Internet Explorerでの正確な表示は保証できません。ご了承ください。NBCNEWS推奨ブラウザ: Firefox Chrome Safari

ゲーリーインターナショナル 総合学園ヒューマンアカデミーフィッシングカレッジ 釣りと観光のガイド プロショップオオツカ OSP

NBCチャプター長野・野尻湖第5戦ベイトブレスCUP
09月09日() 長野県 野尻湖

NBCチャプター長野・野尻湖第5戦ベイトブレスCUP概要写真 2018-09-09長野県野尻湖

2018年9月9日、チャプター長野・野尻湖第5戦「ベイトブレスCUP」が開催されました。前日からの雨は当日も降ったり、止んだり。風向きもコロコロ変わるハッキリしない天候に魚の反応も悪く、選手は皆、苦戦を強いられました。良型が入らず、ローウェイトの勝負となってしまいましたが、そんな最終戦の頂点に立ったのは、チャプター参戦3年目の澤田選手!キャロシャッドとライトキャロでナイスサイズをキャッチ。2,378gを持ち込み、初お立ちが優勝と言う嬉しい結果となりました。
年間優勝争いは奥泉選手と西條選手の一騎打ち!奥泉選手が4ポイント差で逃げ切り、AOYの座に輝きました。
今回も沢山の賞品を協賛して頂いたベイトブレス様、ご挨拶いただいた伊藤プロ、ありがとうございました。
大場会長からは人気のサイン入りグッズ、新倉選手からはオケちゃん石鹸を協賛していただきありがとうございました。
チャプター戦は終わってしまいましたがこの後、チャンピオンシップ、東日本決勝戦と熱い戦いが続きます。当チャプターを代表して出場する選手の皆さん、栄冠目指して頑張ってください!

成績表

氏名重量
1 澤田幹雄 2,378 3 40
2 瀧本英樹 2,148 3 39
3 関之台一寿 2,010 3 38
4 山田謙二 1,924 3 37
5 宮嶋功房 1,914 2 36
6 戸津平 1,914 3 35
7 比田井裕二 1,786 3 34
8 中村雅順 1,784 3 33
9 伊藤康晴 1,736 3 32
10 三田直史 1,674 2 31
11 櫻井宏 1,644 3 30
12 阿部俊一 1,614 3 29
13 栗原稔 1,544 3 28
14 礒野恒二郎 1,508 3 27
15 原田義行 1,490 3 26
16 豊嶋仁 1,450 2 25
17 木村浩規 1,436 2 24
18 渡辺知洋 1,422 3 23
19 太田雅文 1,384 3 22
20 奥泉悠介 1,292 3 21
21 西條友教 1,280 3 20
22 福島義則 1,248 3 19
23 小林哲也 1,238 2 18
24 中薗鉄平 1,236 3 17
25 林晃大 1,202 3 16
26 大場直樹 1,152 2 15
27 宮入拓也 1,114 3 14
28 五十嵐誠 1,108 3 13
29 藤居賢司 1,104 3 12
30 沢田智 1,074 3 11
31 前田雅幸 1,068 2 5
32 松尾和輝 1,064 3 5
33 田中浩之 1,062 2 5
34 久保拓也 988 3 5
35 江沢弘信 976 3 5
36 藤井英雄 958 3 5
37 柳田勝哉 936 3 5
38 丸山知幸 904 2 5
39 下田芳久 876 2 5
40 伊藤幸雄 850 1 5
41 町村猛 826 3 5
42 山本俊和 811 2 5
43 江指憲 777 2 5
44 唐澤敬寛 683 2 5
45 小暮祐一 669 2 5
46 新倉裕司 573 1 5
47 武者雅広 544 1 5
48 真下温史 467 1 5
49 大村将文 429 1 5
50 近藤健広 404 1 5
51 小菅陽平 384 1 5
52 石岡正成 351 1 5
53 本間勝美 330 1 5
54 長尾祐輔 325 1 5
55 阿部俊介 0 0 5
55 安田智昭 0 0 5
55 一柳佳孝 0 0 5
55 中野和也 0 0 5

上位の釣り方

NBCチャプター長野・野尻湖第5戦ベイトブレスCUP上位のフィッシングパターン写真 2018-09-09長野県野尻湖

優勝 NBC59238 澤田幹雄選手(3匹)2,378g

【使用タックル】
(キャロシャッド)
ロッド フェンウィック エリート 6 3 S ML J
リール ルビアス2510(RCS2506スプール)
ライン サンラインPEエギULT 0.4lb
シンカー7g
ルアー スーパースレッジ

(ライトキャロ)
ロッド フェンウィック ゴールデンウィング GWT-SF 68S UL J
リール イグニス2505H
ライン 2.5lb, リーダー0.6号
シンカー2.6g
ルアー ベビーサーディン(ジャパンワカサギ)

【エリア】
島南、伝九郎、水道局の左の岬

【リグ・パターン】
島南9m位でキャロシャッドでキロ位。伝九郎8-9mでライトキャロでステイ後にキロ位、水道局でキャロシャッドで300位。

【コメント】
いつもご指導・快適に送り出して頂いております、ほとり荘の小出様、悩み相談にのってくれる晃大さん、おかみさん、大変お世話になっております。
またスタッフの方々、いつも刺激を与えて下さる参加者の皆様に感謝致します。




準優勝 マスターズ8 瀧本英樹選手(3匹)2,148g

【使用タックル】
タックル1
リグ 1/16オンスダウンショット
ロッド ラグゼ ATS05 S61UL FINE MASTER "SOLID SENSOR"
ライン フロロ2.5ポンド
ルアー ロイヤルリーチ 

タックル2
リグ 2.6gライトキャロ
ロッド ラグゼATS05 S71L SM MASTER "SOLID HUNTER"
ライン フロロ2.5ポンド
ルアー フリッパーテール

サングラス SWANS LION SIN 偏光ULライトグリーン

【エリア】
バンク各所のキースポットでキッカー狙いと
抑えにフラットでのキーパーパターンの2本立てで挑みました。

【リグ・ヒットパターン】
朝一、バンクでのキッカー狙いからスタートしましたがなかなか厳しく昼前までにロイヤルリーチのダウンショットとフリッパーテールのキャロで1本づつなんとか狙いのキッカーサイズが釣れたのですが、あと1本がどうしても釣れなかったので最後に抑えのパターンだった伝九朗沖のフラットでキーパーをキャロで追加できリミットメイク出来ました。

【コメント】
今回は厳しいレイクコンディションだった為、バイトの少ないキッカー狙いに時間を費やすにはかなりメンタル的にきつかったのですが、前向きに攻め続けた結果2本答えてくれ、この結果に繋がりました。
今年は優勝、準優勝、3位と3回表彰台に上がる事が出来て、年間も4位と上出来だったと思います。
前日プラで手応えがあった時は、攻めの気持ちを持ってリスクを恐れずデカイ魚を狙う事が出来たのが良かったと思います。




第3位 桧原湖33 関之台一寿選手(3匹)2,010g

【使用タックル】
ロッド:7.3ft UL
リール:2000番
ライン:フロロ 2.5lb+フロロ 0.6号

【エリア】
エリア:国際村沖・島南 6〜9m

【ルアー】
ダウンショット:2.2g+ロイヤルシャッド、エコ4inグラブ
底モノを意識している魚を、ズル引きやシェイク、ステイ等あらゆる事をして喰わせる。


【コメント】
前日、珍しく竿を出したら間違ってキロを釣ってしまい…
バンクの居着きだったのか当日はやはり不発。
なので
釣り慣れたフラットで確実に魚をキャッチし、リミットメイク&1本入れ替え。
終盤霧が酷く安全を第一に考え、ラストをバンクでの勝負には走らずにそのまま終了。
それでも想定より周りのウェイトが伸びておらず…
良いとこ無しだった当チャプターの最終戦を入賞で終える事が出来て、とても嬉しく思います。





第4位 NBC60131 山田謙二選手(3匹)1,924g

【使用タックル】
ライトキャロ:NOIKE NSS-64L
1.8gシンカー+アングルゴビィトライデント

【エリア・パターン】
樅ヶ崎、金子岬
バンク一本勝負?フラットエリアは極力見ないようにする。

【コメント】
一匹のキロフィッシュが入り上位に入ることができました。
冠スポンサー様、チャプタースタッフの皆様、運営ありがとうございます。




第5位 NBC59979 宮嶋功房選手(3匹)1,914g

【使用タックル】
スピニング63XUL
スピニング61UL

【エリア】
水道局7mから9mライン

【リグ・パターン】
ダウンショット

【コメント】
今年度2回も入賞することができました。
引き運に助けられた気がします。
チャンピオンシップも頑張りたいと思います。

TOP