ゲーリーインターナショナル 総合学園ヒューマンアカデミーフィッシングカレッジ プロショップオオツカ OSP

nbc logoNBCチャプター東北ブロックチャンピオンシップ

2019年 10月20日() 福島県 桧原湖

nbc logoNBCチャプター東北ブロックチャンピオンシップ

2019年 10月20日()

福島県 桧原湖

NBCチャプター東北ブロックチャンピオンシップ<span class="title_sponsor_name"></span> 概要写真

この度の台風19号・台風15号により被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。
被災地の一刻も早い復興を、心よりお祈り申し上げます。

10月20日(日)、2019年東北ブロックチャンピオンシップが、紅葉が始まった桧原湖で開催されました。
台風19号では数多くの選手が被災し今回の大会を開催すべきかどうかスタッフ一同本当に悩みました。しかし一年間この大会を目標に頑張ってきた選手がいます。幸いに桧原湖は台風の被害がほとんどなかったこともあり予定通り開催することと致しました。
今年は東日本決勝大会も桧原湖で開催されることもあり、東北ブロックの選手はいつも以上に気合が入っていました。

前日は冷たい雨が降っていましたが、当日は雨も上がり釣りがしやすい天候となりました。
プラクティスの状況を聞くと、台風による増水とひどい濁りが重なりコンディションとしては良くなくバイトも少ない状態だったようです。

大会当日朝は、湖面に靄がかかった中スタートしました。やはりディープは沈黙しているようでベイトフィッシュも消えていたようです。
そんな中、総勢57名の選手の熱い戦いがスタートしました。

成績表

順位氏名重量ポイント
1木戸郁也3,0573 50
2坂下仁一2,6823 49
3志賀真一2,6523 48
4秋葉紀幸2,4383 47
5小池一行2,4093 46
6松原幸範2,0842 45
7伊藤諭1,9993 44
8諸根孝1,8063 43
9渡辺勇人1,7352 42
10浜本将史1,5772 41
11初瀬泰幸1,5632 40
12深谷哲也1,4393 39
13本田賢一郎1,4142 38
14野崎新1,2212 37
15入間川伸二1,1192 36
16佐藤秀人1,0992 35
17佐藤透1,0511 34
18大高英之9421 33
19森圭一9221 32
20佐藤敦也6821 31
21深瀬亮5591 30
22才須雄哉5511 29
23大賀孝5021 28
24斉藤丈晴5021 27
25畑野徹3851 26
26篠原健二00 0
27深田昌秋00 0
28佐藤淳二00 0
29藤森政仁00 0
30天田弘一00 0
31関之台一寿00 0
32鈴木孝市00 0
33岡田政行00 0
34蒲倉崇00 0
35梓沢憲之00 0
36佐藤克紀00 0
37越川貞治00 0
38岡村宏規00 0
39牛尾大介00 0
40原田博英00 0
41野地一輝00 0
42寺尾稔00 0
43二瓶大00 0
44松田強00 0
45佐藤健太00 0
46遠藤隼人00 0
47伊藤重行00 0
48宮内哲治00 0
49江口勝也00 0
50橋本哲也00 0
51里見栄之00 0
52本田和弘00 0
53加藤哲也00 0
54田宮剛00 0
55桑原克之00 0
56菅野伸00 0
57佐藤明紀00 0

上位の釣り方

NBCチャプター東北ブロックチャンピオンシップ上位のフィッシングパターン写真 2019-10-20福島県桧原湖

優勝 木戸郁恵也選手


3,057g(3匹)
エリア:馬の首 西岸岬、狐鷹森のバンク、無明島のバンク
ルアー:OSP タイニーブリッツDR、OSP タイニーブリッツMR
ひと言:東日本決勝大会はひたすら巻きまくります!!


準優勝 坂下仁一選手


2,682g(3匹)
エリア:馬の首 東岸、大川沖3m
ルアー:ユニオンスイマー、メガバス ワンテン+1、x120
ひと言:東日本決勝大会 No1とるぞ〜!! 皆様おつかれ様でした。


第三位 志賀真一選手


2,652g(3匹)
エリア:神社沖4m
ルアー:モコリークロー ブラック 5gキャロナイナリグ
ひと言:代表としてがんばります。


第四位 秋葉紀幸選手


2,438g(3匹)
エリア:馬の首 バンク、馬の首 10m、馬の首 ハンプ
ルアー:ノーシンカー サイト、アンクルゴビィ イモ キャロナイナリグ
ひと言:東日本決勝大会 東北を代表してがんばります。


第五位 小池一行選手


2,409g(3匹)
エリア:京ヶ森 7m
ルアー:ウルトラフィネスクローラー ダウンショット、サンスン、ライトキャロ

近年のJBトーナメント情報

2018年 2017年 2016年 2015年

近年のNBCトーナメント情報

2018年 2017年 2016年 2015年

TOP