ゲーリーインターナショナル 総合学園ヒューマンアカデミーフィッシングカレッジ プロショップオオツカ OSP

nbc logoNBCチャプター徳島第1戦サンライン/アルティメイトワールドCUP

2019年 03月17日() 徳島県 旧吉野川

nbc logoNBCチャプター徳島第1戦

サンライン/アルティメイトワールドCUP

2019年 03月17日()

徳島県 旧吉野川

NBCチャプター徳島第1戦サンライン/アルティメイトワールドCUP概要写真 2019-03-17徳島県旧吉野川

日中は暖かくなるとの天気予報に影響されて薄着してくると早朝は身震いするくらいまだ寒い早春の日にチャプター徳島の開幕戦サンライン&アルティメイトワールドCUPが旧吉野川で開催された。
前々週に同フィールドで開催されたJB戦に於いてもプロアマ2名乗船ながら半数以上がノーフィッシュという厳しい状況であった。
もちろん、きっかけさえあれば『春爆』を期待できるだけのポテンシャルを秘めているフィールドだけに勝負に出る選手も多いだろうと、スタート前の選手たちの顔つきや入念なタックル準備からも伺えた。
枯れ残りから育成しはじめたベジテーションやブッシュ、春を意識しはじめた個体が差してくる間際に一息つくコンタクトポイント、素早い水温上昇と新鮮な水質の複合要素が期待できる川幅が広いエリアでのショアライン沿いブレイク近辺などが狙い目となることはキューヨシに通う誰もが知っているはず。
ただしカレントやベイトとなるものの動き等々、狙うべきタイミングをはかるのに多くの選手が苦労した。反面、そこにうまくアジャストしてきた選手たちが上位に名を連ねることになった。
優勝は山田一哉選手。旧吉野川をメインフィールドとする地元トーナメンターのなかでは考え方も行動力もリーダークラスの存在となる男が今切川を縦横無尽に釣り巡り、河川特有の長い長いブレイクラインからホットスポットを探し当てて攻略!堂々の初優勝を飾った。
準優勝の亀井晴紀選手は前々週のJB戦に続いての表彰台。少年時代から陸っぱり大会で常勝している旧吉野川はもはや「庭」ともいえる実力者は、本筋の上流から下流まで自分の引き出しをフルに発揮して唯一のリミットメイクを達成した。
3位の井上学選手は全国トレイルのJBマスター戦を現役で続けているベテラン選手。今回人気エアリアとなった今切川のなかで北島応神大橋周辺を攻略、貴重な2本のキーパーを仕留めて上位入賞を果たした。
例年春に強い阿部選手が1740gの良型を持ち込んで4位につけ、満を持して初参戦となる森本選手が見事な1564gフィッシュで表彰台を手にした。
年間争いとしては小バス一本でも持ち込んでポイントを稼いだほうが有利だが、ほとんど全ての選手が勝負に出た今回の一戦というのは緊張感とともにワクワク感が半端ないものとなった。
清掃活動等の環境保全活動を通して地元との有効関係を継続させてこそ開催することができるチャプター徳島・・・次戦はアングラー側からの自発的フィールド保全を兼ねてスポーン絡みのエリア制限がかかるかもしれない4月21日に開催される。
春の嵐をものともしない重量級のハイウェイトバトルに注目したい。

成績表

順位氏名重量ポイント
1山田一哉2,5892 30
2亀井晴紀2,4203 29
3井上学1,8802 28
4阿部大吾1,7401 27
5森本雅雄1,5641 26
6佐藤健人1,4151 25
7久次米良信1,2301 24
8西岡一樹1,1961 23
9白井優1,1821 22
10藤井春平1,0401 21
11北和広9551 20
12植田誠寛7521 19
13濱松祐司5771 18
14大西弘也4491 17
15坂本洋司00 5
16川村達郎00 5
17上村利弘00 5
18市川裕章00 5
19谷口雅信00 5
20坂本信之00 5
21上木浩吉00 5
22林恭平00 5
23河野友哉00 5
24坂野純平00 5
25安藝正雄00 5
26長谷川和博00 5
27楠瀬貴司00 5
28平井清博00 5
29佐藤圭吾00 5
30六車駿一00 5
31三好教仁00 5
32井原浩二00 5
33竹本利正00 5
34相原照平00 5
35石川秀夫00 5

上位の釣り方

NBCチャプター徳島第1戦サンライン/アルティメイトワールドCUP上位のフィッシングパターン写真 2019-03-17徳島県旧吉野川

優勝:山田一哉、2589g



<タックル>
スピニング65UL、シマノ2500、フロロ3lb
<エリア・スポット>
今切川全域
<リグ・ヒットパターン>
水深1.5〜3.5メートル域にあるブレイクに、フリリグ1.8+カットテールを使ってのボトムバンプ
コメント:チームメイトや、沢山の方のお陰で、やっと優勝することができました。ありがとうございました。

準優勝:亀井晴紀、2420g



<タックル>
.┘弌璽哀蝓璽 ビースティンガー、ヴァンキッシュ2500s、エクスレッド4ポンド、IKスピンジャーク
▲好謄ングレイ66、アルデバラン、エクスレッド7ポンド、アベラバ2.7g
スティングレイ66、アルデバラン、エクスレッド7ポンド、アンクルゴビー3in
<エリア・スポット>
ゝ豕般鄒邁捨
旧吉野川上流

<リグ・ヒットパターン>
 ̄鸚バンクでのスローリトリーブ
⊃縅回りをスローリトリーブ
D世鵑瀬屮奪轡紊飽っ掻けてロングシェイク

3位:井上学、1880g



<タックル>
´▲愁螢奪肇謄ップロッド、スピニングリール、シューター3lb
<エリア・スポット>
)姪膠神大橋アウト側の橋脚
∨姪膠神大橋下流リップラップ
<リグ・ヒットパターン>
´▲献哀悒奪1.3g
コメント:いつもお世話になっているアルティメイトワールド田渕さん、大会運営スタッフの皆様ありがとうございました。

4位:阿部大吾、1740g



<タックル>
フィッシュアロー フラッシュJ3(コサンアユ/シルバー)、リューギヴェスパ1/32、61ULソリッド、2500番スピニング、サンラインFCロックバイト3lb
<エリア・スポット>
今切川中流域のリップラップ
<リグ・ヒットパターン>
リップラップに対し平行にジグヘッドでミドスト
コメント:ミスが悔やまれますが、良いスタートが出来ました。スタッフの皆様、選手の皆様、ありがとうございました。

5位:森本雅雄、1564g



<タックル>
FACT 65ULST、2000番、バスザイルマジックハードR4ポンド、1/16オンスジグヘッド+アントライオン2.7(グリーンパンプキン)
<エリア・スポット>
今切川南岸テトラ
<リグ・ヒットパターン>
水門より少し沖にあるテトラをボトムに擦り付けるようにずる引きしながらステイの時間を長くとりバイトに持ち込んだ。
コメント:初参戦でしたが、チャプター徳島の皆さんの丁寧で親切な指導のおかげで、困ることもペナルティーをもらうこともなく、気持ちよく大会に参加させていただくことができました。チャプター徳島のスタッフの皆さん、いつもサポートして頂いているエバーグリーン様、ありがとうございました。

今年のNBCチャプター徳島

第1戦 03/17 () サンライン/アルティメイトワールドCUP 旧吉野川 第2戦 04/21 () エバーグリーンCUP 旧吉野川 今切川水辺プラザ 6:00〜 第3戦 06/09 () イマカツCUP 旧吉野川 今切川水辺プラザ 6:00〜 第4戦 09/01 () ノリーズCUP 旧吉野川 今切川水辺プラザ 6:00〜 簡易年間ポイントランキング

近年のNBCチャプター徳島

近年のJBトーナメント情報

2018年 2017年 2016年 2015年

近年のNBCトーナメント情報

2018年 2017年 2016年 2015年

TOP