ゲーリーインターナショナル 総合学園ヒューマンアカデミーフィッシングカレッジ プロショップオオツカ OSP

nbc logoNBCチャプター河口湖第4戦西湖洋食屋「ハナシノブ」CUP

2019年 09月29日() 山梨県 河口湖

nbc logoNBCチャプター河口湖第4戦

西湖洋食屋「ハナシノブ」CUP

2019年 09月29日()

山梨県 河口湖

NBCチャプター河口湖第4戦<span class="title_sponsor_name">西湖洋食屋「ハナシノブ」CUP</span> 概要写真

標高の高い河口湖ではありますが、9月下旬なのに、日中26℃と汗ばむような気候の中、今年、最高の参加人数47名で最終戦である第4戦「西湖洋食屋 HANASHINOBU」CUPが開催されました。 前々日から湖上に浮いてみましたが、今回の河口湖バスのサイズが1kg前後とサイズがよく、難しいネイティブを狙うよりベターと思われますが、サイズがいい分、数が少ないと思われ、目視では、ウィードの中にいるのか?あまり見つける事はできませんでした。 そんな中、第5位の永松プロは、皆よりも少し深めを狙いリミットメイク、第4位の片岡プロは、ほとんどの選手が河口湖バスを狙いにいき、プレッシャーの少ないディープの好ポイントを攻略。 サイズのいい4本でお立ち台、第3位は河口湖バスをパンチングと得意のサイトを使い分けた瀧本プロ、準優勝は、さかなやの船団の中、恐らく1番釣った(10本)であろう山下プロ、そしてわずか2g差で優勝したのは、ヒューマン生の青木唯プロ。河口湖バスにネイティブを混ぜ、毎回、創意工夫な釣り方で、今回優勝しました。
年間優勝は第1戦(4月)は厳しい釣果でウェインは2人のみで、第3戦まで暫定1-2位の川端プロ、松川プロが圧倒的に優位でしたが、最終戦ではそれぞれ1本で終わり、今回優勝した青木プロが、ノーフィッシュ/2位/1位/1位と、初戦ノーフィッシュを後半、怒涛の勢いで後半まくりました! 釣りのセンスはもちろんの事、練習熱心で湖上によく浮いていた成果だと思います。 年間優勝者には特製の年間盾、年間10位まで粗品ですが表彰しました。

今回、ベイトリールや高級ワインをはじめ、沢山の協賛品を提供していただいた「西湖洋食屋 HANASHINOBU」水野様、ありがとうございました。 HANASHINOBU様は、地元の食材をふんだんに使い、デミグラスソースなど手間隙かけた美味しい洋食屋さんです。 又、JBNBC選手にはウェルカムドリンクや特製スィーツサービスがあり大変お得ですので、ぜひ富士五湖に釣行、観光の際は、ぜひ足を運んではいかがでしょうか!?
そのHANASHINOBU様サポート選手である「和牛焼肉よりとも(JBNBC協賛店)」勝俣様より、なんと宮崎牛 黒毛和牛リブロースを2枚も提供していただきました。 河口湖からも近いので、焼肉食べたくなったら、ぜひ行かれてみてはいかがでしょうか!?  椎野選手からは、沢山のホットカイロをいただき、ノーフィッシュの選手に「これを貼って沢山練習してください。」な意味をこめて差し上げました。 そしてありがたやボートさんには、毎回。沢山のチャプター備品を預かってくれて感謝いたします。 このように、多くの方々のおかげで、最終戦が大変盛り上がった大会となりました。 どうもありがとうございました。

選手、スタッフの皆様、一年間、おつかれさまでした。 そしてありがとうございました!! (報告:大場)

成績表

順位氏名重量ポイント
1青木唯4,6625 40
2山下尚輝4,6605 39
3瀧本英樹4,2345 38
4片岡秀幸3,9844 37
5永松洋介3,9365 36
6佐藤正信3,4745 35
7永島大稚3,1083 34
8村上潤2,5803 33
9関根友洋2,3403 32
10本田和士2,0641 31
11椎野禎一郎2,0561 30
12三角祐司2,0205 29
13緒方翔悟2,0085 28
14松林幸男1,8762 27
15吉田真長1,8362 26
16小島忠司1,7202 25
17清水健1,6925 24
18権藤力斗1,5662 23
19杉山純平1,3982 22
20初澤一嘉1,3942 21
21高田良介1,3002 20
22余吾航希1,2904 19
23稲垣誠司1,2501 18
24長谷部浩一1,2104 17
25豊嶋仁1,1803 16
26川端将義1,1121 15
27上野隆道1,0121 14
28小島将8741 13
29松川和樹8201 12
30秋鹿剛8042 11
31杉本晃一7741 5
32荒木伸寛7081 5
33大川純3921 5
34大成祐司3221 5
35野村武史00 5
36小川忠利00 5
37中島将人00 5
38大野春人00 5
39高林諒00 5
40藤原裕也00 5
41出村政孝00 5
42岩堀剛志00 5
43大塚英生00 5
44大塚誠司00 5
45澤目蓮00 5
46中澤寛之00 5
47後藤崇宏00 0

上位の釣り方

NBCチャプター河口湖第4戦西湖洋食屋「ハナシノブ」CUP上位のフィッシングパターン写真 2019-09-29山梨県河口湖

優勝:青木 唯プロ(河口湖A74) 5本 4,662g
【ポイント】 さかなや、二ノ瀬、西川(どのポイントも2m以内)
【リグ】
ダウンショット:GENKI ポークスティックL(プレーン)@リーダー5cm、シンカー1.3g、
ヘビーダウンショット:豚角小(黒)@リーダー5cm、シンカー5g
スモラバ:1.3g 具なし
【釣り方】 サイトフィッシング、ビックベイトで浮かせてフォローで食わす。
【タックル】 ダウンショット:6ft4inchのULーS、ヘビーダウンショット:・6ft8inchのML
スモラバ:6ft2inchのLーS
【一言】 第3戦に引き続き2戦連続優勝することが出来てとても嬉しいです!! それだけでなく年間優勝も取れて、正直自分でもびっくりしました。 今年からチャプター河口湖に参戦させていただいてトーナメンターとして色んなことを学ばせて貰いました。 なので来年もこのチャプターに参戦させていただいて引き続き修行したいと思います。来年もよろしくお願い致します。

第2位:山下 尚輝プロ(マスターズ100) 5本 4,660g
【ポイント】 さかなや 水深1〜3m
【リグ】 ダウンショットリグ:GENKI ポークスティック(ハーフカット)@シンカー3.5g
【釣り方】 朝一はテンポよく簡単な魚を拾っていき、周りが釣りなくなってきたタイミングでより繊細に丁寧にアプローチしていく。 結果的に4回入れ替えの10本釣ることが出来ました。
【タックル】
ロッド:スティーズスーパースカイフラッシュ621LXS
リール:バリスティック2500S-CXH
ライン:スティーズフロロ2.5と4ポンド
一言:2日連続優勝目指して頑張ったのですが、惜しくも2グラム差で準優勝でした。 朝一からミスばかりだったので終わってみれば納得の2位です。 チャプターの試合でも得られることが多く、高みを目指している若手の選手にはどんどん試合に出てもらって経験を積んでほしいです。 4戦中、3戦参加させて頂きましたが、全戦でお立ち台に立つ事が出来ました。 本当に嬉しく思います。 最後になりますが、皆さん本当に優しく、アットホームな試合なので是非皆さん来年は気軽に参加してみて下さい。 今年1年間ありがとうございました。

第3位:瀧本 英樹プロ(マスターズ17) 5本 4,234g
【ポイント】 さかなや周辺
【リグ】 リーダーレス ダウンショット 7g
【釣り方】ウィードの中に入った魚をパンチングで釣り、ウィードの上に出てきた魚をサイトで釣りました。
【タックル】
ロッド:LUXXE ATS05 B70M B FINE MASTER "CONTACT"
ルアー:Zファクトリー うなぎをカットしたもの
ライン:8lb
フック:がまかつ ワーム329 ハンガーHD KGウィードレス
サングラス:スワンズ LION SIN 偏光ウルトラライトグリーン 偏光ウルトラアイスブルー
【一言】前日のヒューマンチャプターに引き続き入賞出来て嬉しく思います。 なかなか厳しい状況でしたが、終了1時間前に思い切って展開を変えてリミットメイクに成功しました。 戦略面とメンタル面がうまくいった試合となりました。

第4位 片岡 秀幸プロ(河口湖A23) 4本 3,984g
【ポイント】 ラジコン岬近く5m、寺下8m
【ポイント】 
元気ポークのポークスティック黒の2.2gダウンショット、 2.2g、2.7gスモラバ黒トレーラーに、元気ポークのポークスティック黒 
【釣り方】
ダウンショットはウィードアウトサイドのズル引き、スモラバは、ズル引き
【一言】
チャプター河口湖会長、運営スタッフの皆さん、出場選手の皆さん、お疲れさまでした。 久しぶりにバスさん達が遊んでくれました。

第5位 永松 洋介プロ(河口湖A12) 3,936g
【ポイント】 さかなやワンド2&#12316;4m
【リグ】 ダウンショットリグ、スプリットショットリグ
【釣り方】 なるべくプレッシャーの弱いところへリグを送り込む
【タックル】 テイルウォーク フルレンジS63UL+GENKI ポーク ポークシャッド
【一言】 沼津生まれ沼津育ちの永松洋介です。KBH河口湖ボートハウス様、ボートハウスハワイ様、5150プロダクツ様、HMKL様、いつもありがとうございます!

TOP