ゲーリーインターナショナル 総合学園ヒューマンアカデミーフィッシングカレッジ プロショップオオツカ OSP

nbc logoNBCチャプター宮城第2戦G7CUP

2019年 05月26日() 宮城県 フィッシャーズイン

nbc logoNBCチャプター宮城第2戦

G7CUP

2019年 05月26日()

宮城県 フィッシャーズイン

NBCチャプター宮城第2戦<span class="title_sponsor_name">G7CUP</span> 概要写真

2019年チャプター宮城・第2戦G7CUPが5月26日、宮城県フィッシャーズインさまにて開催された。

第2戦を制したのは、橋本選手。試合スタート直後は、活性の高いバスを巻きの釣りでアジャストし、プレッシャーが上がる中でバスのポジションをしっかりと捉え、優勝を果たしました。

ご協賛頂きましたG7様には多数の商品をご提供頂き、今大会を盛り上げて頂きました。
そして会場の提供をして下さるフィッシャーズイン様ありがとうございました。
この場をお借りしてお礼申し上げます。

成績表

変則レギュレーションのため正常に表示できません。順位はあっています。

順位氏名重量ポイント
1橋本哲也3,5020 30
2秋葉紀幸3,1110 29
3上手健太郎3,1510 28
4末永知之2,9460 27
5鈴木亮太2,8270 26
6清水聡2,5570 25
7木村淳2,8360 24
8北條秀樹2,4050 23
9阿部孝行2,5840 22
10高瀬拓也2,5550 21
11鎌田雅弘2,2440 20
12高橋健二2,4470 19
13熊谷颯太2,0060 18
14猪又和也1,7680 17
15菅野忠晃1,1000 16
16古川勇太1,0740 15
17佐藤康太1,5390 14
18佐藤謙1,4710 13
19齋藤正則7630 12
20柏倉利光8660 11
21軽部俊範8910 5
22齋藤昭宏3630 5
23遠藤寛也4440 5

上位の釣り方

NBCチャプター宮城第2戦G7CUP上位のフィッシングパターン写真 2019-05-26宮城県フィッシャーズイン

優勝 橋本 哲也


ロッド:スーパートリックスター68L-ST
リール:10ステラC2500HGS
ルアー:スピンクラフト、アンクルゴビィ2.5、2WAY、ゲーリーヤマモト「イモ」
前半はクラフトでベースを作り、イモのノーシンカーで700gオーバーを入れ、後半ジグヘッドでストラクチャーをタイトに狙って2本釣り、ラスト3分前でリミットメイクして優勝することが出来ました。

準優勝 秋葉 紀行


ロッド:ボンバーファクトリー BFS65UL/ST
パターン:前半イールクローラー5.5インチ、ノーシンカーワッキーでのブロック打ち、後半ブレイク、倒木へのダウンショット(1.3g)、プロフェッサー、ソアリンシャッドII(縦割り)、ギミ粉をパフ。

第3位 上手 健太郎


ロッド:FACT64XUL-ST
リール:シマノ、ヴァンキッシュ
ルアー:HPシャッドテール、ノーシンカー
前半・後半共にストラクチャーに差してくるバスをピンで確実に獲り、前半は中段に位置づけ、後半プレッシャーがかかったところで、ギミ粉をパフすることで確実にウェイトを重ね、後半のトップウェイトを残すことができました。

第4位 末永 知之


ロッド:65.1/2ULLST
リール:2500番ラインストラテジックフィネス4lb
前半はコンクリートストラクチャーの横にイモ(ノーシンカー)をフォールさせ釣っていき、後半は同じくイモのノーシンカーボトムトゥイッチ+フォールで釣っていきました。

第5位 鈴木亮太


ロッド:680LSST
リール2004HG
前半はサイトフィッシングで2本、コンクリート打ちで1本獲れました。後半はリアクション狙いでの2.7gダウンショットリグ、沈みもののストラクチャーに絡めながらのズル引きで3本を揃えることができました。キモは黒!!

今年のNBCチャプター宮城

近年のNBCチャプター宮城

近年のJBトーナメント情報

2018年 2017年 2016年 2015年

近年のNBCトーナメント情報

2018年 2017年 2016年 2015年

TOP