Internet Explorerでの正確な表示は保証できません。ご了承ください。NBCNEWS推奨ブラウザ: Firefox Chrome Safari

ゲーリーインターナショナル 総合学園ヒューマンアカデミーフィッシングカレッジ プロショップオオツカ OSP

NBCチャプター長野・野尻湖第4戦ティムコCUP
08月19日() 長野県 野尻湖

NBCチャプター長野・野尻湖第4戦ティムコCUP概要写真 2018-08-19長野県野尻湖

2018年8月19日、チャプター長野・野尻湖第4戦「ティムコCUP」が開催されました。8月なのに朝は冷えて気温は13度。寒暖差が大きい上に例年どうり減水も進み、マメサイズばかりが釣れてしまう状況でいかに良型を揃えられるか、腕の見せどころとなりました。
そんな第4戦を制したのは、サトダイことマスターズ佐藤大介プロ!得意のダウンショットでバンクエリアのグッドサイズを連発。ただ一人3キロ超えの3,026gをウェイイン。ティムコフィールドスタッフとしてスポット参戦ながら今年もまた貫禄を見せつける結果となりました。本人からは今後野尻湖で開催される主要3大会(中部信越CS、マスターズ戦、東日本決勝)の優勝宣言がありました。
今年も豪華賞品を協賛して頂いたティムコ様、会場にお越しいただいた吉沢様、大会を盛り上げていただいたフィールドスタッフの皆様、本当にありがとうございました。
また、過去にチャプターに参戦していた高橋様からも特別に協賛して頂きありがとうございました。
残すところはあと一戦。第5戦は3週間後の9月9日に開催されます。選手の皆さん、悔いのない戦いを!

成績表

氏名重量
1 佐藤大介 3,026 3 40
2 櫻井宏 2,762 3 39
3 林晃大 2,756 3 38
4 山田謙二 2,414 3 37
5 真下温史 2,402 3 36
6 小菅陽平 2,376 3 35
7 田中浩之 2,194 2 34
8 松尾和輝 2,030 2 33
9 西條友教 2,020 3 32
10 奥泉悠介 1,912 3 31
11 谷岡正和 1,812 2 30
12 大村将文 1,798 3 29
13 丸山知幸 1,790 2 28
14 太田雅文 1,706 3 27
15 栗原稔 1,610 3 26
16 山本俊和 1,564 2 25
17 武者雅広 1,458 2 24
18 中薗鉄平 1,418 2 23
19 原島護 1,418 3 22
20 小林翼 1,396 3 21
21 福島義則 1,262 3 20
22 本間勝美 1,142 3 19
23 宮入拓也 1,088 1 18
24 阿部俊一 1,052 3 17
25 原田義行 1,038 3 16
26 江指憲 1,030 1 15
27 藤井英雄 948 1 14
28 澤田幹雄 946 3 13
29 久田恭平 928 1 12
30 宮腰潤 894 1 11
31 小林哲也 858 2 5
32 町村猛 846 2 5
33 渡辺知洋 798 2 5
34 近藤健広 792 2 5
35 下田芳久 736 1 5
36 阿部俊介 728 1 5
37 一柳佳孝 708 2 5
38 森下健志 678 2 5
39 江沢弘信 658 2 5
40 久保拓也 626 2 5
41 小暮祐一 480 2 5
42 藤居賢司 476 1 5
43 戸津平 418 1 5
44 木村浩規 382 1 5
45 沢田智 332 1 5
46 礒野恒二郎 310 1 5
47 安達裕 308 1 5
48 比田井裕二 302 1 5
49 中村雅順 214 1 5
50 宮嶋功房 0 0 5
50 豊嶋仁 0 0 5
50 三田直史 0 0 5
50 中野和也 0 0 5
50 向井慎一 0 0 5
50 中村謙一 0 0 5
999--- 石岡正成 0 0 0

上位の釣り方

NBCチャプター長野・野尻湖第4戦ティムコCUP上位のフィッシングパターン写真 2018-08-19長野県野尻湖

優勝 マスターズ43 佐藤大介選手(3匹)3,026g

【使用タックル】
ロッド:フェンウィック・エイシス62SULP+J
ルアー:アングルワーム
ライン:サンライン・シューターFCスナイパー2lb

【エリア】
亀石、金山、菅川北側バンク、砂間ヶ崎

【リグ・パターン】
ダウンショット

【コメント】
一昨年4位、昨年2位でようやく優勝する事ができました。
これからマスターズ野尻湖戦、チャンピオンシップと野尻湖の試合が続くので、全ての試合で優勝出来るよう頑張りたいと思います。




準優勝 NBC59062 櫻井宏選手(3匹)2,762g

【使用タックル】
(虫)ロッド 6ft ULスピニング 2500番リール
(シャッド)ロッド62Lスピニング 2500番リール

【エリア】
ム広場・青学ワンド

【ルアー】
ム広場では虫ルアー。青学ワンドではシャッドのジャーク。

【コメント】
チャプタースタッフの皆様運営お疲れ様です。
ありがとうございました。また、野尻湖マリーナの皆様ありがとうございます。
第3戦以来の野尻湖だった為1から探していく方向でした。
11時近くまで10ヶ所近く移動をするも魚からの反応は無し。しかし、昼近くになるにつれセミの鳴き声が大きくなってたのでまだ虫で釣れるかも、と虫ルアーを投げたとこ4バイト。
2本釣ることができ3本目はシャッドで釣る事ができました。予想外の展開となった第4戦でした。




第3位 マスターズ47 林晃大選手(3匹)2,756g

【使用タックル】
レジットデザインワイルドサイド シャッド用プロト
デッドオアアライブPE0.4号

【エリア】
弁天島南、松ヶ崎、亀石

【ルアー】
OSPハイカット(マットシャッド)のシャッドキャロ

【コメント】
サポートいただいておりますスポンサー様いつもお世話になっているほとり荘様、チャプタースタッフの皆様ありがとうございました。




第4位 NBC60131 山田謙二選手(3匹)2,414g

【使用タックル】
タックル1:ライトキャロ:NOIKE NSS-64L 2.7gシンカー+DAIWAハイドロハンド2.5グリーンパンプキン
タックル2:ダウンショットNOIKE MC-S61UL 3.5gシンカー+DAIWAハイドロハンド2.5パープルウィニー

【エリア・パターン】
琵琶ガ先〜金子岬の張りだし2ヶ所
フィーディング場所になるであろうポイントにリグを置いておき、たまに誘う

【コメント】
六時間で4バイトしかなかったのでパターンも何もなかったと思いますが結果につながりラッキーです。
スタッフの皆様いつも運営ありがとうございます。




第5位 NBC59061 真下温史選手(3匹)2,402g

【使用タックル】
ロッド:フェンウィックGWT65UL−S
リール:2500番

【エリア】
鳥居前7〜9m
漁協前7〜9m

【リグ・パターン】
ライトキャロ:シンカー1.8g
ライン:メイン3lb リーダー2.5lb
ワーム:ロコイズム、クリーピーチューブミニ ガルプバスミノー
バスはベイトの群れが入って来ると群れの上へ浮き、いなくなると湖の底を意識しているようでした。
基本的には浮き気味で、微妙な差ではありましたがそこを見極めて釣り分けました。

【コメント】
12時までマメェの嵐で、そこから3連発!ちょー気持ち良かった!!
最後まであきらめずにいると、たまには良いこともあるんですねー。
周辺にいらしたギャラリーの皆様におかれましては、お騒がせをいたしスンズレー(失礼)いたしました。
トップ50ならぬトックニ50を過ぎた自分ではありますが、老眼にムチ打って次戦も頑張りますよー!
今大会冠スポンサーのティムコ様をはじめ、一番館様、大会スタッフ、参加者の皆様に感謝申し上げます。

TOP