ゲーリーインターナショナル 総合学園ヒューマンアカデミーフィッシングカレッジ プロショップオオツカ OSP

nbc logoNBCチャプター奈良第5戦ティムコCUP

2019年 08月25日() 奈良県 七色ダム

nbc logoNBCチャプター奈良第5戦

ティムコCUP

2019年 08月25日()

奈良県 七色ダム

NBCチャプター奈良第5戦<span class="title_sponsor_name">ティムコCUP</span> 概要写真

 2019年8月25日 チャプター奈良第5戦「ティムコ」cup が開催された。

今年も日本一早く開催された奈良もいよいよ大詰めを迎え、年間争い、ブロック大会の権利をかけて最後の戦いとなる。

湖の状況は、お盆に直撃し多くの雨をもたらした台風の影響で、水温低下が著しく、大又川中&#12316;上流を除き全域でマッデイウォーターとなっていた。

釣り難い状況ではあったものの、水温が前日までに25℃に回復、濁りは残るが好条件となった。

選手各々の戦略としては、何時も通りな水質の大又川中&#12316;上流か、それ以外のマッデイウォーターで台風の恩恵狙いの2択になり、クリアでサイト、マッデイのカバーな雰囲気を醸し出していた。

明けて当日、湖は珍しく増水、水温は23.5℃ 天候は晴れ 朝晩は涼しくなってきた晩夏の七色ダムで、AM7:30過ぎ選手はバウを湖上に向けた。

クリアな大又川エリアに若干人気が出た様子だったが、エリア全体的に選手が浮いた感じとなった。

そんな七色ダムを制覇したのは、大又川筋の入口黒潮ワンド周辺を攻め、ホールフリックやロングワーム等で攻略した栗真広樹プロ!3206gを持ち込み最終戦を優勝で飾った。
準優勝は谷口真一選手、西の川をフットボールやノーシンカーで攻略し2986gを持ち込んだ。
3位には岩田純之プロ 濁りの本湖をパンチショットで攻めて53センチを含め2935gをスコアメイク。
4位に大原選手、60を持ち込み2926g、5位に貫録の山岡プロが続いた。

上位入賞の皆さんおめでとうございます。

今回はクリアとマッデイ、マッデイに軍配が上がりました。

冠スポンサーのティムコ様には沢山の協賛品を頂き、誠にありがとうございました、この場を借りてお礼申し上げます。

さて、気になる年間争いは、トップとの差18Pを逆転し見事な捲りを見せた井上正夫選手がチャプターAOYに輝いた!

今回、ティムコの藤原プロ、ならびに うな源チームyokoyamaさん、トムソーヤさんにもご協賛頂きました、この場を借りてお礼申し上げます、ありがとうございました。

そして何時も快く会場を提供して頂いていますTS-ON 南園社長には感謝の言葉しかありません、本当にありがとうございました。

今年度参加して頂いた選手の皆さん、そして何時も頑張ってくれるスタッフの皆さん、今シーズンありがとうございました!また来シーズンもよろしくお願いします。


成績表

順位氏名重量ポイント
1栗真広樹3,2063 40
2谷口真一2,9883 39
3岩田純之2,9353 38
4大原悠2,9263 37
5山岡計文2,7223 36
6梨子本晃士2,2733 35
7奥出一夫2,2343 34
8奥西計太2,1083 33
9別所茂2,0403 32
10田中正典2,0073 31
11栗田康二1,9633 30
12森村勇気1,8842 29
13池田航1,8543 28
14山形いつむ1,8393 27
15松本拓也1,7253 26
16梅田一正1,7023 25
17井上正夫1,6753 24
18米田泰久1,6403 23
19阪上勇貴1,6333 22
20新川大輔1,5923 21
21橋本裕介1,5853 20
22玉井啓斗1,5493 19
23黒川道和1,5443 18
24稲垣信明1,5043 17
25椋木俊博1,3781 16
26谷口聡1,3723 15
27藤井孝志1,2883 14
28堤治朗1,2573 13
29和田勇一1,2363 12
30長嶺晋二1,2133 11
31林亮太1,1903 5
32江川翔1,1692 5
33斉広峰1,1663 5
34森本秀雄1,1363 5
35村上秀男1,0913 5
36清水隆志1,0843 5
37宝子丸憲康1,0713 5
38平郡誉之1,0493 5
39那須大士朗1,0483 5
40石崎一真1,0143 5
41兼村純二9913 5
42福本泰士8543 5
43石田賢治8341 5
44雪谷晃太7262 5
45元村優規6611 5
46小林大介5332 5
47木地平茂5222 5
48樫内利政3881 5
49小林克聡2901 5
50河南順也00 5
51西川輝00 5
52藤原啓司00 5
53浅野学-4012 5

上位の釣り方

NBCチャプター奈良第5戦ティムコCUP上位のフィッシングパターン写真 2019-08-25奈良県七色ダム


優勝:栗真広樹プロ


■エリア
大又川中流、本流
■ルアー
RVドリフトクロー
ヴェイン8インチ
ホールフリック
カバー撃ち
■その他
フック Ryugi ダブルエッジ インフィ二
シンカー フィッシュアロー フリリグシンカー
■ひとこと
来年も頑張ります!

準優勝:谷口真一選手


■エリア等
西ノ川入口からの最初の左岸アウトサイドの始まりとその沖の10mライン
最上流から少し下のストレート付近ボイルが出た周辺をサカマタシャッドの高速ジャーク
ディープはフットボールジグはずる引き
バンク打ちはベティの0.9gDS
■ルアー
ボイル打ち用
サカマタシャッド6in
【ホワイト・クリアー/シルバーフレーク】
ディープ用
TGブロー1/2【グリパン】
トレーラー
ダブルモーション3.6in【リバーシュリンプ】
バンク打ち用
ベティ3.9in0.9gDS【グリパンシャッド】
■タックル
サカマタ用
ロッド:キラーズOO【ディクテイター】
ライン フロロ12lb.
リール ダイワ
フットボール用
ロッド:キラーズOOブルーシリーズ
【バレル】
リール ダイワ
ライン フロロ14lb.
DS用
ロッド:キラーズOOブルーシリーズ【グリッド】
リール ダイワ
ライン3.5lb.

第3位岩田純之プロ


■エリア
本流筋
クリーク岬とアウトサイド側の岩盤
■ルアー等
ドライブビーバー3.5&#13061;、リグはパンチショット1/4oz.をオーバーハングに入れて水中提灯、岩盤は傾斜に沿って落とす。
ゼロワンジグ11gにドライブシャッド4.5&#13061;をトレーラーに、立木を擦りながらスイミング
■その他タックル
ドライシートマットタイプ(アルミボート用)
■ひとこと
今年から初参戦の奈良チャプで、不安な事もありましたがスタッフ、選手の皆様による愉快なミィーティングや表彰式など、すぐに和めることが出来、初年度最終戦で、チャプター4年ぶり?お立ち台に上がる事が出来ました。
皆様方のお陰で感謝致します。
また、練習やプライベートでお世話になってますTs-ON様、一年間ありがとうございました。

第4位:大原悠選手


■エリア等
北山川上流
■ルアー
・ネコリグ(1/32oz):ブリーズシェイカー3.8(O.N.planning)モエビその他
・ノーシンカー:ブリーズシェイカー3.8(O.N.planning)
■釣り方
・キーパー獲りにネコリグ(ブラインド・サイト)。
・スーパーキッカー、人生初ロクマル60cm/2420gは、高浮力を活かしたピクピクからの放置。ブリーズシェイカーは放置でもしっかり浮き、しっかり揺れてナチュラルに誘ってくれます。
なかなかスプーキーなバスが多く、スクールであっても見切る状況でした。
長いデッドスローエリアの最上流であり、必ずくる時合いを逃さないために移動せず、釣りをする時間を長く取ったことが結果に繋がりました。
■タックル等
「ネコリグ」
ポイズングロリアス264SUL-S
complexF3
2lb
「ノーシンカー」
ポイズングロリアス265UL-S
complexF3
PE0.4号+リータ゛ー4lb
■その他
レンタルボート&スロープ Ts-ON
O.N.planning
■ひとこと
今年は全戦出場することが出来ませんでした。来シーズンは環境を整え、年間TOP5に返り咲きたいと思います。

第5位:山岡計文プロ


■エリア
西の川下流域と本流
■ルアー
・モグラチャターTG10g+リンキンシャッド5インチ
・ブリッツMR
■その他
濁った七色は巻きでしょう!
■ひとこと
ティムコカップに参加いただきありがとうございます。

今年のNBCチャプター奈良

近年のNBCチャプター奈良

近年のJBトーナメント情報

2018年 2017年 2016年 2015年

近年のNBCトーナメント情報

2018年 2017年 2016年 2015年

TOP