ゲーリーインターナショナル 総合学園ヒューマンアカデミーフィッシングカレッジ プロショップオオツカ OSP

nbc logoNBC陸釣りクラブ和歌山第1戦マリンハウスCUP

2019年 04月07日() 和歌山県 紀の川

nbc logoNBC陸釣りクラブ和歌山第1戦

マリンハウスCUP

2019年 04月07日()

和歌山県 紀の川

NBC陸釣りクラブ和歌山第1戦マリンハウスCUP概要写真 2019-04-07和歌山県紀の川

4月7日(日)に、2019年度の開幕戦、NBC陸釣りクラブ和歌山の第1戦 マリンハウスCUPが開催されました。平成では、最後となる記念すべき大会を制するのは誰か?スタート前からワクワクが止まりませんでした。朝から天気にも恵まれ前週の取材ロケの影響もあり一般アングラーの方々も陸っぱりやボートと結構にぎやかでした。そんな中、23名の選手が参加されて、ウェイインされたのは全て40アップでキロオーバーの魚だけと言う結果に!ネスト前のシビアな時なのでしょうか、持ち込まれた魚に会場が沸きました。冠スポンサーである「マリンハウス」様を始め協賛いただいたIMAKATSU様、各メーカー様ありがとうございました。次回は、5月12日(日)DRESS CUPです。皆様よろしくお願いします。

成績表

順位氏名重量ポイント
1滝本太郎1,4351 30
2小西誠1,4301 29
3椋木俊博1,3451 28
4森田申介1,3151 27
5中吉幸敏00 5
6芝田昂平00 5
7丸岡弘明00 5
8大友哲也00 5
9藤井健00 5
10大藪孝信00 5
11鳴海康文00 5
12古城慶00 5
13渡部恭孝00 5
14崎山小弥太00 5
15森本悠紀00 5
16浦久保朋哉00 5
17今西勝大00 5
18楠本一道00 5
19松尾康尚00 5
20花房靖00 5
21上門史明00 5
22炭斐彩00 5
23金本理来00 5

上位の釣り方

NBC陸釣りクラブ和歌山第1戦マリンハウスCUP上位のフィッシングパターン写真 2019-04-07和歌山県紀の川

優勝 滝本 太郎


朝からランガンするも反応が無く、終了前にエリア北側の下流にあるインレットに入り直し、ベイトとなる稚アユが多く付いてるバスが居ると見てシャッドを引くと散るので、ワームをシャッド系のカラーを選択としてゲーリー社のカットテール4インチのベビーバスを流れ落ちている所にノーシンカーワッキーでナチュラルアクションで、43.0センチで1,435g のグッドサイズを仕留め栄冠に輝いた。滝本さん おめでとうございます。

準優勝 小西 誠


同じくエリア北側の支流で、前日のプラから稚アユの多いのは確認済みで、アユの移動に合わせキャストを繰り返し、ベイトブレス社のフィシュテールシャッド2.8(クリア)を1/32ダウンショットで細かくシェイクする事で、今日1サイズの45.5センチ 1,430g をゲットして見事に2位に!

3位 椋木 俊博


田井ノ瀬エリアの北側、支流の橋脚下で風が吹いたタイミングでベイトが岸に寄りレンジが下がったのを見計らいアリシアデザイン社のシルキーフライ(稚アユ)を1/96ネコリグでゆるいアクション?ダルメンシェイクで 43.5センチの1,345g を手中に収め初戦のお立ち台に!マスターズの意地を見せてくれました。

第4位 森田 申介


他の選手同様にエリア北側の支流インレットで、沖にあるストラクチャーにレイドジャパン社のレベルクランクでコンタクトさせスローリトリーブで 43.5センチ 1,315g を唯一クランクでお立ち台に!年間を狙うのに開幕戦でポイントが取れて一安心だそうです。確かに1戦目のポイントは大きいですよね。

今年のNBC陸釣りクラブ和歌山

第1戦 04/07 () マリンハウスCUP 紀の川 第2戦 05/12 () ドレスCUP 紀の川 田井ノ瀬中洲駐車場 7:30〜 第3戦 06/09 () ガンクラフトCUP 紀の川 田井ノ瀬中洲駐車場 7:30〜 第4戦 07/14 () 道楽箱CUP 紀の川 田井ノ瀬中洲駐車場 7:00〜 第5戦 08/04 () メガバスCUP 紀の川 田井ノ瀬中洲駐車場 7:00〜 第6戦 09/01 () エバーグリーンCUP 紀の川 田井ノ瀬中洲駐車場 7:00〜 簡易年間ポイントランキング

近年のNBC陸釣りクラブ和歌山

近年のJBトーナメント情報

2018年 2017年 2016年 2015年

近年のNBCトーナメント情報

2018年 2017年 2016年 2015年

TOP