ゲーリーインターナショナル 総合学園ヒューマンアカデミーフィッシングカレッジ プロショップオオツカ OSP

nbc logoNBCチャプター三瀬谷第1戦ZPICUP

2019年 06月23日() 三重県 三瀬谷ダム

nbc logoNBCチャプター三瀬谷第1戦

ZPICUP

2019年 06月23日()

三重県 三瀬谷ダム

NBCチャプター三瀬谷第1戦ZPICUP概要写真 2019-06-23三重県三瀬谷ダム

6月23日(日)にチャプター三瀬谷第1戦Office ZPI CUPが開催されました。ここ1ヶ月の三瀬谷ダムのフィールドコンディションは、開催日の2〜3週間前までスロープ付近の通路が水没してしまうぐらい水位が高く、開催も危ぶまれましたが、1週間前には満水から-1メートルぐらいの水位に落ち着きました。しかし、1週間前の金曜日と土曜日の雨により、水温は25度ぐらいから15度ぐらいまで急激に下がり、また、濁りも入ってしまう状況でした。18日(火)には濁りも取れ始めますが、水質はエメラルドグリーンに変化していました。1日で多くの水が入れ替わると言われる三瀬谷ダムの水質変化が、バスにどれだけの影響を与えるのかが大きなキーポイントになりそうでした。しかし、好天にも恵まれ前日の22日(土)には水温は24度から25度まで上昇し、水質もクリア及びステインまで回復していました。前日プラクティスにもたくさんの選手が訪れ、フィールドコンディションを読みながら当日の戦略を組み立てているようでした。当日は37名の選手が参加し、賑やかな大会となりました。大会は開会式後7時10分にスタート。大会本部前のスロープから上流に向かう選手、下流に向かう選手、スロープ付近で釣りをする選手とエリアはダム全体に広がる様子でした。そんな中、優勝は50アップを含むビッグウエイトを持ち込んだ斉選手。通称本田ワンド対岸上流のブッシュの根本奥に7gのヘビダンをねじ込み攻略。2位は5月からほぼ毎週プラクティスを積んだ大淀選手。本田ワンド手前のクリークから本田ワンドまでのストレッチに沈むレイダウンをダウンショットでタイトに攻略。3位は水質の変化を読み下流の沖目カバーを狙った稲垣選手。ダウンショットワッキーで微妙なシンカーのウェイトチェンジで攻略。4位はクリークマウスとブッシュの際をダウンショットで狙った伊藤選手。5位はなんとトーナメント初出場・初参加の西出選手。本田ワンドから大会本部前スロープまでの全てのインレットにおいてスピナベとネコリグで攻略。総じてブッシュかレイダウンに身を寄せているバスをタイトに狙っていくことが上位の攻略パターンでした。最後になりましたが、今回冠スポンサーとして豪華景品を提供していただきましたOffice ZPI様、閉会式に駆けつけていただきましたOffice ZPI加藤様、運営をサポートしていただきましたチャプター奈良奥出会長、チャプター西の湖松本会長、そして、新体制事務局の運営に対して寛大な心で参加していただきました選手の皆様に感謝いたします。今後とも、安全で健全なチャプター運営を事務局一同目指していきますので、御支援の程をよろしくお願いいたします。

成績表

順位氏名重量ポイント
1斉広峰1,9173 40
2大淀哲弘1,6132 39
3稲垣信明1,4373 38
4伊藤暢浩1,2663 37
5西出賢也1,2132 36
6舛本雄也1,1932 35
7杉田陽彦1,1313 34
8北山睦1,1003 33
9森勇人9182 32
10西山晃司8762 31
11中川健8562 30
12石井伸幸8443 29
13奥野暢久8053 28
14山岡拓哉6972 27
15森寿輝6722 26
16竹田光徳6312 25
17池田拓人5192 24
18永井隼人4972 23
19西口司3861 22
20池田航3601 21
21関口順3201 20
22西尾和也2961 19
23橋本裕介2831 18
24河上賢太朗2831 17
25山形いつむ2661 16
26平尾和巳2421 15
27東弘史2231 14
28黒川道和1851 13
29田中正典00 5
30荒木勇樹00 5
31谷口真一00 5
32井谷匡孝00 5
33奥出一夫00 5
34西川恭太00 5
35松本正敏-4692 5
36林亮太-2000 5
37大原悠00 0

上位の釣り方

【優勝】
斉広峰 選手
本田ワンド上流のブッシュ
ヘビーダウンショット7g アンクルゴビー3インチ ストレートフック使用
ブッシュの根本の奥にねじ込む

【2位】


大淀哲弘 選手
本田手前クリークから本田ワンドまでのストレッチ 
ダウンショット エコスワンプミニエビチャバグ
水深4.5mぐらいのレイダウンをタイトに攻める

【3位】


稲垣信明 選手
下流域沖目のカバー
ダウンショットワッキー ベティ エコスワンプミニスカッパノン 
1.8gから0.9gまでシンカーのウェイトを変えながらのフォール

【4位】


伊藤暢浩 選手
スロープ前から下流域のブッシュとクリークマウス
ダウンショット 2.7g レッグワーム エコGテールサターンエビチャバグ競技特化モデル
ブッシュの際とクリークマウスの下流側でずる引き

【5位】


西出賢也 選手
本田ワンドからスロープまでのインレット
スピナベDゾーン3/8 ネコリグ1/16カットテール4インチ
見えているバスはネコリグ 見えていないバスはスピナベでベイトを散らす
 

今年のNBCチャプター三瀬谷

近年のNBCチャプター三瀬谷

近年のJBトーナメント情報

2018年 2017年 2016年 2015年

近年のNBCトーナメント情報

2018年 2017年 2016年 2015年

TOP