Internet Explorerでの正確な表示は保証できません。ご了承ください。NBCNEWS推奨ブラウザ: Firefox Chrome Safari

ゲーリーインターナショナル 総合学園ヒューマンアカデミーフィッシングカレッジ プロショップオオツカ OSP

NBC陸釣りクラブ広島第1戦イマカツCUP
04月08日() 広島県 芦田川

NBC陸釣りクラブ広島第1戦イマカツCUP概要写真 2018-04-08広島県芦田川

陸釣りクラブ広島の平成30年度初戦、イマカツカップが
平成30年4月8日(日)広島県福山市 芦田川にて開催された。
今年は暖かくなるのが早かったが、大会直前に冷たい雨の日、
そして当日は気温ががっくり冬並みに下がり、選手も役員も慌てて防寒対策を施してそれでもなおブルブルと震えながらの受付になった。
参加者数は新旧取り混ぜてシニア24名、ジュニア3名、小学生を連れてのペア参加が3組とまずまずの賑わいを見せた。
事前の告知どおり、ライフジャケットを着用してくださっているシニア、小学生の選手もおり、今後もライジャケ着用の普及には努めていきたい。

開会式前から、会場には冷たい風が吹き、30名の選手が春の芦田川バスをどう攻略するか、容易ではなさそうな気がすると感じたとおり、待てど暮らせど本部には、時折、選手のみなさんがゴミを持ち帰ってくださるぐらいでバスは来ない。
よもや2度目の完全試合かと思っていたその矢先、本部の目の前の水呑大橋の下であわただしく動いている様子が目に入った。ついに魚か?!選手が水を入れた入れ物を持ち検量に駆けてくるなんだか重たそうだ・・・役員とすでに帰着していた数名の選手みんなでのぞきこむ。「でっか!!!!」
風にあおられながらどうにか測ると51センチ、2500ぐらむの超ビッグフィッシュであった。

 結局この1匹がキッカーとなり、大会初参加・芦田川初バスを釣り上げた荒谷博樹選手が初優勝を飾った。

 閉会式では、冠スポンサーのイマカツ様から頂戴した賞品をジャンケン大会で争奪した。このジャンケン大会も陸釣りクラブ広島のアツイ戦いの1つである。おかげさまで多くの方が賞品を手にすることが出来、ご提供に深く感謝申し上げます。

最後になりましたが、大会を開催するにあたり、協賛をいただいたイマカツ様、ご協力をいただきました地元関係各所の皆様、協力ショップ様に、御礼申し上げます。

 次戦は6月24日(日)にジャッカルカップを開催いたします。多数のご参加をお待ちしております。

成績表

氏名重量
1 荒谷博樹 2,500 1 20
999--- 澤田貴裕 0 0 5
999--- 長谷川晃一 0 0 5
999--- 皿谷哲也 0 0 5
999--- 難波智之 0 0 5
999--- 平山丈夫 0 0 5
999--- 程口真樹 0 0 5
999--- 吉山透 0 0 5
999--- 吉田喬 0 0 5
999--- 高橋朋子 0 0 5
999--- 浅田大樹 0 0 5
999--- 大迫哲也 0 0 5
999--- 田辺裕樹 0 0 5
999--- 渡辺忠弘 0 0 5
999--- 藤井燎平 0 0 5
999--- 妹尾正規 0 0 5
999--- 阿部駿 0 0 5
999--- 武内克明 0 0 5
999--- 浅田章稔 0 0 5
999--- 津森敏史 0 0 5
999--- 大戸孝文 0 0 5
999--- 石黒健太 0 0 5
999--- 片岡主浩 0 0 5
999--- 大出純幸 0 0 5
999--- 関藤睦雄 0 0 5
999--- 山本陽晴 0 0 5
999--- 川本陸斗 0 0 5
999--- 湯川尚輝 0 0 5
999--- 荒谷聖哉 0 0 5
999--- 倉上亨 0 0 5
999--- 倉上日向 0 0 5
999--- 鹿野晃司 0 0 5
999--- 鹿野互鉄 0 0 5

上位の釣り方

NBC陸釣りクラブ広島第1戦イマカツCUP上位のフィッシングパターン写真 2018-04-08広島県芦田川

優勝 荒谷博樹(一般)


【いつ釣れましたか?】
午前11時30分ごろ

【どこで釣れましたか?】
水呑大橋の橋脚たもと

【どのようにして釣りましたか?】
・ノーリーズ エスケープツイン
・シーガー白フロロリミテッド 14ポンド
橋脚裏に流して釣りました

【一言どうぞ】
初めての参加でしたが、楽しかったです。ナポリターン!!

TOP