エリア最下流の逆ワンド紀州大橋の下でイマカツ社のIsワスプ50(クリアーハス)をスローからハイスピード巻きのリッピングで31.5センチ 465gを手中に収めて最終戦を2位に着けました。

第3位 森田 申介 選手


エリア北側の橋から300m下流の岩盤エリアの馬の瀬でワームでは食いが浅いと感じメガバス社のバイブレーションXウルトラ(キンクロ)を少しフォールさせてからの早巻きで30.5センチ 410gで前回に続いてお立ち台に。

第4位 椋木 俊博 選手


エリア上流の逆ワンドで少し深くなったブレイクに居ついているバスに狙いを絞りレイン社のスワンプミニDS1.8g(スカッパノン)で、なかなか食わない状況であったが残り30分でワンチャンスを物にして、29.0センチ 330gを釣り上げ最終戦も4位につけた。

第5位 森本 悠紀 選手


本部前のテトラと護岸の間で、Dスタイルのトルキーストレート(シナモンブルーフレーク)3.8ネコリグ1/16ozでボトムでの強めのアクションを入れる事で、27.0センチ 310gで5位に入賞。

写真

TOP