ゲーリーインターナショナル 総合学園ヒューマンアカデミーフィッシングカレッジ プロショップオオツカ OSP

nbc logoNBC陸釣りクラブ広島第1戦デプスCUP

2019年 04月07日() 広島県 芦田川

nbc logoNBC陸釣りクラブ広島第1戦

デプスCUP

2019年 04月07日()

広島県 芦田川

NBC陸釣りクラブ広島第1戦<span class="title_sponsor_name">デプスCUP</span> 概要写真

平成31年4月7日(日)広島県福山市の芦田川で、平成最後の大会であり、史上初のデプスカップ、かつ史上初の西岸を大会会場とした陸釣りクラブ広島第1戦が開催された。
普段は芦田川東岸を会場として開催してきたが、護岸の整備のため大掛かりな工事が行われており
初の西岸開催となったものである。なお、今年度は引き続き西岸での開催を予定している。
ぎりぎりまで会場が定まらず、広報不足もたたってか心持ち少ない参加であったが、会場迷子になる選手もおらず、ジュニア1名、ペア2組、一般14名の計19名で始まった。
開会式では会長からエリアの確認を念入りに行い、スタート順をフライトカードのカラー抽選(抽選者:2018年間チャンプ荒谷選手)で決めてからスタートとなった。上流方向にも下流方向にも大体同数が向かったため、釣りの方向性が見定まってない印象・・・・のとおり、待てど暮らせどウエインが無い事態に。そしてそのまま帰着時間を過ぎ、まさかの史上2度目の完全試合で平成最後の大会は終了となった。
 釣果は上がらなかったが、多くの選手が魚代わりにゴミを集めてくれた。また、会場とした芦田川大橋西岸駐車場はアスファルトで整備されており、近くに大きな量販店があるためか、家族連れやスポーツを楽しむ人など、普段会場としている東岸よりも多くの方が利用していた。そのため、「何をしているの?」と話しかけられ、「釣りの大会です」と答えると「バス?」「私もやっているよ」という方にも複数出会うことがあった。陸釣りクラブ広島は、20数年も前に、会長が裾野拡大のために開催し、芦田川をメインフィールドに大会を続けてきた。その結果として現在でもバスフィッシングを楽しめるフィールドとしての芦田川を残し、また芦田川からトップカテゴリーを目指す若者、釣り業界で働く若者を育ててきたのだと思う。
次の大会からは新しい「令和」の陸釣りクラブ広島が始まるが、新しい取り組みにも挑戦しながら、変わらず楽しい釣り大会を運営していきたい。

最後になりましたが、本大会を開催するに当たり、ご協賛をいただきましたデプス様、サンライン様、福山市役所ほか地元関係各所様、各ショップ様、国土交通省河口堰管理支所様に心より御礼申し上げます。
次戦は2019年「令和元年」6月9日(日)に、イマカツカップを開催します。多数のご参加をお待ちしております。

成績表

順位氏名重量ポイント
999---東谷孝之佑00 5
999---荒谷博樹00 5
999---荒谷聖哉00 5
999---鹿野晃司00 5
999---鹿野互鉄00 5
999---高山博和00 5
999---久安弘和00 5
999---信時一夫00 5
999---岡崎一洋00 5
999---澤山真00 5
999---大戸孝文00 5
999---妹尾正規00 5
999---皿谷哲也00 5
999---松本健嗣00 5
999---難波智之00 5
999---平山丈夫00 5
999---長谷川晃一00 5
999---今井利基00 5
999---門田康隆00 5

上位の釣り方

NBC陸釣りクラブ広島第1戦デプスCUP上位のフィッシングパターン写真 2019-04-07広島県芦田川

全員ノーフィッシュでしたが、多くのゴミをウエインしていただきました。

TOP