ゲーリーインターナショナル 総合学園ヒューマンアカデミーフィッシングカレッジ プロショップオオツカ OSP

nbc logoNBC陸釣りクラブ和歌山第5戦メガバスCUP

2019年 08月04日() 和歌山県 紀の川

nbc logoNBC陸釣りクラブ和歌山第5戦

メガバスCUP

2019年 08月04日()

和歌山県 紀の川

NBC陸釣りクラブ和歌山第5戦メガバスCUP概要写真 2019-08-04和歌山県紀の川

2019年 8月4日(日)は、NBC陸釣りクラブ和歌山の第5戦!「Megabass」CUPが開催されました。皆さんの日頃の行いも良いことから、暑過ぎるぐらいの好天気に恵まれました。当日は、メガバスプロスタッフの佐久間さんにもご来場いただき、会場を沸かせて頂きました。佐久間 選手も冠だけに意地の1本を獲りウェイインは、さすがですね。参加者も暑い中でしたが、24名が集いノンキーが大漁に釣れてる中、10名の選手がキーパーサイズで検量に!大会後も抽選会やジャンケン大会など大盛況で閉幕としました。今大会の冠スポンサーである「メガバス」様ならびに、ご協賛いただきましたBORED様ありがとうございました。運営スタッフの皆様、参加された選手の皆様お疲れ様でした。次回は最終戦!第6戦は、9月1日(日)「エバーグリーン」CUPです。10月20日(日)の近畿Aブロックチャンピオンシップ(東条湖)の出場を目指して年間成績を頑張って下さい。最終戦まで皆さんで楽しみましょう。

成績表

順位氏名重量ポイント
1渡部恭孝1,5701 30
2炭斐彩7401 29
3滝本太郎4601 28
4大藪孝信4251 27
5今西勝大3851 26
6佐久間尚之3801 25
7鳴海康文3101 24
8森田申介2951 23
9小西誠2551 22
10宮本匡章2401 21
11椋木俊博00 5
12佐藤昇吾00 5
13石崎一真00 5
14丸岡弘明00 5
15長谷川晃一00 5
16後藤寛裕00 5
17鶴西綾子00 5
18崎山小弥太00 5
19浦久保朋哉00 5
20森脇敏夫00 5
21薬王直洋00 5
22堀秀二00 5
23松尾康尚00 5
24楠本一道00 5

上位の釣り方

NBC陸釣りクラブ和歌山第5戦メガバスCUP上位のフィッシングパターン写真 2019-08-04和歌山県紀の川

優勝  渡部 恭孝



エリア最上流の岬、藪漕ぎした本流側で issei社のカタクチイワシ ヤバクネ(アユ)0.9gネイルで、1本目はサイトで 1,205g、43.0センチを獲り、その30分後に沖のボイルでベイトを意識してリアクション+フォールで、真夏にはグッドサイズとなる 1,570g、47.0センチのデカバスを収め栄冠に」輝いた。渡部 選手おめでとうございます。

準優勝 炭   斐彩



エリア北側の北田井ノ瀬橋の橋脚周辺でシェードと流れのある所で少しでも他より水温が低いであろうと予測してキャロや他のルアーでは、ゴミを拾うので。ゲーリー社のファットヤマセンコー3インチ(グリパン)をノーシンカーで落とし、ゴリをイメージして軽くトゥイッチ&ストップを繰り返し、37.5センチ、740g を手にして3戦連続のお立ち台に。

3位 滝本  太郎



エリア北側の支流インレット下流で、前日のプラで見つけていたのもあり早い時間に、バークレイ社のスリムクローラー(ミミズ)ダウンショット1/32でギルのアタリを見ていたら、スクールで入って来たバスが速攻で食って、460g、30.0センチを仕留めて3位入賞。最終戦まで年間を狙って欲しいですね。

4位 大藪  孝信



得意のエリア最下流の逆ワンド橋脚下流側で、シェードを意識して、ノイケ社のスマイルワームダディ(エビミソ?)ネコリグ1/64を岸際に落として落ちパク!29.5センチ、425gをゲット!すぐに際に立たずに足元から丁寧にチェックする事が釣果にも結びつくとの事です。

5位 今西  勝大



テッペンの選手と同じく、エリア最上流の岬で前日のプラからも水質も良く反応が良かったポイントで、ディスタイルのヴィローラ(ギル)をノーシンカーで、ゆっくり I 字に引いて来て、28.5センチ、385gを獲りお立ち台に!



今年のNBC陸釣りクラブ和歌山

近年のNBC陸釣りクラブ和歌山

近年のJBトーナメント情報

2018年 2017年 2016年 2015年

近年のNBCトーナメント情報

2018年 2017年 2016年 2015年

写真

TOP