Internet Explorerでの正確な表示は保証できません。ご了承ください。NBCNEWS推奨ブラウザ: Firefox Chrome Safari

ゲーリーインターナショナル 総合学園ヒューマンアカデミーフィッシングカレッジ プロショップオオツカ OSP

NBCチャプター大阪第2戦サンラインCUP
06月03日() 大阪府 淀川・城北ワンド

NBCチャプター大阪第2戦サンラインCUP概要写真 2018-06-03大阪府淀川・城北ワンド

チャプター大阪第2戦サンラインカップが6月3日(日)に淀川で開催された。
九州、四国が梅雨入りし、数日後には近畿地方も梅雨入りと予報された。
淀川はアフター&スポーンがいまだ混在し、エリア選択がより難しい状況、
どちらかにシフトすると見えなくなってしまう、選手にはオールアフター前の
最も厳しいシーズンと言える。
本流とワンドの分岐点なのだが、当日はワンドに向かう選手が圧倒的に多かった。

大会当日は朝から好天に恵まれ、絶好のコンディションでミーティング。
スポンサーのサンライン様からご挨拶をいただき、参加選手も気合十分でスタート。
淀川も穏やかな表情で選手を迎い入れてくれました。
プラでも釣れる、釣れないのギャップが激しく前途多難を予感させた。

大会の結果は釣った人が12人、検量率(22.6%)シニア11名、ジュニア1名とタフな釣果となりました。
優勝の後藤選手は1,765g(53.5センチ)50オーバーの見事なプロポーションのバスをウエインされました。
「参加し続け20年、釣り上げた時はさすがに足が震えて感動しました」と感無量のインタビュー。
8年ぶりにカムバックの参加の方にも平等に釣果があったのが幸いでした。

今大会をスポンサードしていただいたサンライン様のご協賛賞品の数々と応援スタッフに
表彰式、抽選会と多いに盛り上がり無事終了となりました、心から感謝し厚く御礼申し上げます。

次回、第3戦ジャンプカップは6月17日(日)に開催いたしますので多くのご参加をお待ちしています。

シニア部門成績表

氏名重量
1 後藤裕治 2,790 2 40
2 大隅健一郎 2,420 2 39
3 舟田智哉 2,260 2 38
4 内野海 1,655 2 37
5 福本篤史 1,200 1 36
6 橋本進二 915 1 35
7 金替勝久 610 1 34
8 浅田裕紀 590 2 33
9 桜山達也 525 1 32
10 和泉直樹 300 1 31
11 野原秀平 285 1 30
12 佐藤昇吾 0 0 5
13 田河隆信 0 0 5
14 青木慶太 0 0 5
15 木下高生 0 0 5
16 真砂裕次 0 0 5
17 山脇武志 0 0 5
18 帯刀仁 0 0 5
19 津嘉山舜 0 0 5
20 福原亮 0 0 5
21 川上誠治 0 0 5
22 川上大輝 0 0 5
23 矢持登 0 0 5
24 矢持裕也 0 0 5
25 永留透 0 0 5
26 高原章伍 0 0 5
27 和泉大四郎 0 0 5
28 上元英樹 0 0 5
29 荒木正員 0 0 5
30 梶谷浩士 0 0 5
31 小谷悟史 0 0 5
32 安田法之 0 0 5
33 前田武広 0 0 5
34 上野昇 0 0 5
35 鴨林泰行 0 0 5
36 城内司 0 0 5
37 明石隼人 0 0 5
38 平川武 0 0 5
39 今井修 0 0 5
40 小田恭平 0 0 5
41 志達海輝 0 0 5
42 渡辺壮 0 0 5
43 廣瀬健治 0 0 5
44 大川達也 0 0 5
45 平岡伸久 0 0 5
46 武田浩章 0 0 5
47 中西晃司 0 0 5

ジュニア部門成績表

氏名重量
1 櫻木拳斗 120 1 20
2 菅原功貴 0 0 5
3 八木稔賢 0 0 5
4 田中佑弥 0 0 5
5 岡元波流斗 0 0 5
6 瀬口正貴 0 0 5

上位の釣り方

NBCチャプター大阪第2戦サンラインCUP上位のフィッシングパターン写真 2018-06-03大阪府淀川・城北ワンド

<シニアの部>

■優勝 後藤裕次選手 2,790g(2匹)
・エリア   本流(豊里大橋下流)
・使用ルアー オーエスピー・HPシャッドテール3.1インチ(カラー:ウォーターメロンペッパー)
・釣り方   1匹目はダウンショット(3.5g)のショートキャスト。
       2匹目はヘビダン(14g)のロングキャストで両方ともロングステイがキモだった。
・感想    チャプター大阪に参加して20年!久々に感動した。

■2位 大隅健一郎選手 2,420g(2匹)
・エリア   10番ワンド
・使用ルアー ジャッカル・ソウルシャッド68SP(カラー:キンクロ)
       ジャクソン・エグジグ(リーダー:C-4シュリンプ)
・釣り方   ソウルシャッドはツイッチでリアクションバイト

■3位 舟田智哉選手 2,260g(2匹)
・エリア   赤川クリーク
・使用ルアー ティムコ・クランキンダーター
       フロントライン・ハンティングシャッド(カラー:ホワイト)
・釣り方   クランキンダーターをボトムからしゃくり上げバイトさせた。
ハンティングシャッドはダウンショット(3.5g)で

■4位 内野 海選手 1,655g(2匹)
・エリア   14番ワンド
・使用ルアー ノイケ・スマイルワームマミ―(カラー:グりパン)
       ノイケ・ニンジャ(カラー:シェードブラウン)
・釣り方   1匹目はネコリグ(シンカー2g)のフォールで
       2匹目はダウンショット(5g)のカヴァー撃ちでキャッチした。
       
■5位 福本篤史選手 1,200g(1匹)
・エリア   11番ワンド
・使用ルアー イマカツ・エリートクロー(カラー:ヌマエビ)
・釣り方   7:00頃にダウンショットでウィードにかけはずした時にバイト。

<ジュニアの部>

■優勝 櫻木拳斗選手 120g(1匹)


・エリア   本流(新エリア)
・使用ルアー ゲーリーヤマモト・レッグワーム(カラー:グリパン)
・釣り方   ヘビダン(14g)ストラクチャーにコンタクトし、シェイク&ステイで7:30頃釣った。

TOP