ゲーリーインターナショナル 総合学園ヒューマンアカデミーフィッシングカレッジ プロショップオオツカ OSP

nbc logoNBCチャプター三瀬谷第4戦ガンクラフトCUP

2019年 09月08日() 三重県 三瀬谷ダム

nbc logoNBCチャプター三瀬谷第4戦

ガンクラフトCUP

2019年 09月08日()

三重県 三瀬谷ダム

9月15日(日)にチャプター三瀬谷第4戦ガンクラフトCUPが開催されました。
本来は9月8日(日)に開催予定でしたが台風15号接近による危険を回避するため1週間延期しての開催となりました。また、当日は下流域でレガッタの大会が開催されるためエリアを規制しての開催となりました。この状況変化にどのようにアジャストするかが試される1戦となりました。
日に日に秋の様子が深まりつつある三瀬谷ダム周辺ですが、持ち込まれたバスのウエイトをみると水中も秋の気配が進行しているようでした。表彰台に上がった選手のインタビューからも、「バスが散っていた。」「シャローより少し深めのポイントで釣れた。」という話が聞かれました。やはり、バスフィッシングはその時の状況に合わせることが重要な要因となることを改めて感じされられる1戦でした。
今回スポンサードをいただきましたガンクラフト様から、多数の豪華賞品を提供していただきました。この場をお借りして、深く感謝を申し上げます。
今回は近隣のチャプターが終了していることもありスポットで参加していただいた選手も数人いて、新たな風を吹き込んでいただきました。最終戦第5戦フィッシング遊CUPは10月6日(日)三瀬谷ダムにて開催予定です。皆様の多数の御参加お待ちしております。

成績表

順位氏名重量ポイント
1池田航1,9513 40
2竹内峰仁1,9263 39
3橋本裕介1,9073 38
4荒木勇樹1,6923 37
5西川恭太1,6643 36
6林亮太1,5293 35
7稲垣信明1,3803 34
8山形いつむ1,2723 33
9舛本雄也1,1983 32
10大原悠1,0623 31
11大淀哲弘1,0023 30
12奥出一夫9663 29
13島井雄司8963 28
14関口順8703 27
15竹田光徳8303 26
16伊藤暢浩8253 25
17田中孝治7492 24
18永井隼人6482 23
19河上賢太朗6031 22
20田中邦明5592 21
21石井伸幸5322 20
22奥野暢久4752 19
23伊藤博文4632 18
24東弘史3922 17
25西出賢也3423 16
26小筆伸次2871 15
27斉広峰2281 14
28森寿輝751 13
29丸岡弘明00 5
30山岡拓哉00 5
31中川健00 5
32冨岡秀紀00 5

上位の釣り方

優勝 池田航選手


 本田ワンドより上流、須山橋のあたりで岩周り、1mから2mの水深で。流している時はエコスワンプジュニアのネコリグ。岩周りではエコスワンプミニのワッキーダウンショット。

2位 竹内峰仁


 多度橋の岬の沖で10m〜13mのディープを漁探でバスを探しながら、カーリーカーリ4インチオフセットのダウンショット3.5gを置いておく感じで。

3位 橋本裕介


 多度橋対岸の崖崩れ後のボトムで、約800gを2本と約300gを1本でリミットメイク。エコスワンプジュニア、エコスワンプミニのダウンショット、オフセットフックを使用。

4位 荒木勇樹


 スロープ上流のクリークの入り口でエコスワンプミニのネコリグ0.9g。もみじ館下の張り出した岬のレイダウンでカバーネコ。宮川大橋の50mぐらい下流のレイダウンで5インチプロセンコーのカバーネコ。

5位 西川恭太


 須山橋付近とスロープ対岸のクリーク出口少し沖目。パワーフィネスでヘビーカバー。3.5gネコリグ、PEライン使用。HPシャッドテール3.1インチ、10gヘビダン。トルキーストレートネコリグ1.8g。

TOP