ゲーリーインターナショナル 総合学園ヒューマンアカデミーフィッシングカレッジ プロショップオオツカ OSP

nbc logoNBC陸釣りクラブ広島第3戦エバーグリーンCUP

2019年 07月14日() 広島県 芦田川

nbc logoNBC陸釣りクラブ広島第3戦

エバーグリーンCUP

2019年 07月14日()

広島県 芦田川

NBC陸釣りクラブ広島第3戦<span class="title_sponsor_name">エバーグリーンCUP</span> 概要写真

昨年の豪雨を思わせるような雨が降っていたが奇跡的に小止みになった令和元年7月14日(日)
会場をいつもの東岸に戻して、陸釣りクラブ広島第3戦エバーグリーンカップが開催された。
工事の都合で西岸開催した第1回と第2回は見事な完全試合となってしまったが、今回はどうであろうか。
小雨の降る中、雨具を装備した選手の受け付けが始まり、シニア、ジュニア、ペアの各部門に20人を超える
選手がエントリーした。

エバーグリーンカップということで、陸釣りクラブ広島出身で現在はエバーグリーンフィールドスタッフの
村上仁選手が駆けつけてくれ、華を添えてくださった。開会式ではフライト順を決める重要なくじびきも
担当していただいた。

7時にスタート。今回は会場を法音寺橋にしたので、ちょうど大会エリアの中間地点に位置しており
選手たちは三々五々スタートしていった・・・・・と思ったら帰ってきたのが松本健嗣選手。
2投目にヒットしたという1492gのしっかりしたバスをウエインした。
その後、11時に村上仁選手がマスターズ選手の意地で釣り上げたバスをウエインし、終了となった。

閉会式では、スポンサーであるエバーグリーン様からご提供いただいた商品のほか、村上選手からも
ご提供いただいた品があり、会場は大盛り上がりとなった。また久しぶりにつれたバスに、
やはり東岸だねぇという声も上がり、大会運営の参考となる大会になった。

最後になりましたが、本大会を開催するに当たり、ご協賛をいただきましたエバーグリーン様、
ご指導、ご協力をいただきました福山市役所ほか地元関係各所様、各ショップ様、
国土交通省河口堰管理支所様に心より御礼申し上げます。

次戦は令和元年9月8日(日)に、レイドジャパンカップを開催します。
今年度の最終戦であり、まだまだ年間入賞へ食い込むことができます!
多数のご参加をお待ちしております

成績表

順位氏名重量ポイント
1松本健嗣1,4921 20
2村上仁351 19
999---関藤睦雄00 5
999---武内克明00 5
999---荒谷博樹00 5
999---湯川尚輝00 5
999---森川和輝00 5
999---鹿野晃司00 5
999---鹿野互鉄00 5
999---村上秀次00 5
999---村上渚00 5
999---澤山真00 5
999---田中俊行00 5
999---浅田大樹00 5
999---小川雄生00 5
999---吉山透00 5
999---藤井燎平00 5
999---壹岐透00 5
999---妹尾正規00 5
999---高橋朋子00 5
999---難波智之00 5
999---大戸孝文00 5
999---松本道史00 5

上位の釣り方

NBC陸釣りクラブ広島第3戦エバーグリーンCUP上位のフィッシングパターン写真 2019-07-14広島県芦田川

第1位 松本健嗣(一般)


【いつ釣れましたか?】
大会開始後10分(7:06ごろ)
【どこで釣れましたか?】
草度大橋
【どのようにして?】
橋脚の周りにテナガエビを食っているバスがいると思い、ポイントを選択しました。
フリックシェイクに0.6gのネイルを入れたネコリグで橋脚の上流にキャストし、
ドリフトさせて橋脚をなめるように流していたら釣れました。
【一言どうぞ!】
開始すぐに良いバスを釣らせていただきました。
今回も、釣れたバスは2匹とタフな中、貴重な一匹で優勝できました。
次回も良いバスを釣れるよう頑張ります!

第2位 村上仁 


【いつ釣れましたか?】
午前11時ごろ
【どこで釣れましたか?】
神島橋手前の中州入口、カナダモが点在するシャロー
【どのようにして?】
ロッド:FACT HFAS-61ULST
ルアー:C-4シュリンプ2.8インチ ノーシンカーのドリフト
ライン:バスザイル マジックハードR3lb
【一言どうぞ!】
地元広島県、そしてエバーグリーンカップでお立ち台に立てたことをうれしく思います。
サポートしてくださるエバーグリーンインターナショナル様、いつもありがとうございます。また、運営してくださる池田会長をはじめスタッフの方々に感謝申し上げます。


TOP