ゲーリーインターナショナル 総合学園ヒューマンアカデミーフィッシングカレッジ プロショップオオツカ OSP

nbc logoNBCチャプター宮城第4戦バレーヒルCUP

2019年 07月14日() 宮城県 フィッシャーズイン

nbc logoNBCチャプター宮城第4戦

バレーヒルCUP

2019年 07月14日()

宮城県 フィッシャーズイン

NBCチャプター宮城第4戦<span class="title_sponsor_name">バレーヒルCUP</span> 概要写真

2019年のチャプター宮城、第四戦目であるバレーヒルCUPがフィッシャーズインさまで開催されました。

当日の天候はスタート時から雨模様。その後、曇り→雨というように、天候が移り変わる中で行われました。

目まぐるしく変化する天候と、前回よりもナーバスなバスと向き合い、多くの選手が苦労なされていました。

しかし、上位陣は常に変化していくポンドの状況に対し、しっかりとリミットを揃え、前半・後半を通して、釣果を上げてきました。

また、隣県から多数の参加者に恵まれ、シーズンを通して多いに盛り上がった大会となりました。

そして、心良くこのチャプター宮城を受け入れてくれるフィッシャーズインさまに役員共々感謝しております。

最後になりますが、冠のご協賛を頂いた バレーヒル様 ありがとうございます。

成績表

変則レギュレーションのため正常に表示できません。順位はあっています。

順位氏名重量ポイント
1軽部俊範2,0170 30
2阿部孝行2,6850 29
3深瀬亮1,9190 28
4高橋健二1,4650 27
5熊谷颯太1,5990 26
6秋葉紀幸1,3760 25
7古川勇太1,4600 24
8齋藤昭宏1,3480 23
9北條秀樹1,3340 22
10清水聡1,3330 21
11上手健太郎1,0880 20
12齋藤正則1,1410 19
13高瀬拓也4450 18
14末永知之4960 17
15菅野忠晃4840 16
16鈴木亮太4540 15
17橋本哲也1020 14
18木村淳4290 13
19猪又和也00 5

上位の釣り方

NBCチャプター宮城第4戦バレーヒルCUP上位のフィッシングパターン写真 2019-07-14宮城県フィッシャーズイン

・優勝 軽部選手


ルアー:前半は、レイン、キックリンガー(霞ジンゴローム)。後半はジャッカルウォブリング(グリパンチャート)。
ロッド:UL6
リール:2500番
ライン:FCスイナイパー2.5
前半の早い段階で、1.8gのDSで回遊してくるバスをサイト3本喰わせた。後半は開始早々U字溝に入っているバスを見つけて、2本喰わせた。
コメント:お疲れ様でした。次も頑張ります。

・準優勝 阿部選手


ロッド:ボンバーファクトリーBFS-64UL,TNSP
リール:2500番
リグ:DS・ノーシンカー
ワーム:ベイトブレス ヴェインパワー+3.5インチ、フィッシュテールシャッド2.8インチ
1266gというBigフィッシュが入るも後半戦1本しか釣れずこの結果です。優勝したかったなぁ〜。そしていつもお世話になっているベイトブレス様、ゴールドハウス目黒様、チャプター宮城の選手の皆様ありがとうございます。

・3位 深瀬選手


ロッド:アブホーネットスティンガーPLUS 671ULS
リール:シマノ レアニウムCI4 C2000
ライン:フロロR18,2lb
ワーム:バークレイ ガルプFry(パンプキンシード)
釣り方:ガルプFryをカットしてノーシンカーのイモで使用。ストラクチャー壁のフォールと見えバスのの目の前に通して口を使わせる。

・4位 高橋選手


ロッド:63ML
リール:ステラ2500S
ライン:フィネスブレイブ
前半、アシのアウトサイドをHPシャッドテール3.1インチのノーシンカーで釣った。
後半、ロープのキワをダイワのスキニーカーリーの0.8gのダウンショット、スイミングで中層を狙って釣った。

・5位 熊谷選手


ロッド:AIR EDGE 64UL/LS・E
リール:THE ORY 2004H
ライン:ナイロン6lb
ルアー:HP シャッドテイル2.5インチ(OSP)、1.1gジグヘッドリグ
・イモグラブ(ゲーリーヤマモト)
・釣り方:前半戦はHPシャッドテール2.5インチのジグヘッドリグをカバーに投げて3本取りました。後半戦はイモグラブのノーシンカーをストラクチャーの際に投げて2本取りました。

今年のNBCチャプター宮城

近年のNBCチャプター宮城

近年のJBトーナメント情報

2018年 2017年 2016年 2015年

近年のNBCトーナメント情報

2018年 2017年 2016年 2015年

TOP