ゲーリーインターナショナル 総合学園ヒューマンアカデミーフィッシングカレッジ プロショップオオツカ OSP

nbc logoNBCチャプター関東Bブロックチャンピオンシップ

2019年 10月14日(月) 千葉県 亀山ダム

nbc logoNBCチャプター関東Bブロックチャンピオンシップ

2019年 10月14日(月)

千葉県 亀山ダム

NBCチャプター関東Bブロックチャンピオンシップ<span class="title_sponsor_name"></span> 概要写真

先の台風15号及び19号により、被災した方々に心よりお見舞い申し上げます。

各地で台風19号の爪痕が色濃く残る中、2019年NBCチャプター関東Bブロックチャンピオンシップが、秋の亀山ダムを舞台に開催された。
今大会は開催も危ぶまれたが、亀山湖釣舟協会様ならびに関係者様各位のご協力の下、予定通りの開催にこぎつけました。
当日の湖の状況は、雨量は少なかったものの一日を通しての雨天。2日前の暴風から一変した、大会前日は台風一過の晴天夏日と天候変化が激しく、エリア選択が釣果を左右する大きな要因となった。

少し肌寒い気温であったが、桧原湖で行われる東日本決勝大会への5つの切符をかけて、各チャプターから集まった精鋭達による熱い戦いが繰り広げられた。

成績表

順位氏名重量ポイント
1相見和典3,5703
2磯崎靖3,0403
3菊地裕一3,0003
4石井貴士2,5753
5宮田郁也2,2302
6板山雅樹1,9853
7平原隆1,8953
8市根井大輔1,8403
9竹内良和1,8403
10林祐吾1,7353
11高橋敬二1,7302
12谷智弘1,6903
13早野雅樹1,5253
14木本優1,4902
15加藤裕司1,4253
16大江賢治1,4252
17斉藤太一1,2403
18沼澤信幸1,1953
19菅谷智1,1303
20出石恵三1,1052
21鶴岡克則1,0901
22松本和晃1,0453
23安田智昭1,0202
24牛尾大介9603
25石井陸9452
26藤澤俊明9352
27福永忠晃9252
28鈴木恭平8502
29島崎敦8452
30渡辺睦8301
31犬塚嶺8201
32滝田浩一7952
33斎藤正史7852
34二瓶大7802
35小山元7001
36岡田浩明6752
37馬場孝介6751
38宮田啓司6352
39門家照泰6101
40篠塚和己5902
41鶴岡克芳5202
42上田博一4751
43斉藤厚志4051
44伊奈正宏3301
45木下泰宏2551
46森田剛2551
47植田貴宏00
48大石晃裕00
49大塚高志00
50小笠原健00
51川村祐二00
52木村信昭00
53斎藤良00
54佐藤建志00
55辰井淳一00
56寺尾毅00
57中野政博00
58蓮見信行00
59松田豊久00
60三浦博00
61吉原卓00
62綿貫光由00
63本名慎吾-2000

上位の釣り方

NBCチャプター関東Bブロックチャンピオンシップ上位のフィッシングパターン写真 2019-10-14千葉県亀山ダム

優勝:相見和典選手


エリア:川面台
ルアー:ドライブビーバー3.5in 黒7gTX、HP3Dワッキー5in 1.3gネコ
釣り方:ブレイク上のブッシュに掛け中層シェイク
ひと言:レインウエア忘れてガクブルでした。雨、増水で好きな釣り出来ました。

2位:磯崎靖選手


エリア: 医院下
ルアー: ドライブビーバー3in、3.5in、(エビミソブラック)リーダーレスダウンショット7g
釣り方: ブッシュ、レイダウンカバーでシェイク
ひと言:初のブロック大会で入賞できて感謝です。ありがとうございました。

3位:菊地裕一選手


エリア: よりとも外周
ルアー: ブルフラット3in(黒青)5gTX
釣り方: シャローの薄ゴミ打ち
ひと言: 雨ありがとう。

4位:石井貴士選手


エリア:猪ノ川
ルアー:ミニアースワームNS、2WAY・DS
釣り方:サイト
ひと言:いつも快適に釣りのできる遊心フルシステムとオンリーワンのオリジナルロッドのおかげでお立ちに立てました。今年はホントにもってました。

5位:宮田郁也選手


エリア:折木沢上流
ルアー:スワンプミニバブルガムピンク(遊心カラー)NS、野良ネズミ(ブラック)NS
釣り方:サイトにスワンプ、プールのサンドバーと岩盤で野良ネズミ
ひと言:5年ぶりのお立ち台で、2度目の東日本決勝大会に行けます。いつもお世話になっているおりきさわボートさんとおりきメンバーに感謝です。ハイデッキを間に合わせて下さった松田さん、ありがとうございました。

近年のJBトーナメント情報

2018年 2017年 2016年 2015年

近年のNBCトーナメント情報

2018年 2017年 2016年 2015年

TOP