Internet Explorerでの正確な表示は保証できません。ご了承ください。NBCNEWS推奨ブラウザ: Firefox Chrome Safari

ゲーリーインターナショナル 総合学園ヒューマンアカデミーフィッシングカレッジ プロショップオオツカ OSP

NBCチャプター琵琶湖第5戦カスタムシート.jpCUP
08月19日() 滋賀県 琵琶湖

成績表

氏名重量
1 守屋高一 6,180 3 50
2 岩田健司 5,780 3 49
3 頼末敦 5,400 3 48
4 中村大介 4,930 3 47
5 八澤正成 4,850 3 46
6 山本隆広 4,750 3 45
7 村上明生 4,700 2 44
8 南正之 4,650 3 43
9 笠井和紀 4,620 3 42
10 岩前貢正 4,070 3 41
11 秦哲也 4,060 2 40
12 村橋宗英 3,850 3 39
13 岩田純之 3,630 3 38
14 當舎信昭 3,620 2 37
15 森龍也 3,450 2 36
16 坂巻健悟 3,370 2 35
17 粟津裕貴 3,170 3 34
18 辻大吾 3,100 3 33
19 小林紘也 2,910 2 32
20 中矢将之 2,900 2 31
21 宮脇良浩 2,810 2 30
22 佐藤秀夫 2,770 1 29
23 林鋭治 2,750 3 28
24 山下裕史 2,540 3 27
25 日置隆宏 2,540 3 26
26 鷲見隆行 2,480 2 25
27 井上心路 2,440 2 24
28 上田恭弘 2,360 2 23
29 太田雅也 2,200 3 22
30 赤井健二 2,160 2 21
31 中尾雅俊 2,000 1 20
32 井上幸治 1,960 1 19
33 高橋将之 1,900 1 18
34 長友政貴 1,860 2 17
35 熊川智之 1,710 2 16
36 阪東裕之 1,650 1 15
37 西谷明 1,600 3 14
38 河添健二 1,580 1 13
39 武田哲也 1,540 1 12
40 加山智規 1,440 2 11
41 中西紀章 1,440 1 5
42 中山和也 1,400 1 5
43 牧浦伸行 1,360 1 5
44 水野公貴 1,320 1 5
45 浅野弘充 1,300 1 5
46 市川哲也 1,280 1 5
47 寺田裕貴 1,050 1 5
48 奥嘉弘 960 1 5
49 木村慶彦 960 1 5
50 廣渡孝幸 950 1 5
51 神力太一 810 1 5
52 西城雅昭 0 0 5
53 鵜飼良 0 0 5
54 久保雅広 0 0 5
55 浜田昌光 0 0 5
56 武田正貴 0 0 5
57 橋本直樹 0 0 5
58 高橋浩 0 0 5
59 岡田好弘 0 0 5
60 林哲也 0 0 5
61 山田顕義 0 0 5
62 松中涼 0 0 5
63 谷口勇 0 0 5
64 久木淳弘 0 0 5
65 丹羽研三 0 0 5
66 長谷川巨樹 0 0 5
67 瀧川良則 0 0 5
68 杉山洋史 0 0 5
69 森野将司 0 0 5
70 田中次男 0 0 5
71 森規 0 0 5
72 熊川匡士 0 0 0
73 松野光一郎 0 0 0
74 松村裕介 0 0 0

上位の釣り方

NBCチャプター琵琶湖第5戦カスタムシート.jpCUP上位のフィッシングパターン写真 2018-08-19滋賀県琵琶湖


優勝 守屋 高一選手 3本6180g



(エリア)
]史榁賈
∀史榁貪

(釣り方)
ウィードに引っ掛けて、ちょっとだけ動かして待っていると喰ってくれる感じでした。

(使用リグ)
3/8パンチショット
トルキーストレート5.8"(ブラック&ブルーフレーク)



2位 岩田 健司選手 3本5780g



(エリア)
東岸シャロー

(釣り方)
波風で漂着した切れ藻のコカナダモマットをパンチング。
バイトが遠くスッポ抜けもあり、送ったら離す気難しい感じ。
小さく動かしながら止めてバイトを誘った。

巻きが可能なエリアはウィードの状況によってHU-70とブレードジグを使い分け。

暑さによる魚へのダメージを考えて早めに水の綺麗な西岸へ移動しライブウェルに補充しながらウェイイン開始時間の12時半に帰着。

最後にチャプター琵琶湖運営スタッフ様、会場を提供してくださったビワコマリン様、冠スポンサーのカスタムシート.jp様、協賛各社様、選手の皆様、楽しい1日をありがとうございました。

(使用タックル)
パンチング
ロッド:HIDEUP HUMRC-80XH
リール:シマノ クロナーク151 HG
ライン:VARIVAS 怪魚PE Si-X VAMOS 5号
フック :Nogales フッキングマスターリミテッドエディション モンスター3/0
シンカー:スカパンシンカー1.25oz
ワーム:HIDEUP スタッガーワイド3.3インチ ツインテール #122 スカッパノンギル

クランキング
ロッド:HIDEUP HUMC- 610MH+
リール:シマノ メタニウムMGL XG
ライン:VARIVAS ガノア アブソルートAAA 14lb
ルアー:HIDEUP HU-70 #40 ガングレープ

ブレードジグ
ロッドHIDEUP HUMRC-611MGL(グラスロッド)
リール:シマノ メタニウムXG
ライン:VARIVAS ガノア アブソルートAAA 12lb
ルアー:カオスチャター1/2oz
トレーラー:HIDEUP オスマンダF 6.5 ボディ2インチカット



3位 頼末 敦選手 3本5400g



(エリア)
下物エリア全域

(釣り方)
ハンプのブレイクに隣接したエビ藻のエッジをGPSと水深を頼りにパンチショットのランガン。

(タックル)
◎パンチショット

ルアー:エコマグナムスワンプ

カラー:スカッパノン

ライン:サンライン シューターインビジブル #16LB

フック:Dream Express Rures パーフェクトフック #4/0

シンカー:元祖 パンチショットシンカー 1/2oz

ロッド:スミス ザ・ストラテジー・ツアラー V-spec #TVC-610MH



4位 中村 大介選手 3本4930g



(エリア)
人工島水路

(釣り方)
ヒシモマットに対するフリッピング。
中層に浮いた魚に対して、ヒシモの茎にテキサスリグがひっかかったタイミングで重くなるバイトが出る割合が高かった。

(タックル)
ロッド:ホーネットスティンガー”The Flipper”
リール:ABU Black9
ライン:スパイダーワイヤー インビジブレイド65lb
上記を4セット用意し、3/4oz〜1.5ozのテキサスリグでワームを変えて、狙うスポットや地合いによって持ち替えながら釣ったが、軽めのリグでスーッと落とす感じが良かった。

高い水温、水質悪化、減水、とかなり厳しい試合でしたが、雰囲気を掴んで10時にリミットメイク、そして入れ替え3回と順調な試合運びができたのは、正確に投げられて、貴重なバイトを乗せ、濃い植物帯からしっかりと魚を取り込ませてくれたロッドが大きな材料になりました。

最終戦も年間優勝を目指して、自分の釣りを展開します。



5位 八澤 正成選手 3本4850g



(エリア)
赤野井

(釣り方)
水深1mでブレーデッドジグの早巻き。ウィードに当たるか当たらないかぐらいのスピードで巻いていきました。

(タックル)
モグラチャターモンスター3/8oz、トレーラー ジャバシャッド5.5inch

TOP