Internet Explorerでの正確な表示は保証できません。ご了承ください。NBCNEWS推奨ブラウザ: Firefox Chrome Safari

ゲーリーインターナショナル 総合学園ヒューマンアカデミーフィッシングカレッジ プロショップオオツカ OSP

NBCチャプター茨城第3戦スミスCUP
09月09日() 茨城県 霞ヶ浦・北浦

NBCチャプター茨城第3戦スミスCUP概要写真 2018-09-09茨城県霞ヶ浦・北浦

9月9日 NBCチャプター茨城第3戦 スミスカップが霞ヶ浦・北浦水系で行われました。本来ならば6月に行う予定の試合でしたがJB霞ヶ浦シリーズの振替日と重なってしまった為本日に順延となった試合でした。まだまだ残暑が厳しく更に南風がきつく吹く中での開催となりましたが風と水流などの条件を的確にとらえた選手が上位に入賞した試合でした。

成績表

氏名重量
1 田島昌和 3,485 3 50
2 大和田陽介 2,915 3 49
3 石橋康二 2,590 3 48
4 藤村智広 2,225 3 47
5 富村貴明 2,200 2 46
6 内山裕 1,705 3 45
7 飯田秀明 1,630 3 44
8 小西純 1,575 1 43
9 正木敦 1,515 3 42
10 椎名昇一 1,475 3 41
11 江口友弘 1,430 2 40
12 正木博 1,395 3 39
13 増田哲 1,370 1 38
14 原誠 1,355 1 37
15 加藤浩道 1,215 1 36
16 中澤寛之 1,180 2 35
17 岩良太 965 3 34
18 長谷川修 955 1 33
19 佐々木薫 880 1 32
20 山本勝美 710 1 31
21 小古間努 660 1 30
22 小池孝 660 1 29
23 花岡史彦 580 1 28
24 金澤俊一 550 1 27
25 室園貴光 540 1 26
26 高橋拓也 530 1 25
27 根本健一 450 1 24
28 中嶋康夫 410 1 23
29 栗田翼 360 2 22
30 宮嶋駿介 280 1 21
31 志賀裕介 0 0 5
32 志水一成 0 0 5
33 大竹勝裕 0 0 5
34 高崎正義 0 0 5
35 廣木和也 0 0 5
36 岡山英史 0 0 5
37 岡本正己 0 0 5
38 林祐吾 0 0 5
39 ワキアレキサンダーベルトリン 0 0 5
40 小原誠 0 0 5
41 野口隼矢 0 0 5
42 五十嵐圭介 0 0 5
43 吉沢康男 0 0 5
44 小林大介 0 0 5
45 大出悟 0 0 5
46 牛若勇 0 0 5
47 千速純 0 0 5
48 森正人 0 0 5
49 正木正実 0 0 5
50 小宮英明 0 0 5
51 緑川範幸 0 0 0

上位の釣り方

NBCチャプター茨城第3戦スミスCUP上位のフィッシングパターン写真 2018-09-09茨城県霞ヶ浦・北浦

岸釣りの部
優勝 石崎 雅之選手 825g 霞ヶ浦本湖の鋼矢板とゴロタ石の絡む護岸エリアをO.S.P 3Dワッキーの3.1gネコリグでせめた。肝は風が当たる面のすぐの風裏のよどみとシェード。ブラックカラーでシルエットをはっきり見せた。

準優勝 鈴木 陽一選手 795g 牛堀大橋手前の消波ブロックの切れ目をO.S.P 3Dワッキーのネコリグをボトムでゆっくり動かしてバイトに持ち込んだ。

第3位 岸辺 広志選手 655g 夜越川の橋脚の手前でティムコ・ロケットバグ43の  ノーシンカーを足元にフォールさせてラインが走った。先行者のどいた後の足元にキャストしたら釣れた。ォールさせてラインが走った。先行者のどいた後の足元にキャストしたら釣れた。

第4位 久保 守選手 645g 夜越川の入り口のやや沖目をイマカツ・斬風SPで攻めた。ボトムをクランキングしてバイトに持ちこんだ。

第5位 中村 有知選手 630g 霞ヶ浦本湖の水門周りのゴロタ石をイマカツ・アンクルゴビー2インチのDSリグで攻めた。

ボートの部
優勝 田島 昌和選手 3本 3485g 崎浜〜土浦エリアのシャローの杭、木枠のジャカゴ、アシ、ブッシュ等を回りグッドサイズで揃えた。肝は大きく見て岬状の地形に絡んでいてウインディーサイド側を釣ることを心掛けた。杭はティムコ・ロコイズム、フレキシーシャッド3インチの5gヘビーDSリグで、アシや木枠はティムコ・シャイナースティックのノーシンカーリグとルアーを使い分けた。

準優勝 大和田 陽介選手 3本 2915g 鰐川の消波ブロックエリアでEG・TGブロー3/8ozにエコゲーリー4インチグラブとエコゲーリー・2.5インチレッグワームの5gDSリグと使い分けてこのウエイトを持ち込んだ。

第3位 石橋 康二選手 3本 2590g 牛堀〜境島などの下流エリアの縦ストラクチャーの水深1.5m位のところをメインにレインズ・Gテールサタン3.5の5g ヘビーDSリグで釣っていった。

第4位 藤村 智広選手 3本 2225g 外浪逆浦の岬状のエリアにある沈船周りや葦をO.S.P・ハイピッチャー3/8ozDWで攻めた。すべてスピナーベイトでの魚をウエインした。

第5位 富村 貴明選手 2本 2200g 朝一は浚渫に勝負をかけたが1バイトのみで不発に終わりその後下流部の水門がらみのシートパイルをO.S.P・ドライブSSギルの3.5gテキサスリグで攻めて2本のキロオーバーを釣ることが出来た。

TOP