Internet Explorerでの正確な表示は保証できません。ご了承ください。NBCNEWS推奨ブラウザ: Firefox Chrome Safari

ゲーリーインターナショナル 総合学園ヒューマンアカデミーフィッシングカレッジ 釣りと観光のガイド プロショップオオツカ OSP

NBCチャプター岡山第2戦明邦バーサスCUP
05月14日() 岡山県 高梁川

NBCチャプター岡山第2戦明邦バーサスCUP概要写真 2017-05-14岡山県高梁川

2017年チャプター岡山・第2戦明邦バーサスCUPが5月14日、岡山県・高梁川で開催された。

金曜日の夜にまとまった雨が降り、この時期特有の釣りを得意とする選手には厳しい試合となる事が予想されたが、ウエイトこそ伸び悩んだものの、昨年を上回る選手がウエインする結果となった。

そんな第2戦を制したのは、奇跡のチャターの生みの親でもある戸田康平選手。プラの結果からJRより上流の船穂側にエリアを絞りリミットメイクに成功。第1戦に続き連続入賞。年間も暫定トップにつけ、約6年ぶりとなる優勝を手にした。準優勝には長年チャプター岡山に参戦し続けているベテランの岩崎徹選手。良型の見えバス2本を仕留め、惜しくも自身2度目の優勝を逃すも久しぶりの入賞となった。3位にはこの時期の釣りを得意とするチーム児島の武下和宏選手。前日プラからサイトのみの釣りに絞り、一つ目の場所ではバイトに持ち込めなかったが、次のポイントでキッカーを仕留めた。4位には昨年念願の初優勝を手にした「チョッパー」こと杉本雄一選手。前日プラでバイトを獲ったエリアでシャッドテールのダウンショットで戸田選手と並びリミットメイクに成功した。5位には3位の武下選手と同じチーム児島メンバーで、長年参戦している原田宏志選手。旧霞にタイミングを見て入り、1本ながら2キロオーバーをウエイン。久しぶりの入賞となった。

ご協賛頂きました明邦化学工業株式会社様には多数の商品をご提供頂、今大会を盛り上げて頂きました。この場をお借りしてお礼申し上げます。

成績表

氏名重量
1 戸田康平 3,455 3 30
2 岩崎徹 3,222 2 29
3 武下和宏 2,622 2 28
4 杉元雄一 2,285 3 27
5 原田宏志 2,078 1 26
6 那須仁司 1,977 1 25
7 坂原博登 1,950 1 24
8 宝子丸憲康 1,422 1 23
9 守屋明斉 1,400 1 22
10 千葉潤一 1,359 2 21
11 横山貴之 1,340 2 20
12 馬場一学 1,284 1 19
13 青山和広 1,240 1 18
14 有木隆記 1,122 1 17
15 林克典 1,015 1 16
16 平松成夫 873 1 15
17 井筒正俊 730 1 14
18 後田誠一 680 1 13
19 塩見友広 545 1 12
20 細川修平 0 0 5
21 鈴木健二 0 0 5
22 益田剛 0 0 5
23 藤本俊明 0 0 5
24 大森啓晶 0 0 5
25 竹中竜一 0 0 5
26 佐々木英樹 0 0 5
27 三宅弘 0 0 5
28 百々洋人 0 0 5
29 池本清 0 0 5
30 西平和人 0 0 5
31 小寺秀昌 0 0 5
32 小郷順弘 0 0 5
33 中田淳志 0 0 5
34 矢野義満 0 0 5
35 岩佐洋志 0 0 5
36 岩崎理 0 0 5
37 松本泰明 0 0 5
38 日谷浩一 0 0 5
39 川畑尚久 0 0 5
40 渡邊一輝 0 0 5
41 三嶋紀之 0 0 5
42 村山正剛 0 0 5
43 安藤誠 0 0 5

上位の釣り方

NBCチャプター岡山第2戦明邦バーサスCUP上位のフィッシングパターン写真 2017-05-14岡山県高梁川

優勝 戸田康平選手


ロッド: 67MH、61UL
リール:  LTX、ダイワルビアス2004
ライン: 東レエクスレット14ポンド、4ポンド
ルアー: シャッドテール、イマカツマブリーチ
リグ/ウエイト: ヘビダン、ダウンショット1.3g
タクティクス: 前日プラではJR前後から上流の船穂側にベイトがよく絡んでおり、ちらほら見えバスも居たので、その周りをすることにした。8時くらいに見えバス1本を釣り、JR下の張り出しに上がって来る魚を狙って2本釣り、その後はバイト無く終わった。

コメント: いつもお世話になっているイマカツ様、宮一様、仲良くしてくれる仲間と、気持ち良く釣りに行かせてくれる家族に感謝します。



準優勝 岩崎徹選手


ロッド: DECIDER DRS-62LS
リール: レボSTUDIOUS
ライン: 5ポンド
ルアー: 4インチカットテール
リグ/ウエイト: ダウンショット2.3g
タクティクス: 水が濁っていたが、きれいに見えた旧船穂エリアで釣りをしました。11:30頃に1500g位のを釣り、5分後に1700g位のを釣りました。

コメント: 皆さん、今後もよろしくお願いします。



3位 武下和宏選手


ロッド: ENDSVILLE73H、66L
リール:  TD-Zito、イージス2506
ライン: フロロ16ポンド、6ポンド
ルアー: ビビットテール、ホールシェイカー
リグ/ウエイト: ヘビダン、ノーシンカー
タクティクス: 前日プラで明日はサイトのみでと思い当日を迎えました。プラで見つけていた所に1番に入りましたが釣れずに9:30頃にもう一か所の場所に入りサイトで12:00、12:15に釣りました。

コメント: チームKOZIMAのメンバー、国安釣具様に感謝致します。スタッフの皆様、毎回大会を運営して頂きありがとうございます。


4位 杉本雄一選手


ロッド: ポイズングロリアスML-S、ブラックレーベル681MHFB
リール:  コンプレックス、ジリオン
ライン: FCスナイパー3ポンド、12ポンド
ルアー: HPシャッドテール、2.5、3.1
リグ/ウエイト: ダウンショット2.7g、7g
タクティクス: 前日プラでは全域をシャッドテールでチェックしました。ドライブシャッド4.5インチ&スタッガー6インチで合計10バイト取ってフッキングせず当日を迎えました!前日と違い当日は晴れだったので、よりライトな攻めで釣りやすそうなバスを狙って行きました。開始1時間でリミットメイク。HPシャッドテールを優しくシェイクする事が今日のバスに反応が良かったです。

コメント: いつもお世話になっているTRIBE様、バックウォーター様、Team TRIBEの皆様、可愛がってくれる先輩方、釣りに行かせてくれる家族に心から感謝したいと思います!


5位 原田宏志選手


ロッド: スティーズ641LXS
リール: イグニス2506
ライン: 4ポンド
ルアー: アンクルゴビー3インチ
リグ/ウエイト: ダウンショット0.9g
タクティクス: プラでは魚が見えるが全然釣れず、旧霞には魚が居ると解っているので、人のタイミングを見て入りました。入ってすぐ魚を掛けたがバレましたが、気を取り直して(リグを直して)同じ場所に投げたらバイトがあり釣れました。

コメント: スタッフの皆様、お疲れ様でした。チーム児島の皆様、国安様、いつもお世話になります。

TOP