Internet Explorerでの正確な表示は保証できません。ご了承ください。NBCNEWS推奨ブラウザ: Firefox Chrome Safari

ゲーリーインターナショナル 総合学園ヒューマンアカデミーフィッシングカレッジ プロショップオオツカ OSP

NBCチャプター河口湖第3戦サブロクCUP
08月12日() 山梨県 河口湖

NBCチャプター河口湖第3戦サブロクCUP概要写真 2018-08-12山梨県河口湖

避暑地と呼ばれる河口湖も今年は猛暑が続きましたが、当日は21〜27℃と過ごしやすかったですが、大気が不安定で、昼前から積雷雲が発達し、12時過ぎには雷が鳴りました。 選手には一斉メールで連絡し中止(大会は2時間以上なので成立)としました。ロッドは避雷針のような役目をしてしまうので、雷が鳴ったらすぐ釣りをやめるようお願いします。安全第一の大会開催なので、ご了承をお願いします。
若干、短い時間の大会開催でしたが、33人参加してウェイインは17人と約半数と厳しめの状況でした。7月の第2戦の上位は全員シャローサイトでしたが、今回はオフサイト気味でしたが、シャローが良かったようです。 そんな中、第5位は第1戦から連続お立ち台の新間プロ、年間争いしている椎野選手が第4位。 第3位には、愛しのバスを愛で釣った?(笑)、永松プロ、第2位は、唯一のリミットメイクした牧野プロ、優勝は、本人がサポートしていただいてるZファクトリー製の豚うなぎダブルを使い、得意とするパンチングで、57cm 2,710gを筆頭に3本ながらで、3,020g(-200gペナ)で200g近くの差をつけ、見事優勝! 第3戦を終了し、暫定年間1位は、今回もお立ち台にたった、ヒューマン生で まだ17歳の新間プロ、暫定2位に6pts差に今回4位の椎野選手の2人が抜け出し、暫定3位に合併前の昨年のチャプター山梨、奥河口湖 両チャプターで年間優勝の永松プロが新間プロと29pts差で続きます。河チャプはあと、2戦あり、上位が釣れなかった場合は、まだまだ下位の選手にもチャンスはあり、年間表彰は10位までありますので、ぜひ上位をめざし精進してください!
今回、冠のSABUOKU様は、ボイジャーバッテリーをはじめ沢山の協賛をしていただき、ありがとうごいました。千葉県でエレキのメンテ、チューン、パーツ販売などをしており、私は今回のご縁もあり、三瀬谷ダムや相模湖などで使用しているリアエレキのシャフトカット&オーバーホールをお願いしました。ぜひ、皆様もご利用ください! そして今回4位だった椎野選手は第2戦終了後の深夜便で海外出張に行き、今回、お土産を協賛してくれました。 お忙しい中、参戦してくれたり、お土産を提供していただき、ありがとうございました。 又、備品協力のありがたやボート様にも感謝いたします。

次回、9/16(日)に第4戦「HMKL」CUPが開催されます。皆様の参加をスタッフ一同お待ちしております。 (報告・/写真:大場)

成績表

氏名重量
1 吉田真長 3,020 3 40
2 牧野綱汰 2,830 5 39
3 永松洋介 1,362 1 38
4 椎野禎一郎 1,224 1 37
5 新間信隆 1,000 2 36
6 出村政孝 842 1 35
7 高橋一也 804 1 34
8 上野敏宏 754 2 33
9 岡本秀斗 724 1 32
10 杉本晃一 688 1 31
11 大塚誠司 630 2 30
12 大塚稔宜 516 2 29
13 瀧本英樹 486 2 28
14 野村武史 470 1 27
15 村上潤 420 1 26
16 石井清光 304 1 25
17 大塚英生 290 1 24
18 小島忠司 0 0 5
19 金子颯太 0 0 5
20 石原淳一 0 0 5
21 小川忠利 0 0 5
22 津金勝人 0 0 5
23 川窪朝陽 0 0 5
24 三角祐司 0 0 5
25 佐藤正信 0 0 5
26 秋鹿剛 0 0 5
27 大川純 0 0 5
28 川窪信興 0 0 5
29 本田和士 0 0 5
30 松井直樹 -100 0 5
31 中島将人 -200 0 5
32 浅井一登 -200 0 5
33 豊嶋仁 -200 0 5

上位の釣り方

NBCチャプター河口湖第3戦サブロクCUP上位のフィッシングパターン写真 2018-08-12山梨県河口湖

優勝 吉田 真長プロ(河口湖A61) 3本 3,060g
【ポイント】 大石、二ノ瀬
【リグ】 Z-factory 豚ウナギW「グレープ」、豚ウナギ「ミミズ」
【釣り方】パンチング、ダウンショット
【タックル】 デジーノVANTAGE C71HB+/STEEZ100SH
LEGIT DESIGN WSS-ST61UL/LUVIAS2004H
【一言】 サポート頂きます、Z-factoryの財津社長、奥様にお礼を申し上げたいと思います。 いつも心良く釣りに行かせてくれる家族、チームZの仲間、奥の湖の方々、ローカルの皆様に感謝したいと思います。 大会運営スタッフの皆様、参加された選手の皆様お疲れ様でした!

第2位 牧野 網汰プロ(河口湖A33) 5本 2,830g
【ポイント】大石馬場川沖の張り出し3〜5m
【リグ】ロングリーダーDS1.3g、リーダーDS1.3g+元気ポーク ブラック スモーク シナモン
スモラバ(2,3g、3,5g)
【釣り方】ウィードの上に浮いているようなバスはダウンショットで釣り、ウィードの中にサスペンドしているようなバスは重めのスモラバでウィードの中に落とすイメージで釣っていく。
【タックル】ポイズングロリアス264UL-ァンキッシュC2000HGS
ポイズングロリアス263UL-S+ヴァンキッシュC2000HGS
ラインは共にフロロカーボン3lb
【一言】チャプター河口湖で2戦連続で表彰台に上がることが出来ました。残り2戦気合い入れて頑張ります。上位フィッシングパターン提出遅れてもうしわけありませんでした 汗)

第3位 永松 洋介プロ(河口湖A19) 1本 1,362g
【ポイント】 ハワイ前
【リグ】 2.7gスモラバ
【釣り方】 秘技!谷間落としw
【タックル】 フルレンジS63ML
【一言】 沼津生まれ沼津育ちの永松洋介です。残り2戦も死に物狂いでがんばります!今大会冠スポンサーのサブロクさま、エレキチューンでお世話になりました!皆さまオススメです!ありがとうございました。

第4位 椎野 禎一郎選手(NBC59576) 1本 1,224g
【ポイント】 長浜保安区域ブイの南側付け根の柳の下
【リグ】1/16oz.スモラバ具なし
【釣り方】柳の枝の張り出しの下に、リグをスキッピングして、着底したらしばらく待つ。 2投目で、ラインがシェード側に流れたので、慌てずに合わせて寄せた。
【タックル】Quon Dynamis DNS-510ULS
フロロ3.5lb.
【一言】毎回一匹づつしか持ち込んでないのに、暫定二位という存外の成績に恐縮してます。 最終戦が親戚の法事と重なって出れそうにないのですが、次も楽しみたいと思いますので、よろしくお願いします。

第5位 新間 信隆プロ(河口湖A69) 2本 1,000g
【ポイント【 丸栄ワンド 
【リグ】 スモラバ ノーシンカー
【釣り方】 バスの目の前にスモラバをフリーフォール 枝にノーシンカーを引っかけてシェイク
【タックル】 ロッド:6.4ftUL 
リール:ハイギヤ2500
ライン:フロロ3ポンド
【一言】  3位、4位、5位ときて年間暫定1位!! 残りの試合も優勝目指してがんばります!

TOP