ゲーリーインターナショナル 総合学園ヒューマンアカデミーフィッシングカレッジ プロショップオオツカ OSP

nbc logoNBCチャプター北浦第5戦ハーツマリンCUP

2019年 09月15日() 茨城県 北浦

nbc logoNBCチャプター北浦第5戦

ハーツマリンCUP

2019年 09月15日()

茨城県 北浦

NBCチャプター北浦第5戦<span class="title_sponsor_name">ハーツマリンCUP</span> 概要写真

2019年度第5戦ハーツマリンCupが9月15日に北浦の潮来マリーナを会場としてショア部門25名、ボート部門46名の参加で開催されました。
まず最初に台風による被害にあわれた皆様に心からお見舞い申し上げます。
大型の台風で大きな被害が出た茨城千葉、会場となる潮来マリーナ様でも艇庫の破損や桟橋が沖までが流され、更に停電等が発生しました。そんな状況の中で開催も危ぶまれましたが停電も復旧し参加する選手等も参加出来る状況にまでになったとの事で予定通り最終戦を開催する事になりました。今回の冠のハーツマリン様でも台風の被害が出てる中でサポートプロで昨年のTOP50年間を獲得した早野剛史選手も参戦し大変盛り上がる大会になりました。
当日の朝は涼しく夏の終わりを感じる穏やかさでしたが、北浦も時間が経つごとに徐々に東寄りの風が強まり、水門開放で水位も急激に下がり始める状況でした。台風で水が動かされた湖、水門の開放で出来た流れと減水にどうやって選手がバスの動きを読み釣ってくるのかが楽しみな大会にないました。
ショア部門では台風による影響で浅場には濁りが入りゴミ等多く、且つ向かい風で釣り辛い状況だったようで7名のみのウエインになりました。その中でも唯一キロアップのバスを持ち込んだ宮内淳選手が優勝しました。そして年間は今年抜群の釣果をあげ全戦でお立ち台に上がり2度の優勝をした安藤孝浩選手が見事に年間優勝をしました。
ボート部門では約半数の25名がウエインとタフな状況の中で7名がリミットメイクし上位2名が3キロ越えとなり、3,480gを持ち込んだ田島昌和選手が見事に今年2度目の優勝をし、冠スポンサーのハーツマリン様から優勝商品のガーミン魚探が贈られました。そして見事に年間の優勝も獲得しました。
今回は甚大な被害のあった台風後の開催になりこの北浦霞水系周辺のマリーナでも多くの被害が出る中で色々と迷うところもありましたが開催し選手が集まる事で復旧のお手伝いになればと思い開催しました。
これで今年開催の大会すべてを無事に事故なしで開催する事が出来ました事、参加していただきました全ての選手に感謝致します。
残すところは関東ブロックAですが今年はこのチャプター北浦を開催する潮来マリーナを会場とし北浦にての開催になりました。チャプター北浦から参戦する方はホームの湖になりますので悔いの無いように頑張って下さい。
今回冠スポンサーのハーツマリン様には素晴らしい協賛品を多数ご提供いただきました事、また協賛いただきました各協賛スポンサー様、素晴らしい環境の会場をご提供して頂いた潮来マリーナ様にこの場をお借りしてお礼申し上げます。

ボート部門成績表

順位氏名重量ポイント
1田島昌和3,4803 50
2青木敬一3,3803 49
3江尻悠真2,8703 48
4根本健一2,3203 47
5宮嶋駿介2,1003 46
6成田宣昭1,8003 45
7高木典之1,6403 44
8内山裕1,4302 43
9徳田和広1,2701 42
10小原誠1,1402 41
11伊藤健二9301 40
12賀来聡介8602 39
13松田守彦8601 38
14藤村智広8501 37
15鹿住大輔7601 36
16古谷将伺5901 35
17忽那隆祥5501 34
18松信純5301 33
19菅井陽介4501 32
20小野明男4501 31
21森正人4401 30
22倉本剛3901 29
23掛水崚3801 28
24ワキアレキサンダー3701 27
25浦塚剛志3401 26
26諏訪亨00 5
27小古間努00 5
28清水隆男00 5
29小池孝00 5
30細田和広00 5
31牛込雄太郎00 5
32柳岡昭寿00 5
33小林治00 5
34赤石佑太00 5
35君嶋一慶00 5
36宝子丸憲康00 5
37小宮英明00 5
38村田茂穂00 5
39日置典重00 5
40田中俊一00 5
41津久浦慶仁00 5
42一瀬哲也00 5
43柏木昇00 5
44早野剛史00 5
45田鍋秀和00 5
46金子崇裕00 0

ショア部門成績表

順位氏名重量ポイント
1宮内淳1,0701 50
2佐藤征文8401 49
3石崎雅之7701 48
4安藤孝浩6801 47
5藤原拓真6701 46
6五来元彦4701 45
7上原昭彦801 44
8石川一光00 5
9五十嵐潤一郎00 5
10小林隆之00 5
11牧野忠00 5
12上原充恵00 5
13浪川正吉00 5
14越川和幸00 5
15長澤政規00 5
16長津俊一00 5
17柿澤明美00 5
18柿澤幸雄00 5
19鈴木陽一00 5
20青木隆之00 5
21石田英二00 5
22岸辺広志00 5
23泉亮汰00 5
24鈴木利明00 5
25兼田隆00 5

上位の釣り方

NBCチャプター北浦第5戦ハーツマリンCUP上位のフィッシングパターン写真 2019-09-15茨城県北浦

◆優勝:田島昌和 選手


【エリア 】潮来マリーナ周辺,武田川周辺,山田ワンド
【リ グ 】リンキンシャッド5 ノーシンカー,ブラックアウトクロー 3.5gリーダーレスDS
【タックル】ロッド>Fenwick スーパーテクナS-TAV610CMHP+J TZ + リール>15アルデバラン + ライン>フロロ14lb + ルアー>リンキンシャッド5 + フック>オフセット#5/0,ロッド>Fenwick ACES68CMJ + リール>15アルデバラン + ライン>フロロ14lb + ルアー>ブラックアウトクロー 3.5gリーダーレスDS
【コメント】今回の最終戦を優勝して年間優勝も取ることが出来ました。1年を通じてFenwickのロッドでミス無くバスをキャッチ出来たことが年間優勝に繋がったと思います。詳細は後ほどティムコHPのフィールドレポートにUPしますのでチェックしてみて下さい。

◆2位:青木敬一 選手


【エリア 】釜谷の石積みエリア
【リ グ 】1/16ダウンショット カットテール
【タックル】ロッド>シマノ エクスプライド 264 + リール>シマノ ステラ2500S + ライン>東レ エクスレッド 5lb
【コメント】石積みエリアの石を超える時にスイミングさせてバイトを誘うパターン。石に潜られ、擦られながらのやり取りでしたが、バス4匹 内キロバス3匹をキャッチ出来ました。傷付いても、切れにくいエクスレッドのおかげで準優勝出来ました。山中湖momoと東レの皆様に感謝します。詳しい内容は、東レのFnet内に有ります。

◆3位:江尻悠真 選手


【エリア 】川の河口のリーズ、ブッシュ,北浦全域,水位変動に合わせてランガン
【リ グ 】モコリークローTGデルタ7gリーダーレスDS スタンダード2/0 ,アングラテールスゴイシンカー6gTX スタンダード3/0
【タックル】インフィニットブレイド プロト 16lbライン,インフィニットブレイドIBC-610MH 14lbライン
【コメント】勝てた試合でしたが自分のミスで勝てなかった事が悔しいです。日頃サポートして頂いてるism様、ゲーリーインターナショナル様、RYUGI 様ありがとうございます。

◆4位:根本健一 選手


【エリア 】居合の護岸,会場前桟橋
【リ グ 】ドライブビーバー3.5インチ,グリーンパンプキン5gフリーリグ
【タックル】フェンウィックMHロッド + ダイワPX68L + フロロ14lb
【コメント】護岸で釣ったラッキーフィッシュに助けられました。スタッフの方々、いつもありがとうございます(^.^)(-.-)(__)

◆5位:宮嶋駿介 選手


【エリア 】蔵川、山田ワンド
【リ グ 】ダイワ スティーズスピナーベイト3/8オンス, 3.5gテキサスリグ ゲーリーヤマモト モコリークロー
【タックル】スピナーベイト>セントクロイ エイビッド M + ダイワ スティーズ SV 6.3 + FCスナイパー12ld,テキサス>ダイワ スティーズ スカイレイ パワープラス + ダイワss air + FCスナイパー10ld
【コメント】いつもお世話になっているハーツマリンさんの冠大会で入賞できて嬉しく思います。いつも釣りについてアドバイスをくれる先輩やランチング、メンテナンス等お世話になっているハーツマリンさん、今回一緒に出場したハーツメンバーの皆様のお陰でもあります。次戦、ブロック大会チャンピオンシップも入賞目指して頑張ります。

今年のNBCチャプター北浦

近年のNBCチャプター北浦

近年のJBトーナメント情報

2018年 2017年 2016年 2015年

近年のNBCトーナメント情報

2018年 2017年 2016年 2015年

TOP