Internet Explorerでの正確な表示は保証できません。ご了承ください。NBCNEWS推奨ブラウザ: Firefox Chrome Safari

ゲーリーインターナショナル 総合学園ヒューマンアカデミーフィッシングカレッジ プロショップオオツカ OSP

NBCチャプター三重第4戦ジップベイツCUP
10月14日() 三重県 三瀬谷ダム

NBCチャプター三重第4戦ジップベイツCUP概要写真 2018-10-14三重県三瀬谷ダム

10月14日チャプター三重第4戦『ジップベイツCUP』が三瀬谷ダムで開催された。
今回9月末に起きた台風の影響で、青蓮寺ダムのスロープが崩落し急遽、開催地変更となった。不慣れな場所での大会に、選手も運営側も不安はあったが、チャプター奥伊勢湖宮川の完全バックアップと選手達の気持ちが、この最終戦を作り上げたような気がする。
さて、湖の状況だが、プリプラクティスの段階では、雨の影響を受けメインレイクは激濁りのカフェオレ状態。しっかりとしたインレットを持つクリークはクリアアップしている状況。やはり、クリークでの魚の反応は良かったようだが、公式プラの頃には水の色もかなり回復してきており、クリークパターンも通用しなくなっていたようだ。また上流域でもかなり水色はクリアになっており、デカイ魚も見えたりはしていたようだが、さすがマスターシリーズの開催地でもあるだけに、一筋縄ではいかないようだ。そんな中、1360gのナイスフィッシュを持ち込んだのがzoezoeこと河添健二選手。インタビューでは、パット投げたらパット喰ってきたとコメントし会場を笑わせていたが、プリプラでも公式プラでも魚はキッチリ釣っており見事初優勝を飾った。そして準優勝には池田拓人選手が10本以上は釣れたと言う水深7mのピンスポットを見つけ出し1200g(3本)を持ち込んだ。そして、慣れない湖に苦戦を強いられながらも920g(3本)を持ち込んだ楓井一仁プロが3位入賞とともに年間優勝を果たした。4位には倉林和馬プロが初の三瀬谷ダムでの釣行ながらも880g(3本)をきっちりリミットメイク。5位には、水深21mのディープエリアで粘りをみせた黒川道和選手が640g(1本)を持ち込みそれぞれが入賞を果たした。
参加選手の皆様、今年も一年間お疲れ様でした。そして、たくさんのご参加有難うございました。冒頭にもありましたように青蓮寺ダムテニスコート下のスロープが崩落し、現在復旧のめどは立っていません。おそらく来年は、全戦を青蓮寺ダムで行うのは不可能かと思いますが、今まで通り盛り上がりのある大会を目指し、一人でも多くの参加者が増え、大袈裟かもしれませんが、バス業界の底辺拡大に繋がる場になるような運営を心掛けてまいりますので、今後ともよろしくお願いいたします。
最後になりましたが、今大会の冠スポンサーであるジップベイツ様には、多数のご協賛を賜り、誠にありがとうございました。

成績表

氏名重量
1 河添健二 1,360 1 30
2 池田拓人 1,200 3 29
3 楓井一仁 920 3 28
4 倉林和馬 880 3 27
5 黒川道和 640 1 26
6 田力慎也 610 2 25
7 荒木勇樹 450 2 24
8 杉山昌史 380 1 23
9 東弘史 380 1 22
10 田中邦明 310 1 21
11 大原悠 270 1 20
12 大淀哲弘 270 1 19
13 丸岡弘明 260 1 18
14 永井隼人 220 1 17
15 稲垣信明 220 1 16
16 田中正典 0 0 5
17 小筆伸次 0 0 5
18 西尾和也 0 0 5
19 武田正貴 0 0 5
20 竹田光徳 0 0 5
21 渋谷直隆 0 0 5
22 中川健 0 0 5
23 山口雄平 0 0 5
24 舛本雄也 0 0 5
25 尾勝俊行 0 0 5
26 森寿輝 0 0 5
27 松野光一郎 0 0 5
28 冨岡秀紀 0 0 5
29 森本秀雄 0 0 5
30 田中次男 0 0 5
31 頼末敦 0 0 5

上位の釣り方

NBCチャプター三重第4戦ジップベイツCUP上位のフィッシングパターン写真 2018-10-14三重県三瀬谷ダム

【優勝】 河添健二 59236
エリア・パターン 下流岩盤+レイダウン
タックル
ロッド 60UL
リール スピニング2000番
ライン R18 3lb
ルアー ボウワーム 4.2
コメント 初優勝嬉しいです。一年間お疲れさまでした。来年もよろしくお願いします。

【準優勝】 池田拓人 60303


エリア・パターン 赤い橋の対岸
タックル
ロッド アブガルシア スピニング
リール ダイワ 2000番
ライン フィネスブレイブZ 3lb
ルアー エコスワンプミニ 2.7g ダウンショット
コメント 来年もお立ち台に立てるように頑張ります。

【第3位】 楓井一仁 JB津27


エリア・パターン 下流岩盤+レイダウン ネコリグのフォール
         宮川大橋レイダウン DS・NSでのサイト
タックル
ロッド 66UL
リール 2000番
ライン 東レ スーパーフィネス 2.5lb
    東レ エクスレッド 3lb
ルアー イールクローラー 4.8㏌ 1/20オンス ネコ
    アンクルミノー 1/16オンス DS
    三原虫 ノーシンカー
コメント 一年間お疲れ様でした。来年もよろしくお願いします。

【第4位】 倉林和馬 JB津14


エリア・パターン 下流の岩盤にブッシュが絡むポイント
タックル
ロッド ブラックレーベル +621LXS
リール ルビアス
ライン フィネスブレイブZ 3lb
ルアー スワンプミニ 0.9g ネコリグ
コメント 来年は楓井さんに勝てるようにがんばります。

【第5位】) 黒川道和 59353


エリア・パターン 下流ポンプ上流 ディープ21m
タックル
ロッド フェンウィック ゴールデンウィング68SULJ キャロ用
リール ダイワ2500番
ライン 東レ 3lb エクスレッド
ルアー アンクルコビィ 2インチ 今江ワカサギ
コメント 最終戦皆さまお疲れ様でした。
     また来年宜しくお願い致します。
     ありがとうございました。

写真

TOP