Internet Explorerでの正確な表示は保証できません。ご了承ください。NBCNEWS推奨ブラウザ: Firefox Chrome Safari

ゲーリーインターナショナル 総合学園ヒューマンアカデミーフィッシングカレッジ プロショップオオツカ OSP

NBCチャプター岡山第4戦エバーグリーンCUP
09月02日() 岡山県 高梁川

NBCチャプター岡山第4戦エバーグリーンCUP概要写真 2018-09-02岡山県高梁川

2018年チャプター岡山・第4戦エバーグリーンCUPが9月2日、岡山県・高梁川で開催された。

7月豪雨の為、延期となっていた第4戦。年間ランキングを争う最終戦は、まさかの年間上位がことごとく崩れるという厳しい試合となった。

そんな第4戦を制したのは、高梁川で行われるオープン大会でも常連組でもある林克典選手。最上流でフィーディングの魚を狙い、チャプター戦で2回目の優勝を手にした。準優勝は長年チーム児島のメンバーとして参戦の武下和宏選手。プラ無しで挑んだものの上流域で良型を2本持ち込んだ。3位にはJB旭川で年間タイトル獲得経験もある細川修平選手。流れを意識した攻めで、1本ながらグットサイズをゲットした。4位には今年から約15年ぶりのチャプター戦に復活参加している那須洋之選手。シャッドからネコリグへのプラン変更が成功し、嬉しい復活入賞を果たした。5位には第5戦で準優勝した岩崎徹選手。厳しい中、2本をウエインして連続入賞となった。

年間上位陣が揃ってNFという厳しい最終戦を終え、注目の年間ランキングは、岡山を代表するアングラーの一人、塩見友広選手。最終戦はNFに終わったものの、それまでのリードを生かして3回目の年間カップを手にした。年間準優勝には、本年度スタッフとしても活躍した守屋明斉選手。第5戦の優勝を含め好成績を残した。年間第3位は今年から参戦の中川剣選手。参戦1年目からいきなり第2戦で優勝して注目を集めた。年間第4位は最終戦での優勝で巻き返した林克典選手。年間第5位には後半戦、連続入賞した岩崎徹選手が入賞した。

今大会でチャプター岡山2018年度の通常日程を終えました。今年は7月に流域で大きな災害がありましたが、関係各所、選手の皆さん、スタッフのお陰で、通常日程を大きな事故やトラブルも無く、無事終える事が出来ました。

今期チャプター岡山開催にあたり、各大会に多数の商品を提供して頂きましたスポンサー各社様、協賛・協力加盟店様、関係各位様、参加選手の皆様にスタッフ一同心からお礼申し上げます。

また来年度もチャプター岡山をよろしくお願いします。

成績表

氏名重量
1 林克典 2,985 3 30
2 武下和宏 2,340 2 29
3 細川修平 1,791 1 28
4 那須洋之 1,216 1 27
5 岩崎徹 1,194 2 26
6 杉元雄一 1,076 1 25
7 岩佐洋志 1,042 2 24
8 千葉潤一 963 1 23
9 平松成夫 872 2 22
10 松本泰明 793 1 21
11 三島毅士 483 1 20
12 百々洋人 383 1 19
13 塩見友広 0 0 5
14 井筒正俊 0 0 5
15 有木隆記 0 0 5
16 大森啓晶 0 0 5
17 佐々木英樹 0 0 5
18 土肥建志 0 0 5
19 渡邊一輝 0 0 5
20 宝子丸憲康 0 0 5
21 津国大輔 0 0 5
22 中川慎也 0 0 5
23 川上十美男 0 0 5
24 清水和敏 0 0 5
25 守屋明斉 0 0 5
26 中川剣 0 0 5
27 那須仁司 0 0 5
28 原田宏志 0 0 5
29 蜂谷啓浩 0 0 5
30 寺本一生 0 0 5
31 藤本俊明 0 0 5
32 村山正剛 0 0 5

TOP