Internet Explorerでの正確な表示は保証できません。ご了承ください。NBCNEWS推奨ブラウザ: Firefox Chrome Safari

ゲーリーインターナショナル 総合学園ヒューマンアカデミーフィッシングカレッジ プロショップオオツカ OSP

NBCチャプター岡山第3戦キサカマーキュリーCUP
06月17日() 岡山県 高梁川

NBCチャプター岡山第3戦キサカマーキュリーCUP概要写真 2018-06-17岡山県高梁川

2018年チャプター岡山第3戦、キサカ・マーキュリーCUPが、6月17日、岡山県・高梁川で開催された。

夏を思わせる様な好天が続いていたが、水の中では少し遅いスポーニングに絡む魚もいるという事前情報も聞かれていた。

そんな第3戦を制したのは、一昨年茨城から岡山に来られた宝子丸憲康選手。朝一から試合を決めるスーパーキッカーを、エコセンコー5インチのジグヘッドワッキーで仕留めて、「安定力より爆発力」のキャッチフレーズを見事に体現した。準優勝には今年から参戦している蜂谷啓浩選手。上流のカバー周りの見えバスをジグヘッドワッキーで攻略。参戦3戦目にして嬉しい初入賞となった。3位には陸釣りクラブで数々の入賞を誇る土肥建志選手。プラではネコリグに好反応だったが、当日の反応を見て、ノーシンカーとダウンショットに切り替えて、上位陣では唯一のリミットメイクに成功。4位には第2戦で初優勝を飾った中川剣選手。シャローの見えバスをサイトで攻略。連続入賞し、年間争いでも暫定2位につけた。5位には数々の入賞を誇り、今シーズンからはチャプター岡山のスタッフとしても活躍している守屋明斉選手。その日の状況で対応して行き、中流の橋脚跡を重めのネコリグで攻め、キッカーを手にした。

今回協賛頂きました株式会社キサカ様には、沢山の豪華商品のご提供頂き今大会を盛り上げて頂きました。この場をお借りしてお礼申し上げます。

成績表

氏名重量
1 宝子丸憲康 2,662 1 30
2 蜂谷啓浩 1,966 1 29
3 土肥建志 1,869 3 28
4 中川剣 1,814 1 27
5 守屋明斉 1,706 1 26
6 原田宏志 1,638 1 25
7 三島毅士 1,384 1 24
8 有木隆記 1,253 1 23
9 杉元雄一 1,185 1 22
10 塩見友広 991 1 21
11 岡本秀二 983 1 20
12 井筒正俊 967 1 19
13 清水和敏 966 3 18
14 林克典 932 1 17
15 藤本俊明 320 1 16
16 岩崎徹 0 0 5
17 千葉潤一 0 0 5
18 大森啓晶 0 0 5
19 佐々木英樹 0 0 5
20 三宅弘 0 0 5
21 百々洋人 0 0 5
22 渡邊一輝 0 0 5
23 田渕文久 0 0 5
24 鈴木健二 0 0 5
25 小谷睦 0 0 5
26 小寺秀昌 0 0 5
27 池本清 0 0 5
28 津国大輔 0 0 5
29 中川慎也 0 0 5
30 川上十美男 0 0 5
31 平松成夫 0 0 5
32 光本暉 0 0 5
33 那須洋之 0 0 5
34 那須仁司 0 0 5
35 武下和宏 0 0 5
36 松本泰明 0 0 5
37 寺本一生 0 0 5
38 川畑尚久 0 0 5
39 村山正剛 0 0 5

上位の釣り方

NBCチャプター岡山第3戦キサカマーキュリーCUP上位のフィッシングパターン写真 2018-06-17岡山県高梁川

優勝 宝子丸憲康選手



ロッド: レジットデザインWSC67L+
リール: レボKTF
ライン: サンライン7ポンド
ルアー: ゲーリーエコセンコー5インチ
リグ/ウエイト: ジグヘッドワッキー
タクティクス: 前日釣れたポイントへ直行し、朝一でビックワンを釣りました。

コメント: 今回からレジットデザインのロゴ入りトーナメントシャツで気合が入ってました。優勝出来て本当に嬉しいです。トライブ様、レジットデザイン様、ありがとうございます。拓実、お父ちゃんやったどー!!


準優勝 蜂谷啓浩選手



ロッド: HIDEUP マッカ HUMC-66MLST
リール: DAIWA SSエア
ライン: ノガレス デッドオアアライブ8lb 
ルアー: ゲーリー5インチPRO-SENNKO
リグ/ウエイト:  ジグヘッドワッキー
タクティクス: カバーまわりをジグヘッドワッキーで流し、見えバスが居たのでバスの1メートル位先に投げて釣れました。

コメント: 今年から参加させて貰ってますが、優しい先輩ばかりで、いつも色々教えて頂きありがとうございます。


3位 土肥建志選手



ロッド: EGヘラクレス ソリッドセンサー
リール: ツインパワー2500
ライン: サンラインFCスナイパー4lb
ルアー: イマカツ トライデント ジャッカル ヤミー
リグ/ウエイト: ノーシンカー 
タクティクス: プラでは最下流玉島側でバイトがあり、一日そのエリアで釣りをすることにした。プラではネコで釣れてたが、当日はネコに反応が無く、ノーシンカーとダウンショットで釣っていった。思ったよりウエイトが伸びなかったが、3位に入る事が出来た。

コメント: 最近お立ちに立つことが出来ず、久しぶりのお立ちに立てて嬉しい。次戦もお立ちに立てる様頑張ります。いつも仲良くして下さる皆さん、ありがとうございます。


4位 中川剣選手



ロッド: QuonデュナミススーパーコンペディションDSCC-600L-AS
リール: DAIWA SSair
ライン: サンラインFCスナイパー8lb
ルアー: Qu-onバックスライド クラーケンjr

タクティクス: シャロー付近にある杭で、エビを食べていたバスを見つけたので、クラーケンjrを!!サイトでした。

コメント: いつも仲良くしてくれる皆さんありがとうございます。残り2戦頑張ります!!


5位 守屋明斉選手



ロッド: ブラストビーツBBC-62ML-LST
リール: アルデバランBFSXG
ライン: 東レエクスレッド7lb
ルアー: ストレートワーム4.8インチ
リグ/ウエイト: 1/16オンス ネコリグ
タクティクス: 特に決めつけず、その日良い水の場所を釣っていく。釣れたのは中流の橋脚跡で重めのネコリグ。ロックの隙間迄しっかり落としていく。

コメント: スポンサードして下さるジャクソン様、東レ様、釣具の宮一様、仲良くして下さる皆さんに感謝します。ありがとうございました。

TOP